あらかわ交通ノート

文章と写真などでお楽しみいただく鉄道を始めとした交通情報や旅行などを取り上げるブログです。鉄道や旅行、地理のこと、アイドルの話などさまざまな情報を発信をしていきます。

SL館山撮影記〜房総を走るD51-498を求めて

IMG_7361a
1月22日に、勝浦〜安房鴨川〜館山間で運転をされたSL館山の撮影へと行ってきた。その模様について報告をする。

今回のSL館山は、1月21・22日に運転をされ、群馬県の高崎車両区に所属をするD51-498号機と12系客車、更には救援車両を含めた編成で走る。車両自体は既に1月10日ごろからすでに群馬からやってきて、1月13日ごろから試運転が行われた。その為、10日以上、房総半島にSLがいたのだ。

今回は、南房総フリー乗車券を購入をしての撮影になった。この乗車券は、外房線の茂原〜安房鴨川〜内房線木更津までの区間や久留里線が乗り放題で、この地域の日東交通バスや小湊鉄道バスなども一部が使える。東京都区内からは4610円であるが、市川〜千葉間は3100円で済む。その為、船橋まで京成線や西船橋まで東西線、本八幡まで都営新宿線などを使えば、都区内からも安くいくことができる。ただし、前日までに買わなければいけないのは気を付けないといけないだろう。

IMG_7304
船橋まで京成で行き、船橋からは総武線で千葉駅へ。千葉駅が改装をされ、駅ナカのショッピングセンターになったのは既報の通りだがこの中のコッペパン屋に千葉や茨城・栃木などで販売され、今は全国人気になったジョージアMaxコーヒーのコッペパンがある。いかにも千葉らしいパンだ。それだけでなく、ピーターパンジュニアというパン屋があり、ここのメロンパンがおいしい。船橋駅でも改札の中にあるが、千葉駅でも開店をした。

IMG_7308
千葉からが蘇我駅まで行き、蘇我駅から特急わかしおで安房小湊へと一気に向かう。安房小湊駅は、勝浦駅の先にある。小湊鉄道はこの駅を目指して建設をされた。ではなぜこの駅で降車をするかといえば、以下の理由だ。

IMG_7211
IMG_7167
この安房小湊駅ではDL勝浦を撮影をするためだ。DL勝浦は、SL勝浦の送り込み列車で、館山〜勝浦間で走った。JR東日本がSLを出張運転をするときは、転車台などがないなどの事情から送り込みの列車はディーゼル機関車や電気機関車牽引の車両で営業運転をされることが多い。この場合は最後尾にSLが連結をされる。安房小湊駅では、DL勝浦は30分以上停車をし、DL勝浦の到着に合わせて、おもてなしが行われ、甘酒などがふるまわれた。

IMG_7204
IMG_7171
IMG_7173
安房小湊駅に群馬からの青い車両が停車をしている。安房小湊駅では駅長さんや乗務員さんなどがようこそ安房小湊へという垂れ幕などを出したり,SLに乗車をしている人たちを歓迎をしているようだ。

IMG_7187
IMG_7180
そして安房小湊駅では、SLのD51-498に会うことができた。D51-498号機は数年前に上部の左側に副灯がつき、2灯体制になった。降雪地帯の群馬県北部なども走るのでスノープラウなどもついている。これまであまり気づかなかったが、気づいてみればこれだけの変化があるのだなと感じた。

IMG_7195
IMG_7191
IMG_7197
IMG_7175

除煙板に4つの動輪に、炭水車両にD51-498号機のSLとしての形式写真をじっくり撮影をした。D51-498は最も好きな機関車で、昔、群馬を走るSL奥利根(SLみなかみの旧名称)に五能線のリゾートしらかみの原点ともいえるノスタルジックビュートレインの客車が連結をされていた時に、群馬まで乗りに行ったことがあった。その時が私の初めてのSLの体験で、それがきっかけとなってD51-498が好きな車両なのだ。安房小湊駅では細部をたくさん撮影をした。SLのシーンは何度見ても感動をしてしまう。それを狙いに安房小湊駅で下車をした。

