あらかわ交通ノート

文章と写真などでお楽しみいただく鉄道を始めとした交通情報や旅行などを取り上げるブログです。鉄道や旅行、地理のこと、アイドルの話などさまざまな情報を発信をしていきます。

渡良瀬橋の舞台へと〜東武伊勢崎線のレジェンド1800系がラストランを迎える

IMG_1231
東武鉄道の主に伊勢崎線などで走った1800系車両が、5月にラストランを迎えた。

IMG_9920
IMG_4126
IMG_9768
東武1800系といえば、1969年から1998年までは浅草から東武伊勢崎線の館林・足利・太田・桐生・赤城(大間々)方面を結ぶ急行りょうもうで運転をしていた。急行りょうもうは1999年に特急りょうもうに格上げをし、すべてが200系車両での運転となった。しかしながら、1800系の1819編成は、1987年に製造をされた比較的新しい編成で、急行りょうもうがなくなってからは主に東武日光線や団体専用の波動用で走っている。走っても年に数えるほどで、会うことが少ないツチノコのような車両だ。


IMG_9758
IMG_3201
IMG_3196

私は、東武鉄道の優等車両ではこの1800系車両は好きな車両の一つだ。理由は、独特の赤い色と白帯にある。それが堂々としていて、優等車両としてのオーラがあったからだ。過去に日光線で臨時列車で走った時も数回乗車をしている。リクライニングはしないが、座席のシートピッチが広く、ゆったり過ごせる。おまけにレッグレストもついている。最後に乗車をしたのは昨年8月20日にSL大樹1号に乗るために栗橋→下今市間の臨時列車だった。

さて、5月20日に運転をされた東武1800系の団体専用列車は、東武動物公園駅を朝10時前に出ることと浅草駅に15時30分くらいに着く以外のルートは非公表だった。撮影の混乱を避けるためだったのではないかと推測される。

IMG_1716
最後は伊勢崎線へ行くのではないかと推測をし、北千住駅から特急りょうもうに乗ることにした。取りあえず、太田まで目指すことにした。太田であれば桐生線の新桐生や赤城方面、伊勢崎線の伊勢崎方面のいずれかに行くので可能性的に行けば、一番良いのではないかと思った。株主優待券だけでなく、特急券も買っているのでまさに大きな賭けだ。もしルートが日光線だったらどうなっていたのだろうか・・・


IMG_1720
IMG_1727
IMG_1732
北千住から特急りょうもうに乗った後、1800系は、桐生線の赤城方面を目指しているという情報を得た。賭けには成功をした。安心して太田駅まで乗ることにする。特急りょうもうからは新越谷付近では少し雲隠れをした富士山、久喜付近では日光連山、羽生の先の利根川橋梁では筑波山が見えた。東武伊勢崎線は住宅の多いスカイツリーライン区間、伊勢崎線区間となると水田や畑などが多くなる。昨年、甲子園球場での夏の高校野球で優勝をした花咲徳栄高校は、伊勢崎線の花咲駅の付近にある。

IMG_1737
群馬県の太田市といえば、富士重工すなわちスバルで有名な都市だ。本社は新宿にあるが、太田のイメージが強い。どうせ太田へ行くならば、太田の焼きそばを食べたいとも思った。

IMG_1739

太田駅には1800系を労う垂れ幕があった。東武線の駅は、紙で作った垂れ幕が多いようだ。このような垂れ幕は以前、SL大樹に乗車をした時の下今市駅や鬼怒川温泉駅、ファンフェスタでの南栗橋駅でも見たことがある。太田駅には1・2番線と3・4番線ホームにたくさんの人がいる。桐生線を往復をしていて、次は伊勢崎線の伊勢崎を目指すようだ。


IMG_1163
IMG_1176
太田駅に1800系が急行灯を光らせてやってきた。実は私は太田駅をはじめとした伊勢崎線の駅での1800系の記録を考えていた。やはり伊勢崎線を長年走ってきたレジェンドなのだから伊勢崎線で撮ることが1800系の活躍を記録をするにはふさわしいと思ったからだ。
IMG_1178
IMG_1742
IMG_1760

太田駅は今は2000年代以降に整備された高架ホームだが、1800系が走っていた時代は地平だったかもしれない。

IMG_1185
ヘッドマークは団体専用ありがとう1800系で、これは1990年代に走っていたビジネスライナーりょうもうという列車のヘッドマークをイメージをしたそうだ。

IMG_1747
太田駅での出会いを2つ。一つは712両という私鉄史上最大の車両数を誇る東武8000系との出会いだ。この地域を走る8000系は800番台になっているが、8000系と1800系は長年東武伊勢崎線の日常を支えてきた車両だ。

IMG_1762
そして、東武の新旧りょうもうの出会いだ。左がりょうもうの現在の主力200系、右が1800系だ。長年、東京都内とこの地域を結んできた2つの車両との最後の別れを惜しんでいるようだ。

IMG_1775
IMG_1208
IMG_1219

この後、知人と合流をし、足利市駅の隣の東武和泉駅で降りた。ここに撮影地があるようだ。ここは栃木県足利市だ。そう、森高千里さんの渡良瀬橋で有名な街だ。この撮影地は、幹線道路の立体にある。「広い空と遠くの山々」という渡良瀬橋の歌詞にあるようなイメージにふさわしい場所だ。

IMG_1782
森高千里さんが渡良瀬橋を出したのは1993年1月だ。もう25年前の名曲だ。今でも森高さんの曲といえば、真っ先に思い浮かぶ曲の一つだ。この渡良瀬橋は、足利学校と足利幕府のイメージがある足利のイメージを一新をしたのではないかと思う。

IMG_1229
IMG_1230
14時5分ごろに1800系の団体専用列車が来た。どうやら伊勢崎から浅草を目指すようだ。渡良瀬橋が発売された1993年1月は、東武の1800系が急行りょうもうで走っている時代だった。1800系の走りは「私は今も、あの頃を忘れられずに生きています」という歌詞のようだ。まさに渡良瀬橋の時代の足利はこのような景色だったのではないかと思う。渡良瀬橋の歌詞には「願い事、一つ叶うならば、あの頃に戻りたい」という歌詞があるが、これを実現をしたかった一つは、足利市内を走る1800系の姿を映すことだったのかもしれない。この願い事は一つだけではなかったのでそれはその時に後述をする。
IMG_0140
余談であるが、渡良瀬川の対岸にある足利駅を通るJR両毛線は115系と107系がこの1年間で引退をした。115系と107系も1993年当時は両毛線の最主力車両だったと思う。今年は渡良瀬橋がリリースされてから25年、当時の主力が次々と引退をしているのは何か不思議だ。

IMG_1779
東武和泉駅と足利市駅の間くらいには関東では店舗が少ないアピタがある。アピタは、関東にも出店をしているが、郊外にある例が多い。(横浜市の日吉や金沢文庫、長津田など)アピタは主に愛知や岐阜、静岡など東海地方に多い。アピタを運営をするユニーは今では大半がファミリーマートに転換をされたサークルKの親会社としても知られている。

この後、足利市駅から館林駅で乗り換えて、帰りは普通列車を乗り継いで北千住まで戻ることにする。
IMG_1789

館林駅の近くの留置線には20000系の4両編成の車両が止まっていた。この車両は日比谷線乗り入れで使われていた20000系を4両編成にしたうえで、半自動ドアなども付けた車両だ。20000系は70000系の導入で、最近は廃車が進み、一部の車両は短編成になって再利用されるようだ。この20000系は、宇都宮線あたりに導入をするのではないかといわれている。


IMG_1237
IMG_1239
久喜駅で乗り換えて、東武動物公園駅に到着をする。留置線に1800系が止まっていた。団体専用列車のアサクサ到着後に、南栗橋の車庫に戻るまでの回送で、東武動物公園駅でしばらく停車をしていた。東武動物公園駅が杉戸駅だった時代もこの車両が主力だった。

IMG_1794
IMG_1243
IMG_1803

半蔵門線経由で乗り入れる東急8500系や5000系、そして日比谷線直通の主力で今では廃車が進んでいる03系車両も1800系の最後の顔合わせをする。東武スカイツリーラインの区間は車両が豊富だ。東急の車両は、この車両とどれだけの回数で会っていたのだろうか。

IMG_E1805
最後は、東武を代表する車両の100系スペーシアの日光詣の金の色と出会う。まさに有終の美かもしれない。多くの車両が1800系を労っているようだ。

IMG_0594
IMG_1176
東武の1800系は、1819編成が団体専用になってから乗車をしたことが多かったが、物珍しさと、快適な車内、そして色や窓などでどこか懐かしさを感じさせる要素があった。東武は車両では手を抜かない傾向が強いが、この車両はそれを裏切らない快適な車両だった。乗車や撮影の機会があれば、逃さなかった。写真は4月21日に野田線運河駅から伊勢崎線経由で佐野線佐野駅までの臨時列車で走った姿を写したものだ。

IMG_1194
一つ余談であるが、春日部のイトーヨーカドーはクレヨンしんちゃんの映画公開に合わせて、クレヨンしんちゃんに出てくる架空のスーパーサトーココノカドーになっていた。クレヨンしんちゃんが始まったのは渡良瀬橋の前年の1992年。この時はまだ1800系が主力だったときかもしれない。

1800系の過去の名シーンより

IMG_9478a
IMG_9568a
IMG_6113

過去に東武日光線の下小代駅の近くで撮影をした写真より。1800系の臨時快速は主に北千住・春日部〜東武日光間でゴールデンウィークの4月末から5月初めと秋の11月3日頃の文化の日の紅葉の季節などに走ることが多かった。つつじや菜の花、黄色い稲穂と合わせてみた。側窓が横長に長く、今では主流の連続窓よりも懐かしさも感じてしまう。自然が広がる地域を走る風景は東武の一つの魅力かもしれない。


IMG_9927

IMG_4067
そして荒川の近くを走る東武の1800系。北千住や浅草へと乗り入れる機会は2000年代は少なくなった。1800系がまさに夢の河を越えていくその時だった。実は私は急行りょうもう時代にこの1800系の記録をしていなかった。先ほど、渡良瀬橋の歌詞には「願い事、一つ叶うならば、あの頃に戻りたい」という歌詞を書いたが、これを求めていたもう一つは荒川を越える1800系を記録をすることだったのかもしれない・・・。

新車はどこから来るのか?〜都営浅草線5500形、ついにデビューへ。

IMG_6780
都営浅草線の新鋭5500形が2018年6月30日にいよいよデビューをすることになった。

IMG_6789
IMG_3908
都営浅草線の5500形といえば、昨年12月9日の西馬込での都営フェスタでの展示により初めてのお披露目となった。5500形は将来の浅草線のホームドアに合わせて?側面のドアにも色が塗られている。この5500形の顔は歌舞伎の隈取りをイメージをしているようだ。(都営地下鉄のプレスリリースより)内装は、貫通扉には浅草線の名所などが書かれているようだ。

IMG_3977
IMG_3985
IMG_3988
しかしながら、この後ずっと音沙汰がなくどうなるのだろうかと思っていた矢先に5月19日に、5501編成の試運転の報告があった。区間は西馬込から泉岳寺だったか浅草橋だったようだ。20日には人形町駅などでの撮影の画像などが証拠として残っている。

そして6月30日に、営業運転開始になるようだ。しかしながら、まだ京成線や京急線、北総線への試運転を行っていない。京成線や京急線などでは試運転をする場合は無線や足回り、制御装置などの問題なども言われているそうだ。足回りはSiCという半導体とVVVFを合わせているようだ。


IMG_3920a
IMG_7660
IMG_9220
IMG_7003
この都営浅草線5500形は、新元号になり、新時代の浅草線の顔となりそうだ。都営浅草線は、東京スカイツリーのある押上、観光地の浅草、日本橋や銀座、新橋や三田などのオフィス街、戸越などの住宅地を通る。東京タワーにも東京スカイツリーという2つの超高層の建物にも近い場所を通る。京成線に乗り入れることで、立石などの下町感が強い葛飾区の住宅地や成田空港、京急線に乗り入れることで羽田空港や横浜・横須賀などの三浦半島を目指すなど幅広い活躍が待っているようだ。

IMG_9258
IMG_7725
IMG_6768
5500形はこれまでの主力の5300形を置き換えることになりそうだ。浅草線の5300形が置き換えられるとなるとは時代が早いなと感じざるを得ない。

新元号となり、浅草線も変わることになりそうだ。この車両が増加をし、北総線に乗り入れるとなると、成田空港行きのアクセス特急に使われる可能性もある。現在、都営5300形は北総線は印旛日本医大までしか乗り入れず、以東の成田スカイアクセス線の成田空港までは乗り入れない。その夢がかなう日はいつなのか。

また、東京都葛飾区内では千代田線6000系とこの浅草線5500形が同じ時期に走ることはあるのか?6000系も数が減っているだけに、この2つの車両の競演がありうるかもしれない。

IMG_9428
新元号の都営浅草線の系統は、5500形の導入だけでなく、乗り入れ先の京成も来年以降、新型通勤型車両の導入計画があるようだ。これは5月の連休明けの事業計画で書かれたことであるが、京成も元号が変わり、新形式車両の投入が行われるのが楽しみだ。なお京成は今年度は相変わらず3000形を導入をする予定だ。まだ3000形が増え続けるのかと思うのであるが、新形式車両は何よりも楽しみだ。

IMG_2729

IMG_9946
IMG_5514
IMG_0933
IMG_0960
おまけであるが、浅草線つながりで記事を出すが、京成曳舟駅では、NGT48の「Whatcha Gonna Do」という曲のミュージックビデオのロケが行われた。京成の駅でミュージックビデオが撮影をするのは意外過ぎて驚いてしまった。この「Whatcha Gonna Do」という曲は「春はどこから来るのか?」という曲の中に収録をされている。これは新潟駅にあったNGT48のデジタルサイネージも撮影をした。歌唱メンバーはこのメンバーの中にいるとは限らない。