IMG_7213
IMG_7214

IMG_7212
DL勝浦はDE10形の1704号機だ。勝浦をイメージをしたヘッドマークが描かれている。この列車は、DE10形の牽引によるが、赤いディーゼル機関車と青い客車のコントラストがなかなか合っている。

IMG_7231
IMG_7233
向かうは安房鴨川駅だ。普通列車で向かう。安房鴨川駅の近くの自転車屋で自転車を借り(400円)、撮影地を目指す。当初はバスで行く予定だったが、自転車を借りられて撮影計画が変わった。駅から歩くとなると40分から50分かかる。安房鴨川駅の近くのベイシアで200円のセルフカレーで昼食を取り、撮影地を目指す。ベイシアは千葉県内にも割と多い。なお、撮影地は鴨川シーワールドの先にある。鴨川シーワールドと言えば、鴨川屈指の観光地だ。

IMG_7264
撮影地は、安房天津〜安房小湊間の立体交差だ。ここは海を入れて撮影ができる。地図はこのあたり。超メジャーな撮影地であるが、やはりSLの晴れ姿を撮りたいと通過の2時間前の12時45分には既に数十人がいた。本当は別の場所も考えたが、このような舞台に撮影地の妥協はしたくない。撮りたいものを撮りたいと考えた。

IMG_7311
IMG_7337
しかしこの撮影地、架線の横柱をどのようにかわすかが難しい。撮影の際にこれが本当に難しかった。しかし前にいた人が、なんと踏み台を貸してくれて、少し高い位置で撮影をすることができた。いやなんともうれしいものだ。海を入れられるベストアングルを提供をしてくれたのだ。

IMG_7339
SLの通過時刻は14時30分ごろ。13時から14時の鴨川の気温は12度もあるが、風が6mある。海沿いだから仕方ないかもしれないが、日陰にいたので寒く感じたがいわゆる真冬のような寒さではない。だんだん人垣ができて、80人・90人と増えていく。

IMG_7356b
IMG_7358a
そして14時30分過ぎにその時がやってきた。SL館山がD51-498を先頭にやってきたのだ。とにかく望遠を使い、撮影に入る。横の架線柱がなかなか難しかった。

IMG_7369a
IMG_7368a

フィニッシュはこれらだ。見事に海を入れて、SLの姿を撮影ができた。普段はD51-498は群馬県がメインなので、海と合わせることは少ない。海とSL自体がまさに珍しい姿だ。

IMG_7376
ディーゼル機関車からは乗務員が手を振っている姿も撮ることができた。最後の最後に何かを撮ろうと思ったら、偶然にこのような写真でなんかよかった。SLに手を振るようなプロジェクトは今回も行われたようだった。

IMG_7364
そして自転車で安房鴨川駅に戻り、自転車を返し、今度は館山へと向かう。館山駅でSLを撮るためだ。安房鴨川から館山まで乗るのは2010年3月以来約7年ぶりで、前回は新潟にいる485系のNO・DO・KAに乗った。今回はもちろん209系だ。関東の駅百選スタンプラリーで訪れたこともある和田浦駅は花が咲いていた。駅に着くたびに、SL撮影と思しきカメラを持った客が乗ってきたのが印象的だった。

IMG_7394a
IMG_7401
館山駅に着く。人がたくさんいる。館山駅の南欧風の名物駅舎を入れて撮影をする。この館山駅も和田浦駅と同じく関東の駅百選に選ばれた。煙は出なかったが、SL独特のにおいがしていた。これだけ多数の人に出迎えられていた。わずかな時間で撮影をするのが少し困難だった。

IMG_7404
IMG_7408
そしてSLは館山駅を出る。これでSL館山は終了だ。この時間帯の館山はとにかく風が冷たかった。11度あったが、風は10m近かった。鴨川とは違う寒さを感じた。館山駅からの列車に遅れが出ていた。その後、千葉駅へ向かうが、特急に乗らなかったので各駅停車で時間が長くかかった。千葉駅では風の冷たさもなく、館山に比べて暖かった。