これまでは京成の事業計画などを記事にしていたが、今年は記事にする予定はない。しかし、今後に京成が新型通勤型車両を導入をすることは伝えたかったことなので記事内で紹介をした。

涙・サプラ伊豆? 伊豆方面の新特急車両E261系製造へ

IMG_3135
JR東日本は新元号となって2年目の2020年春をめどに東京から伊豆方面を走る特急列車にE261系という新型特急車両を製造をすることになった。(詳しくはこちらへ)

このE261系は東京・新宿〜伊豆急下田間を結ぶ特急列車に投入をされる。デザインはJR東日本ではおなじみの奥山清行氏が担当をする。奥山氏といえば、四季島や秋田新幹線のE6系、北陸新幹線のE7系車両、特急あずさのE353系など多くの車両を担当をしている。

では、このE261系は、どのような特徴があるかといえば、8両編成で、1号車がプレミアムグリーン車、2〜3号車がグリーン個室、5〜8号車がグリーン車だ。4号車にはヌードルバーという食堂車も用意がされる。すなわちすべての車両がグリーン車以上というグレードの豪華車両だ。


1号車のプレミアムグリーン車は1人掛けの座席が2列で1260mmのシートピッチを確保する。5号車から8号車のグリーン車は2人掛けと1人掛けで1160mmのシートピッチを確保する。4号車のヌードルバーではそばやうどん・ラーメンなどの軽食を提供をする食堂車だ。どのような食事が提供をされるかも楽しみだ。

もちろんすべての車両にコンセントが設置をされる。無線LANサービスも行われる予定だ。近鉄のしまかぜや小田急のGSEロマンスカーのようなWi−Fiによるサービスも行われるそうだ。グリーン車以上というサービスであるためにこれは必須かもしれない。

このE261系は、これまで特急スーパービュー踊り子で使われていた251系車両の置き換えも行われる予定だ。251系も製造から25年以上が経過をし、今でも伊豆の看板として走っている。このE261系は、スーパービュー踊り子が培ってきた伊豆への列車のグレードを更に高めるという策をとるのかもしれない。


本当に高い代金を払って乗ってみたい車両になっていただければ幸いだ。Wi-Fiによるサービスにヌードルバー、それに小田原や伊豆などの美しい風景、乗るのが楽しみな列車になりそうだ。

IMG_3082a
私は伊豆方面の特急にこのような豪華車両の投入については、2つの列車があるのではないかと考える。

一つが昨年、伊豆急が投入をしたTHE ROYAL EXPRESSの影響があるかもしれないと考える。このTHE ROYAL EXPRESSは、JR九州などでおなじみの水戸岡氏をデザイナーに起用をし、横浜〜伊豆急下田間を週末を中心に走っている。この列車は乗車のみで2万円から3万円以上する。伊豆のホテルや旅館などを付けたクルーズプランでは、10万円以上だ。この列車は抽選制であるが、人気が高い。

IMG_3798
IMG_3809
もう一つは、伊豆クレイルの成功があるのではないか。伊豆クレイルは週末を中心に651系の改造車両で、小田原〜伊豆急下田間を運転をする列車だ。食事・喫茶と乗車のセットがついて1万円弱の価格がする。旅館やホテルとセットにしたツアーは3〜4万円する。こちらの人気も高い。

この2つの列車が成功をしていることによって、JR東日本も全席グリーン車以上のグレードを持つ列車に自信を持った可能性があるかもしれない。伊豆の場合は、高級の別荘や温泉旅館なども多く、このような場所への需要に答えた可能性もあるのだろう。

私も高いグレードのサービスで高級ムードを醸し出すならばということでこのような車両の投入は賛成だ。なぜならば、旅行などでは交通機関のグレードも旅を印象付けることも多く、伊豆クレイルやROYAL EXPRESSの成功がこれを証拠づけているのではないかと感じる。

IMG_3096
IMG_3049
IMG_3027
東京・新宿と伊豆急下田を結ぶ特急踊り子は製造から35年近くが経過をする185系を長年起用をしている。この車両の置き換えも行われる可能性が高い。

IMG_7872
IMG_7727
185系の置き換えとして、有力視をされているのがE257系だ。特急あずさやかいじへのE353系の投入で、ねん出をするE257系を投入をするのではないかといわれている。この場合はどうなるのだろうか。15両から9両か11両になるのか。グリーン車も半室グリーン車なので、座席数が少ない。グリーン車の利用も多い特急踊り子で少ないグリーン車では対応ができるのか。また、特急踊り子は5両編成で三島から伊豆箱根鉄道の修善寺まで乗り入れるが、この修善寺乗り入れはどうなるのだろうかも気になる。185系は湘南ライナーなどの列車にも投入をされているが、E257系でも投入をされるのか?E257系は、くせの少ない車両なだけにマルチな活躍が見込まれる。新元号になり、新時代の伊豆への旅というものが期待をされるかもしれない。

せとうちめぐり from 山口編〜珍事も起きた山口県内のJRの車両などを紹介をする

IMG_0361
こちらの記事では4月1日に訪れた山口県のJRの路線や車両などを中心に取り上げていきたい。

IMG_0525
この日は朝に山口県内の鉄道路線を少し訪問をする。新山口駅から山陽本線の少し西に向かい、宇部駅に向かう。宇部駅で乗り換える。宇部駅とはいうものの、宇部市の中心地は宇部線の宇部新川駅だ。この辺りは、山陽本線から海沿いに支線が伸びている。宇部線もその一つだ。ここは黄色の105系が走っている。

IMG_0531
IMG_0534
IMG_0535
宇部線の宇部新川駅は、山陽本線の宇部駅の3つ先にある。ここが宇部市の中心地だ。宇部といえば、真っ先に思い付くのが宇部興産だろう。宇部興産といえば、山口県内に宇部興産専用道路がある。宇部興産専用道路を見に行きたかったが、どこにあるか検討がつかなかった。宇部興産専用道路は、港の宇部市と山口県内の内陸の美祢市の石灰石工場を結ぶ道路だ。一企業が道路を持っているのがなかなか面白いが、もともと鉄道で輸送をしていた箇所が道路に変わっただけだ。宇部市は山口県唯一の空港・山口宇部空港や常磐公園があることで知られている。


IMG_0532
IMG_0310

宇部新川駅に乗り入れる宇部線は新山口〜宇部新川〜宇部間を結ぶ路線だ。宇部新川駅は、小野田線も出ている。小野田線は宇部新川〜小野田間を結んでいる。この路線も内陸にある山陽本線の駅と海沿いにある宇部新川の間を結んでいる。かつては産業輸送が多かったのかもしれない。

余談であるが、宇部新川駅の近くのコンビニでは、福岡でのライブチケットの販売があった。もうこの辺りまでくれば、九州寄りの地域なのかもしれない。福岡市までは約110〜120辧∨牟綵市までも60劼らいだ。調べると宇部新川からは福岡行きの高速バスがあるそうだ。

IMG_0537
IMG_0539
宇部新川からの新山口まで宇部線に乗る。車両は123系車両だ。この車両は、荷物電車だった車両を旅客輸送に改造をした車両だ。かつては身延線や中央線の辰野〜塩尻間など山梨県や長野県などでも見られたが、今は山口県の宇部線や小野田線を中心に走っている。山口県で唯一みられる形式だ。この車両、1両であるが、顔が前と後ろで違う。前(東側)は貫通扉の幌がないが、後ろ(西側)には貫通扉の幌がある。この宇部線は草江駅の近くに山口宇部空港がある。ドアが少なく、1両なので混雑をしている。

IMG_0540
この123系の側面だ。窓割が横長になっている。最近ではWCも設置をされた。少し変わったこの車両、この車両には種類がいろいろあるようだ。

IMG_0379
別の時間に新山口駅へ行ったら、宇部線の123系がいたが、この車両は片開ドアで窓の数も多い。同じ形式でも、微妙に違っているようだ。
次は山口線になる。山口線は、この日はSLやまぐちの撮影を計画をしている。やはり、桜とSLやまぐちは抑えたいものだと思った。

IMG_0524


なんとSLやまぐちのD51-200形が不調で故障という憂き目にあってしまった。はじめはエイプリルフールで騙されたかと思ったが、DD51形が35系客車を牽引をするのも貴重かもしれないと思い、取りあえずは桜の見える場所へと撮影に行く。

IMG_0327
IMG_0329
新山口駅でレンタサイクルを借りて、山口線沿いを目指す。山口線は新山口駅からは概ね国道9号線という幹線道路沿いを走るので、9号線をまっすぐ行けばどこかに撮影地があるだろうと思い、当たって砕けろと撮影地を目指した。まずは上郷駅の近くにある桜と川の撮影地。まずはここでキハ47形を撮影をする。山口線の普通列車は朱色のキハ47形だ。

IMG_0368

もう一か所は幹線道路沿いの撮影場所だった。ここでもキハ47形を撮影をした。新山口と山口の間は普通列車の本数が多い。

IMG_0343
最終的に目指したのは大歳駅だった。この駅は駅に桜が植えられているので、ここで写すことにした。新山口駅から約7厠イ譴疹貊蠅世辰拭でも道路はほぼ一本道だった。

IMG_0360
IMG_0362
SLやまぐちのDD51形代替はDD51形の1043号機でやぶさめ津和野のヘッドマーク付きだった。SLやまぐちを楽しみにしていたら、残念かもしれない・・・でも35系客車に乗るには、悪くはなかったかもしれない。これはこれで貴重な写真かもしれない。SLやまぐちの新山口発の津和野行きに乗る場合は、グリーン車が展望車なので、もしかして後ろで手を振っているグリーン車の乗客かもしれない。まさにVIP待遇なのかもしれない。津和野行きのSLやまぐちだからできる夢のような特典かもしれない。大歳駅は九州を中心に西日本を地盤にしているホームセンターのナフコがある。ナフコは山陽新幹線からもよく見えるので、西に向かっていると実感させられるホームセンターだ。

IMG_0292

遠路自転車で新山口に戻る。順番は前後をするが、朝に宇部方面へ向かう前に新山口駅でこのような新幹線を見た。そうだ500系のエヴァンゲリオン新幹線だ。2016年1月に姫路駅で見たが、反対ホームからだったので今回は正面から見ることにした。

IMG_0520

このエヴァンゲリオンの500系は5月13日でおしまいだ。2年半の間で2回見ることができた。乗車は叶わなかったが、500系新幹線の活躍を再確認をさせた。これでエヴァンゲリオンのファンを西日本に招くことができたのは成果かもしれない。500系は夏からはハローキティとタイアップをした新幹線が始まる。ハローキティと500系はどのような新幹線になるのだろうか、また楽しみだ。500系も新N700系の導入でいつまで走るかわからない。中国地方や九州へ行くのがまた楽しみになりそうだな。

IMG_0321
新山口駅からは徳山駅まで山陽本線を東に戻る。行きは新幹線でワープをした区間だ。防府市などを通過をする。この辺りの山口県は海沿いを通り、瀬戸内のイメージかもしれない。新山口から徳山まで約45分で到着をする。

IMG_0555
IMG_0391
徳山駅に着く。ここは山口県周南市だ。徳山市や新南陽市などが合併をして成立をした。山口県は合併をして、新しい詩になった例が結構ある。徳山駅は改築をされ、周南市駅前図書館という駅と併設をした図書館も作られた。この図書館は某CDレンタルなどの大手チェーン店が運営をする図書館だ。そのチェーン店については賛否両論があるのでここでは書かない。徳山駅では時間があるのでバスに乗ってみることにする。

IMG_0383
IMG_0559
IMG_0558
徳山駅からバスで目指したのは徳山動物園の付近だ。ここには周南市文化会館という山口県で最も大きなホールがある。この日はEXILE系のグループのTHE Rampageというグループのライブが夕方に開催をされ、若い人でにぎわっていた。この周南市文化会館は過去にも安室奈美恵さんやAKBグループでは、AKB48と山口県の隣の福岡を本拠地とするHKT48もライブをやったことがある。周南市文化会館の近くには日テレ系の山口放送もある。なるほどテレビ局も山口市と周南市に分かれているのか。

IMG_0560
その徳山動物園・周南市文化会館の付近にはジョリーOXというジョリーパスタのステーキ屋もある。ジョリーOXは、この徳山に唯一あるだけだ。かつては八王子や横浜の二俣川などにもあったと聞くが・・・日曜の昼間とあり、結構人入りがあったようにも見えた。

IMG_0565
徳山駅からは岩徳線に乗る。岩徳線は徳山と岩国を丘陵地を越えて走る。山陽本線が海沿いの柳井などを通るのとは対照的だ。山陽新幹線や山陽自動車道もこの岩徳線に平行をする。車両はここでもキハ40形の朱色の車両だ。

IMG_0566
IMG_0568
海沿いを走る山陽本線と違い、丘陵地の中を通るこの路線は、桜がよく咲いていた。終点の岩国駅の近くの川西駅で多数の客が乗ってきた。川西駅は岩国の名所の錦帯橋の最寄り駅だそうだ。1両の列車があっという間に満員になってしまった。そして岩国駅に着き、広島方面の列車に乗り換える。