IMG_7370
これでSL館山の撮影記は終わるが、今回は撮影地でのご好意、満足のいく写真撮影などこれまでのSL撮影記ではかなりよかった。今年は年間10本を目指してSLに撮影に挑戦をしたい。SLの魅力は走っているだけではないというのを再認識させられる。走行だけでなく、止まっているところ、更には整備をしているところ、乗務をしているところなんにでもなるからSLは面白いのかもしれない。走行に偏重せずに色々撮りたいと考えた。

Maxときめく試運転?〜四季島とMaxとき315号の共演劇を撮る

IMG_6931
5月のいよいよ営業運転が開始をするJR東日本の新クルージングトレイン四季島。昨年9月の車両初登場から東日本各地で試運転が行われている。そのような中で1月に試運転の撮影へといってきた。

これは1月14日の試運転の模様だ。
IMG_6904
1月14日の試運転は14日の早朝に上野から東北本線の青森方面まで走ると聞いた。土曜日なので午前中のみが動けるので、近場を目指すことにした。その中で選んだのは伝家の宝刀的な王子の北とぴあにした。

IMG_6892
上野駅の出発は10時20分頃だ。王子の通過は10時27分くらいだ。ここでの構図は超定番の構図だ。今回は、俯瞰をして四季島を撮りたい。四季島の撮影は2016年9月23日の松戸駅以来2回目だ。10時すぎにスペーシアきぬがわ2号新宿行きが東武100系106Fの金のスペーシアが通過をした。新宿発着の列車に金のスペーシアが使われているのは相変わらずだ。

、いよいよその時がやってきた。10時27分頃の出来事だ。

IMG_6919
ん?新幹線と並行をしている。さあ、その新幹線と四季島が一緒にやってきた。新幹線はE4系新幹線だ。E4系は上越新幹線だ。E4系は全席2階建てで、輸送力がとてつもない。1編成817人のE4系新幹線と1編成34人の四季島という定員数に極端に差のある2つの車両の共演だ。

IMG_6925

E4系新幹線は2編成を繋ぎ、合計16両1634人というとんでもない輸送量を持っている。一方の四季島はこれよりも1600人少ないわずか34人だ。なんと48倍の差がある。さて、その48という数字が次のキーワードになるのだ。

IMG_6932


IMG_6933
IMG_0381

さて、その四季島と並行をする新幹線。列車名を調べると、とんでもないことになっていた。この列車、東京駅10時16分発の新潟行きの上越新幹線のMaxとき315号なのだ。普通に見ていけば、ただのE4系と四季島の共演のように見える。

IMG_8801
IMG_4889
IMG_8667
IMG_6935
IMG_6934
では、なぜこれがとんでもないかといえば、このMaxとき315号とは、NGT48の持っている数少ない楽曲だ。私は、NGT48の新潟の劇場に2回行ったことがある。そしてNGT48についても期待をしている点がある。従ってこの写真がMaxとき315号と四季島の共演という史上最高のシチュエーションになったのだ。ちなみにNGT48のMaxとき315号は、1月22日に水道橋のTDCホールで行われたAKBグループのリクエストアワーで見事1位になった。NGT48への期待の大きさを表している曲だ。

まさに個人的に興奮をしてしまうような写真を撮ってしまった。そのあとでのシーンもなかなか興奮のシーンが続いた。
IMG_6942
IMG_6945

651系絡みの写真を1枚目。北陸新幹線のE7系と特急あかぎに使われる651系だ。651系は群馬をメインに使われる車両は現在は直流専用であるが、天井部の機器などを見るとひたちで使っていた交直流時代のものを同じものだ。避雷計の一部が撤去をされたそうなのだ。

IMG_6956a
次の写真は、651系の上野駅への回送シーンだ。この写真に注目。651系と東武の100系金のスペーシアの特急スペーシアきぬがわ3号が通過をした。これは北千住ではありません。王子でのすれ違いだ。

IMG_6976a
IMG_7161
そして最後は、新幹線だ。これは秋田新幹線のE6系の単独の走行だ。それはなぜか。北海道新幹線のはやぶさ10号が、新幹線内でのトラブルで大きな遅れが出てしまい、盛岡から連結をするこまち10号だけが少しだけ遅れたらしく、はやぶさがなかなか来ないのでE6系だけが単独でやってきたのだ。東北新幹線内でE6系が単独で走るのは珍しい。四季島といいE6系といい奥山清行氏のプロデュースの車両が今日は王子で俯瞰をして撮影をすることができた。