IMG_0586
IMG_0588
IMG_0592
IMG_0596
広島からは新幹線で東京に戻るが、今回は新大阪まではN700系の山陽・九州仕様のさくらに乗り、新大阪から東京までN700系ののぞみという乗り継ぎパターンにした。4月1日という繁忙期とあり、広島駅は混雑をしていた。ついにN700系の山陽・九州仕様の指定席に乗った。岩国駅での待ち時間で無事に窓側1席だけ取ることができた。デビューから7年が経過をするが、ついに乗ることができた。N700系の山陽・九州仕様は新大阪〜鹿児島中央間のさくらとみずほを中心に山陽新幹線内ではこだま、九州新幹線内ではつばめにも使われ、山陽・九州の両新幹線の中心車両だ。窓側の座席なのでコンセントもついている。車内ではシンカンセンアイスのうち、イチゴアイスを味わった。そして矢のような最高速度300kmで、瀬戸内路を駆け抜けているのは魅力的だ。山陽新幹線では東海道新幹線では味わえない車両に乗ることが何よりも楽しみだ。例え、東京から飛行機で行くことが多い福岡へ行くときも新幹線に乗りたくなることもあるのだ。今年の大河ドラマは西郷どんで鹿児島を舞台にしているが、西郷どんの舞台を目指して、N700系のこの車両は走っているのだ。

IMG_0315
IMG_0550
山口県は、鉄道では車両の置き換えがまだまだ進んでいなく、115系やキハ40形が中心で、さらには123系のような今はここでしか見られない車両も多い。その一方でSLやまぐちは、客車の車両も置き換え、機関車もD51-200も加わるなど新しい変化が起きている。

IMG_0508
山口県は、山口市・周南市・下関市などに都市機能が分散をしているように見える。それだけでなく、夏みかんの産地で松下村塾で知られる萩市などの日本海側もある。瀬戸内と山陰と九州がミックスをしているのが山口県かもしれない。その為、見かけは中国地方でも地域区分が少し難しいのも事実だ。


IMG_0660
STU48は、つい最近に悲願だった船上劇場(もともとこれがコンセプトであった)が夏に出航をすることが発表になった。今は瀬戸内7県でのライブハウスでのライブなどがメインだ。徳山の話で書き損ねたが、STU48のライブハウスツアーの山口県は、徳山のライブハウスだそうだ。瀧野由美子さんをはじめとしたメンバーもいる。写真は秋葉原の郵便局にポップアップがあったSTU48の岡田奈々さんを出す。瀬戸内7県とは、兵庫・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛の7県だ。四国でも高知県が入っていなく、兵庫県はNMB48の本拠地の大阪とも近い。

STU48をはじめ、広島カープ、サッカーのサンフレッチェ広島とレノファ山口などのスポーツチームなどで魅力たっぷりの瀬戸内地方、ここには新たなる発見があるかもしれない。と改めて感じた。

瀬戸内の煙〜35系客車のSLやまぐち号に乗車をする

IMG_0144
3月31日、夕方に山口線を走るSLやまぐち号に津和野→新山口間で初めて乗車をした。今回の記事ではSLやまぐち号の乗車記についてを主にまとめたい。ひとつ前の記事はこちらへ。SLやまぐちのホームページはこちらへ。

IMG_0132
SLやまぐちは1979年から約40年間走っているが、実は意外と初乗車だったりする。山口県自体が3回目ということもあるが、東京からかなり離れた場所ではなかなか行かれないものだ。本や雑誌などではSLやまぐちの勇姿をよく見るが、ついに自分でこの目を見ることになった。SLやまぐちの券の購入は、実は前日に岡山駅でサンライズ瀬戸を降りた後に買うことができた。東京都内の駅で購入をしようとしたが、指定券が取れず、35系客車の車内に乗れるのは今回はお預けかなと思ったが、最後で粘った挙句、無事に指定席券を買うことができた。

IMG_0413
IMG_0153
IMG_0427


津和野といえば和紙などで有名な町であるが、今回は残念ながら津和野の滞在時間はほとんどない。代わりに駅の近くの商店でお団子を購入をしたくらいだ。津和野はいつかゆっくり見ていきたい街だ。

IMG_0151
やはり桜の時季だ。短い時間を使って、駅が見える場所へと行き、桜とSLやまぐちを撮影をすることができた。撮影であれば桜との撮影をセットにしていたために桜は入れたかった。

IMG_0419
IMG_0130
SLやまぐちに使われる客車は35系客車という車両で、昨年、新潟トランシスにて製造をされた客車だ。この時代に、客車が製造をされるのは本当に奇跡かもしれない。外見は旧型客車をオマージュをしている。5号車には展望車もついている。ヘッドマークには山口市の観光地の瑠璃光寺が書かれている。SLの旅というものは発車前から常にロマンを感じさせる。それがSLの一番の魅力ではないかと思う。

IMG_0495
IMG_0431

SLやまぐちは1号車がグリーン車、2号車から5号車が指定席になっているが、3号車の一部がイベントカーという形になっている。35系に変わってから、グリーン車が連結をされるようになった。グリーン車はオロテ35−4001という番号だ。私が乗るのは4号車のオハ35−4001号車だ。

IMG_0158
IMG_0436
IMG_0438
IMG_0442

15時45分、津和野駅をSLやまぐち号新山口行きが出発をする。鉄道唱歌が流れる。これが旅を更に掻き立てるものだ。そして、沿道の方たちは手を振っている。SLの場合は地域住民からの手を振ることへの歓迎もあるかもしれない。そして沿道からは桜が見える。SLに乗りながらの桜見だ。津和野駅を出ると、坂を上る。津和野駅と隣の船平山駅の間は約10劼△蝓△修隆屬防弦發眈紊るのだ。

IMG_0448
IMG_0159
桜シーズンという春の準繁忙期に走るため、車内は満員だ。特に旅行会社のツアーが多いようだ。実際に私の隣にいた方も旅行会社のオペレーターと思しき方だった。さっそく、隣の5号車の展望車へ行くことにしよう。5号車の展望車はスハテ35−4001号車だ。


IMG_0162

最初の停車駅は徳佐駅だ。この駅では山口線を走る特急スーパーおきの停車駅でもあり桜が咲いている。この駅の標高は約300mで津和野駅よりも150mほど高い。しばらくは盆地を駆け抜ける。

IMG_0167
展望車からの風景は春の風を感じさせる。3月末とはいえ、この日の16時ごろの津和野町や山口市は20度近い気温となった。早い春のような気持ちよさがある。

IMG_0168
IMG_0169
IMG_0181
次の停車駅の鍋倉駅に止まる。鍋倉駅の付近はリンゴ園が多いようだ。このあたりでも沿道で手を振っている人がいる。展望車から見るのであれば、SLの煙と桜が写っている。この時季ならではの風景だ

IMG_0457

桜名所の渡川駅では多くのカメラマンがいた。もし撮影ということであれば、この渡川駅で桜とSLを撮る予定だった。

IMG_0463
IMG_0467
撮影名所で知られる長門峡駅に停車をする。ここも桜が美しい。SLやまぐちの停車駅には旧字体の古風な駅名標がある。


IMG_0470
IMG_0478
IMG_0473
続いて3号車のイベントカーについて紹介をする。イベントカーには売店だけでなく、SLやまぐちについての展示、沿線の地図と標高なども案内をしている。それだけでなく、子供向けにシュミレーターゲームや缶焚きゲームコーナーもある。ゲームの参加者は抽選で当選をした人ができるようだ。まさにすべての利用者が楽しめるスペースになっている。

IMG_0191
篠目駅に停車をし、次の仁保駅の間は急な下り坂が待つ。盆地から下りるのだ。篠目駅が標高246mに対し、約9km離れた仁保駅は標高113mだ。100m以上の高低差がある。ここでは後ろの客車から白い煙を吐くシーンを撮ってみた。ここで一気に坂を下りる。仁保〜篠目間はSLやまぐちの写真といえば多数見る場所の一つだ。

IMG_0195
SLやまぐち号の35系客車は、平成末期(この呼び名でいいのかな?)に出た車両であるが、イメージは昭和時代のイメージに極力使づけている。なんか都電荒川線の9000系のようなコンセプトだ。

IMG_0492

座席にはなんとコンセントもついている。時代に即しているのかもしれない。テーブルは大型であるが、折り畳めないので少し邪魔に感じることもあるかもしれない。

IMG_0197
IMG_0474
そして津和野駅から約1時間20分、17時過ぎに山口駅に着く。ここが山口県庁や瑠璃光寺など山口市の中心だ。ここではまとまった停車時間があったので駅に咲く桜とSL、そして機関士の風景を撮影をした。D51-200形と35系という組み合わせになり、まもないが、C57形と12系の組み合わせとは違う新鮮な組み合わせかもしれない。山口までくれば終点の新山口駅まではあとわずかだ。

IMG_0479
山口駅の隣の湯田温泉駅で多くの客が下りる。山口市の市街地には温泉がある。ここでは降車客が手を振ってくれた。

IMG_0483
IMG_0485
山口市の市内に入り、幹線道路沿いにはスーパーやレストランなどが多い。住宅地の中を通る。矢原駅の付近ではレストランジョイフルとコメダ珈琲を5号車の展望車から撮影をした。ジョイフルであれば、九州メインで、中国地方にも多数あるから珍しくないが、コメダ珈琲が山口県にも進出をしていたのか・・・そして大歳駅では、キハ187形の特急スーパーおきと交換のため停車をした。サッカーのJ2のレノファ山口の本拠地の維新みらいスタジアムは大歳駅の近くにある。

IMG_0490
SLの旅も終盤を迎える。最後は山口市の幹線道路沿いを一気に駆け抜ける。中国自動車道の小郡インター近くでは桜が咲いていた。高速道路は小郡のまま残っている。幹線道路沿いには、山口名物の瓦そばの店も何店かある。

IMG_0493
大歳駅で交換をした特急スーパーおきが数分遅れであったために、新山口駅の到着は7分遅れた。山口線は単線で特に新山口〜山口間は運転本数が多いので、遅れの影響が最後になって響いてしまう。

IMG_0235
IMG_0502
そして17時37分に終点の新山口駅に着く。津和野から約2時間、SLやまぐちの感動的な旅は終わった。展望席からの桜、ひなびた風景、そして山口市の住宅地を駆け抜ける風景、峠越え、風景が多数の印象に残った。指定席に座っていなくても、売店や展示スペースなど乗車という点でも魅力が多かった。SLやまぐちは運行開始から40年、まさにSLの西の王者であると改めて感じた。

IMG_0238
次は時季を変えて、夏や秋にもいきたい。春とは違う感動の風景が待っているかもしれない。撮影面でもD51-200形だけでなく、長年の中心機関車のC57形の1号機によるSL、そして多くのファンが駆けつける重連運転なども見たい。

IMG_0494
そして、次は津和野行きに乗車をし、グリーン車に乗りたい。津和野行きの場合、グリーン車のある1号車が展望車だからだ。津和野行きの場合はグリーン車に乗ると展望席をほぼ独占ができるかもしれないからだ。津和野発の展望車が普通車にあるのとは対照的だ。山口県出身のSTU48の瀧野由美子さんがなぜSLやまぐちを瀬戸内のおすすめのスポットに入れているか、それは乗ってみてわかった。

IMG_0255
IMG_0259
初めてのD51形200号機。この日は快調に飛ばしていた、まさに幸先の良いスタートだった。やはりこの車両は順調に走っているなと思ったが・・・

IMG_1188

SLやまぐちからは5月6日をもって、C56形160号機が引退をする。この車両はSL北びわこのイメージが強い。SL北びわこからも5月末で引退をする予定だ。北びわこでは主にD51形200号機、やまぐちはC57形1号機がメインになるのかな(機関車の予定はこちらへ)

IMG_0511
IMG_0508
この日は新山口で泊まったが、その前に先ほどの停車駅の湯田温泉へと戻る。湯田温泉では瓦そばを食べた。4月1日も山口県内にいることになったが、次の記事で紹介をする。

せとうちめぐり〜宮島の桜とSLやまぐちを目指して

IMG_0027
3月31日の紀行の模様を描いていく。今回は主に広島県の宮島と山口県を目指していったのでその報告をしていく。

IMG_0108
IMG_0036
IMG_0340
IMG_0315
IMG_0314
まずは、3月31日の朝は広島県の宮島へと足を運んだ。宮島は国内随一の桜の名所で、一度は桜の時季に足を運びたいと思った。宮島へ行くフェリーは観光シーズンの土曜日の朝とあり、大盛況だった。宮島のシンボルの海に浮かぶ大鳥居と五重塔を撮影をした。宮島へ行く船のうち、JR西日本のフェリーは青春18きっぷやSuicaなどのICカードで乗ることもできる。JR西日本以外にも松大汽船という会社が船を運航をしている

IMG_0317
宮島らしい写真として、鹿と外国人観光客と桜の写真にした。鹿は宮島では多数生息をしている。このような写真もいいかなと思う。

IMG_0309
IMG_0063
IMG_0327
五重塔だけでなく、宮島は桜なども美しかった。船も鹿も海も神社もすべてが宮島のシンボルなのかもしれない。

IMG_0344
IMG_0052
IMG_0339
IMG_0318

宮島の名所厳島神社は、朝の時間であったが、20分待ち以上だった。宮島の厳島神社は世界遺産でも有名で外国人観光客も多いが、この日は家族連れなど日本人観光客の方が圧倒的に多かった。

IMG_0332
IMG_0088
IMG_0335
時間が限られたので見てきたのは、千畳閣だった。千畳閣の中には、しゃもじも置かれている。宮島では至る所にしゃもじのお土産がある。

IMG_0350
こちらは宮島口のフェリーを待つ人たちだ。桜シーズンであるためかとにかく混んでいる。宮島口のフェリーはJR西日本のフェリーと宮島松大汽船ともに同じくらいの混み方だった。

IMG_0353
さて、宮島口駅からは山陽本線を西に山口県へと向かう。山口県は5年ぶりであるが、前回は九州寄りの下関市のみだったので、それ以外の地域となると2007年以来だ。それにしても宮島口駅では降りる客の多いこと。やはり桜シーズンであるために宮島の観光客は多いのかな・・・宮島口駅にはトワイライトエクスプレス瑞風の専用の門もある。

IMG_0297
宮島口からは227系についに乗れた。広島の期待の新星だ。227系は転換クロスシートの車両で車端部はロングシートになっている。アナウンスの際にチャイムみたいな音が鳴るが、これが227系の個性的な部分ではないかと思う。それに車内が静かだ。既にデビューから3年、ようやく乗ることができたこの車両、今は広島県内を主に走っている。(山陽本線の福山〜岩国がメインだった覚えがある)今後は他の地域へと進出をするのか?