IMG_8718
IMG_7116
先ほど出てきた、NGT48のことで余談であるが、NGT48は1月20日に水道橋のTDCホールで行われたNGT48の単独ライブで、4月12日にメジャーデビューが決まった。この曲は中井りかさんがセンターを務めることになった。また、新潟ローカルで日テレ系のテレビ新潟でロッチと組んだ番組も放送をするようになった。新潟。1月21日からは115系の赤と黄色のリバイバル塗装の車両の車両も走りだした。E129系のデビュー・115系の最末期、そしてNGT48のカラーに似たような色のキハ40形も製造から30年から35年が経過をし、先行きがわからない。NGT48も新潟の鉄道も今年は注目だ。

東武の500系特急車両とSL大樹のデビュー日が決定!!

IMG_7105
東武鉄道が、鳴り物入りで投入をする新型特急車両は500系であるが、そのデビュー日が決まった。2017年4月21日だ。また、SL大樹の営業運転の開始も2017年8月10日と決まった。

東武の特急リバティの運転概況は、以前も伝えたように、浅草〜東武日光・会津田島間の特急を中心に、朝夕はスカイツリーライナーという浅草〜春日部間の特急、平日には浅草〜大宮・野田市間、大宮〜運河間の東武野田線直通特急のアーバンパークライナーなどに使われる予定だ。また、1本であるが、浅草〜館林間の伊勢崎線特急のリバティりょうもう、浅草〜東武日光間のリバティけごんにも使われる予定だ。(特急関連はこちらへ)

IMG_7134
IMG_7132
IMG_1253
500系とは別に伊勢崎線系統の特急になるが、りょうもうが全列車久喜駅に停車をする。久喜駅は一部時間帯のみの停車だが、今回全列車が停車をする。特に伊勢崎線の久喜以北は宇都宮線からの利用者が非常に多い。久喜〜足利市や太田などの短距離利用を取り込むのかもしれない。また、久喜にすべて停車をすることによって、宇都宮線のグリーン車への対抗をするのではないかと思う。なお、浅草・北千住〜久喜間の特急料金は510円だ。久喜駅が京成船橋駅のように見える。

IMG_3561
IMG_3571
500系リバティの運転本数は浅草〜東武日光・会津田島間のリバティ会津・リバティけごんは4往復走る。分割・併合は下今市駅にて行われる予定だ。それ以外にも浅草〜東武日光間のリバティけごんにも使われることもある。朝夕は前述の通り、浅草〜春日部間の特急や野田線の直通特急、伊勢崎線方面にも使われる。

このダイヤ改正で、特急の初電が繰り上げられる。日光方面は朝の7時30分浅草発であるが、リバティけごんや会津の初電は浅草6時30分だ。伊勢崎線方面は、土休日は浅草7時、平日は朝7時40分であるが、これも6時50分発に繰り上げられる。確かに山手線から離れていることもあり、特急の初電は遅めであったが、これによって少し使いやすくなるかもしれない。

IMG_5152
また春日部特急(スカイツリーライナー)、野田線特急(アーバンパークライナー)は、本線のせんげん台駅に停車をし、浅草・北千住〜せんげん台間は410円、浅草・北千住〜春日部間は510円で乗れる。せんげん台〜春日部間ならびに野田線内は普通乗車券で乗れる。また、大宮〜運河間の列車は大宮〜春日部間に限り310円で乗ることができる。

IMG_4739
リバティの特急料金は、スペーシアと同じく、浅草・北千住〜春日部間は510円だが、41kmから60kmは930円、61kmから120kmまでは1230円、121km以上は1440円になる。新藤原〜会津高原尾瀬口間の野岩鉄道は370円、会津高原尾瀬口〜会津田島間の会津鉄道は300円だ。従って、浅草・北千住〜湯西川温泉は1810円、浅草・北千住〜会津田島間は2110円だ。