IMG_0376
岩国駅で降り、今度は徳山・新山口方面の普通列車に乗り換えた。ここでは115系だ。それも元々広島にいた2ドアの115系だった。広島での227系の投入により、2ドアの車両は山口県内に移ったのではないかと推測する。

IMG_0365

岩国から徳山の間は山陽本線は柳井や光、下松など海沿いを通る。新幹線や岩徳線が、直線で丘陵地を通るのとは対照的だ。海沿いの区間では、風景からは瀬戸内の島が見える。こちらは柳井付近の周防大島だ。

IMG_0374
山口県下松市はどこかで聞いたことがある・・・そう日立製作所の笠戸工場のある場所だ。下松という駅は、日立製作所で製造をされた車両が全国各地へと運ばれるときの起点駅だ。JR東日本だったり、JR九州だったり、東武だったり、西武だったり、東京メトロだったりするのだ。日立製作所の工場の中にはN700系新幹線と思しき車両がいた。今でもこれでもかと増備が続くN700系、日立製作所で製造をしている車両も多いようだ。

IMG_0379
IMG_0381
山口県周南市にある徳山駅で降りる。徳山からは新山口までは新幹線で一区間だけワープをする。

IMG_0860[1]
さて、その前に一つだけ話したいことがある。徳山駅では、月でひろった卵というあさひ製菓のお菓子を購入をした。このパッケージ、山口県出身のSTU48の瀧野由美子さんが描かれているのだ。月でひろった卵にはSTU48のメンバー全体と個人でタイアップをしたものがある。さて、瀧野由美子さんについて説明をすると、STU48がこれまでに出した数曲(デビュー曲の暗闇など)ではセンターを務め、STU48の最中核メンバーだ。この瀧野由美子さんの特筆をするべき点としては、鉄道ファンというところだろう。過去に瀧野由美子さんは、「新幹線の車両を見ているのが好きだ」などと話したこともある。STU48の彼女のプロフィールでは、瀬戸内のおすすめのものということで「SLやまぐち号」を挙げている。(瀧野由美子さんのプロフィールより)

瀧野由美子さんを見ると、真っ先に思い付いた人がいる。そう、SKE48を卒業をした松井玲奈さんだ。アイドルグループのセンターという最中核メンバー・鉄道ファンという共通点があるのではないかと思った。まさにAKBグループのアイドルと鉄道という点では瀧野由美子さんは松井玲奈さんの後継かもしれない?記事のタイトルのせとうちめぐりとはSTU48のイベント名から取っていった。

IMG_0505
そして新山口駅に着く。かつては小郡駅であったが、小郡町の山口市の市町村合併などの影響で新山口駅へと駅名が変わった。(ただ、新山口駅は小郡町の合併前に小郡駅から改称をされた)この駅から山口線で北上をし、津和野駅を目指す。津和野を目指すのは、そう瀧野由美子さんおすすめのSLやまぐちに乗るためだ。

IMG_0514
山口線の新山口(小郡)駅と津和野駅を結ぶSLやまぐちといえば、40年にわたり走っているSLの観光列車の西の雄ともいえる。しかも国鉄時代からの継続的にSLの観光列車が走っていることも特筆される。C57形1号機がけん引をし、展望室付きの客車が走り、時にはC57形1号機とC56形160号機の重連も行われたり、サロンカーなにわが客車としてけん引をされることもあるなど、まさにSLの観光列車では力を入れている列車で山口県の観光シンボルの一つだ。

IMG_0396
山口駅は新山口駅から普通列車で約20分の場所にある。この駅で多くの客が下りる。新山口駅(小郡)と山口駅の関係は群馬県の高崎駅と前橋駅の関係に似ている。すなわち、新幹線のある新山口駅(小郡)は高崎駅、県庁の最寄り駅の山口駅は前橋駅とすると関東ではイメージがつきやすいかもしれない。

IMG_0405
IMG_0400
山口駅の先で急坂を超え、盆地に入り、この盆地も一気に駆け抜け、急坂を降りると津和野駅に着く。山口線はこのように、起伏のある線路がSLの運転に適していたのかもしれない。この山口線では、新山口〜益田〜米子間を走る特急スーパーおきも走る。まさに幹線なのだ。

IMG_0409
そして津和野駅に到着をする。ここからは島根県だ。津和野は山口県と勘違いをしてしまうことがあるが、島根県だ。やはりこの辺りも赤瓦の屋根が多い。

IMG_0408
IMG_0415
IMG_0132
そして津和野駅に到着をする。待っていたのはSLやまぐち号のD51形の200号だ。D51形200号機は、昨年秋にSLやまぐち号でついにデビューをした。2016年秋に京都鉄道博物館へ行った時には、梅小路機関区で整備中だった。JR西日本にD51形が復活をするというのはずっと楽しみだった。私はSLの中ではD51形が最も好きな車両だ。それは4輪で走ることと炭水なども連結をし、力強さが出ているからだろう。D51形のSLやまぐちはデビューをして間もないが、いち早く見に行きたかったので今回は山口線を目指した。

IMG_0156
IMG_0413
IMG_0143

後ろには昨年SLやまぐちの客車としてデビューをした35系客車も連結をしている。昨年までは12系が使われていたが、客車も新しくなり、機関車も新しくなり、新しいSLやまぐちが昨年スタートしたのだ。次の記事ではいよいよSLやまぐち号の乗車の模様をお届けをしたいと考えている。

Hold your Hand 〜最初で最後の三江線の訪問 その2

IMG_9990a
3月末の中国地方の遠征。今年3月31日をもって廃止になった三江線。三江線の訪問記から2つを記事にしていく。前回の記事はこちらへ。


IMG_9920
IMG_9923
IMG_0229
IMG_0218
三江線で江津駅から乗車をし続け、宇都井という駅で降りた。この駅は116段の階段を上る三江線きっての名物駅だ。
IMG_0227
IMG_0228
IMG_9928
この駅だけは訪れたかった。とにかく階段が続く。駅からは谷間の風景が広がる。この駅が谷間にある駅であることがわかるようだ。赤瓦の屋根もこの地域らしい風景だ。多くの車が来ている。訪問はやはり自動車の方が便利なのかと思う。116段という階段は初めての人には大変だったかもしれない。

IMG_9932
IMG_9935
宇都井駅の訪問は約20分だった。三江線らしい駅を見て、次の目的地へ向かう。次の目的地は、宇津井駅から少し江津寄りの潮駅だ。桜の風景を見てきた駅だ。宇都井駅は15時35分に出た。

IMG_9936
宇都井〜潮で乗った江津行きは三次行きほどの混雑をしていなかった。三次から行った方がよかったのかな?潮駅の手前には桜名所がある。桜の下には多くの撮影者がいた。そしてその潮駅で降りる。潮駅の近くには温泉旅館があり、立ち寄り湯も可能らしいのだ。桜と温泉と・・私が求めているものがある駅だ。

IMG_0237
IMG_9939
IMG_0235
潮駅に止まるキハ120形だ。この駅は風光明媚な駅だ。桜に江の川に・・・まさに素晴らしい駅だ。このキハ120形の青の帯も江の川のイメージに合っているかもしれない。ただ今の時刻は15時55分。

IMG_9955
IMG_0242
IMG_0239
そのあとに温泉へ行く。この温泉き、入湯をする。そして、次は潮駅17時18分発に乗るからだ。時間が1時間20分以上ある。まさにお湯につかるにはちょうどがいい。420円で入湯ができるのだ。

IMG_9977
そして潮駅17時18分発の三次行きに乗る。ホームの端で桜と三江線のキハ120形を撮影をする。もうこの列車を逃したらおしまいだ。この列車は約7分遅れている。

IMG_9987a
IMG_9989a
IMG_0249

桜の中を抜けるキハ120形、そして広角に変えて江の川と桜とキハ120形。なんだかこの写真が最後の三江線を象徴をするような写真になってしまった。こんなに桜が満開なのに2日後には鉄道が走っていないとは・・・なんか切ない。桜が散るときはどのようになっていたのだろうか・・・想像をしただけも寂しくなってしまう。それくらい今年の桜は複雑だったのかもしれない・・・まさに桜覚えていてくれと言いたくなるのかもしれない。

IMG_0256
IMG_0253
潮駅からは三次駅まで約1時間40分乗車をする。大混雑で立っている。再び立ち旅だ。でも仕方ない。沿線からは桜が咲いているのが見える。まさに最後の花見列車だった。それにしても日が暮れるのが遅い。この日の広島県三次市の日暮れは18時25分くらいで、東京が当時が18時ころに日が暮れることを考えればかなり遅い。こんなに遅い時間帯まで日が出ているので桜が長く楽しめた。

IMG_0258
IMG_0257
予定時間よりも8分遅れた19時7分に三次駅に到着。芸備線の広島行きとは乗り換え時間が5分しかない。もしかたら三江線から乗れないかと思えば、待っていてくれた。なので三次駅ではわずかしか時間がなかった。

IMG_9978a
IMG_0247
JR三江線は最初で最後の乗車であったが、沿線からは江の川や三瓶山、赤い瓦の屋根、森林などが見え、風光明媚な路線であったが、まとまった集落がある場所が限られ、本当に鉄道を日常的に使ってもらえるのか?という正直な投げかけがあった。石見川本のあたりからも、大田市や広島などに高速バスが出ているようだ。沿線人口の減少と鉄道の運営の難しさをこの三江線では感じさせた。観光列車やSLなどの地域活性化もあったかもしれないが、それもかなり難しかったかもしれない。風景もよいかもしれないが、それだけでは鉄道の魅力が伝わらないというのも感じさせた。

IMG_0261
三江線から芸備線のキハ47形に乗る。広島までは約1時間50分と長い。広島から三次までこんなに長かったのかと思った。さっきまでずっと立っていたためか、やっと座れた。三江線のグタグタな中で、この芸備線が広くゆったり感じた。疲れているのでロングシートでも気持ちよく座れた。

IMG_0263
広島に着いたのは21時前だった。マツダスタジアムではプロ野球の広島カープの開幕戦の中日ドラゴンズとの試合を行っている。試合中であったが、試合が終わったら大変な数になるのかもしれないなと思った・・・

IMG_0278
やはり広島といえばこれを食べないといった意味がない。お好み焼きだ・・・この日は広島駅の近くのホテルに泊まる。野球観戦客が多数いそうなのでホテルも取れるかなと思ったが、1週間前に当初泊まる予定だったホテルから変更をした。やはり野球の観戦チケットが取れるか取れないかでホテルの空きが出るのかなと思った。

IMG_0282
ホテルがマツダスタジアムからも遠くない場所にあった。広島駅からマツダスタジアムへの道の途中には、広島カープの選手紹介の看板もある。その脇を700系新幹線のB・C編成が来たので撮影をした。700系の16両のB・C編成は山陽新幹線には1日1往復のひかりでしか定期列車がない。

IMG_0291
先日、亡くなってしまった衣笠祥雄選手の紹介もあった。2173試合連続に出場をしていたとは驚きだ。まさに広島ではもちろんのこと、野球界屈指のレジェンドなのかもしれない。ラジオの野球解説で最近までは活躍をしていたが、鉄人と聞いてこのような大記録があるとは・・・


IMG_0027
IMG_0108
翌朝は、桜名所の宮島を目指す。宮島の桜といえば、全国屈指の名所だからだ。宮島の桜は、一度は行きたかった。広島駅から宮島口駅を目指し、宮島口駅から船に乗る。この宮島口駅からの船がとにかく混んでいたのだ・・・

IMG_0132
そして、午後からは鉄道部門のメインイベントのあの山口名物のSLを追いかけに行く。この後は、次の記事へ。
記事検索
過去の投稿
カテゴリー
自己紹介と規約

・特急あらかわの自己紹介
2015年1月に新たに作成をしました。こちらの記事をご参照ください。

.あらかわ交通ノートの規約
2010年1月1日に制定しました。こちらになります。コメントやトラックバックに関する規定や画像についてのルールを書きました。

Twitter プロフィール
最近のトラックバックより
ツイッター
私のツイッターです。ブログよりも情報が早いこともあります。鉄道や地理、交通、写真撮影だけでなく、音楽やアイドルのことなどもよくつぶやいています。よろしければフォローをお願いします。(タイムライン荒らしや中傷誹謗目的などは一切お断ります)
ギャラリー
  • 渡良瀬橋の舞台へと〜東武伊勢崎線のレジェンド1800系がラストランを迎える
  • 渡良瀬橋の舞台へと〜東武伊勢崎線のレジェンド1800系がラストランを迎える
  • 渡良瀬橋の舞台へと〜東武伊勢崎線のレジェンド1800系がラストランを迎える
  • 渡良瀬橋の舞台へと〜東武伊勢崎線のレジェンド1800系がラストランを迎える
  • 渡良瀬橋の舞台へと〜東武伊勢崎線のレジェンド1800系がラストランを迎える
  • 渡良瀬橋の舞台へと〜東武伊勢崎線のレジェンド1800系がラストランを迎える
  • ライブドアブログ