しかしながら、61kmから120kmまでが同じ料金なのは高すぎるのではないかと思うこともある。例えば、北千住〜栃木間は78.8kmあるが、この区間の特急料金は1230円だ。運賃は890円で、特急券の方が極めて高い。また、北千住〜新鹿沼間も100.7kmであるが特急料金が同じだ。

IMG_9578
IMG_1534a
300系・350系を使った特急きりふりやしもつけ(浅草〜東武宇都宮間)などは残存をする予定だ。

IMG_4836
IMG_4845
IMG_4877
そして、SL大樹の運転開始は2017年8月10日と決まり、下今市〜鬼怒川温泉間を走る。主に土休日などを中心に走る。お盆の真っ只中からの運転開始となるが、東武鉄道がJR北海道からC11形207号機を譲り受け、客車はJR四国から譲り受け、転車台はJR西日本などから譲り受け、さらに大井川鐵道や真岡鉄道などへも研修を受けているという。まさに東武のSLへの思いは他社からの手助けで大きく期待をされるこのSL大樹。この車両が栃木県の観光を面白くするかもしれない。(詳しくはこちらへ)

IMG_9615
IMG_0946
それとともに下今市駅も改修をする。SLの日常点検はここで行うそうだ。下今市駅なども大きく変わることでSL大樹への準備が行われる予定だ。

IMG_0944
IMG_5567
IMG_9478
500系特急リバティ・SL大樹と2017年の東武鉄道最大の目玉が決まったことによって、今後だ大変楽しみだ。しかしながら、ダイヤ改正では6050系がどうなるかも注目だ。6050系は快速や区間快速などに使われているが、この特急リバティの登場による特急の見直しで、快速・区間快速が廃止になるという話もある。快速は、浅草や北千住から栃木や新鹿沼などへ便利なのであるが、廃止にするならば、浅草〜新栃木間で10000系の急行などを走らせて欲しいものだ。

IMG_2093
最近の東武(本線系統)の写真も紹介をする。最近の東武の目玉は50000系50050形のクレヨンしんちゃんの車両だ。クレヨンしんちゃんは春日部を舞台をしている。

IMG_7146
黄色のクレヨンしんちゃんの車両は50055編成だ。撮影をしたのは半蔵門線の押上駅だ。

IMG_7147
IMG_7140
IMG_7135
車体にはクレヨンしんちゃんの野原しんのすけや妹のひまわり、両親のひろしとみさえ、愛犬のシロ、そしてしんちゃんの好きなアクション仮面、友人のマサオくんまで書かれている。

IMG_6841
IMG_6840
IMG_6839
IMG_6835
これは12月のある日に北千住駅で撮影をしたクレヨンしんちゃんの50050形の50057編成の赤バージョンだ。赤バージョンはしんちゃんの友人のネネちゃんをイメージをしている。

IMG_6837
テレビ朝日で25年も続き、金曜の夜の30分を長年ドラえもんとともに人気番組になっているクレヨンしんちゃん。半蔵門線乗り入れを中心に東急田園都市線にも乗り入れ、多摩川を越え、神奈川県内までこの車両が走っているから結構捕まえづらいのだ。クレヨンしんちゃんのこの車両は50050形だけでも、赤・黄色以外にも水色・緑・オレンジのバージョンもある。水色は風間くん、オレンジはボーちゃん、緑はマサオくんをイメージをしての色だそうだまさか5種類の色が出るとは思わなかった。当初は乗り入れ先などでいらぬ心配をしていたが、まさに「オラはにんきもの」のように好評で良かった。北千住に乗り入れているのを考えるとなんか常磐線を走っていた特急ひたち時代のE653系の色を連想させるな・・・E653系も偶然にもこの5色と同じ色だったし・・・

役者のデビュー日が決まった東武のダイヤ改正。あと3ヶ月あるが、普通列車や快速などはどのようになるのだろうか。今後の状況も気になるところだ。

2017年成田臨撮影記 その2 総武線を走る特急車両祭り!

IMG_6728b
IMG_6729a
当記事では2017年1月8日に総武線物井〜佐倉間で撮影をした特急車両を中心に紹介をしたい。この日は成田臨が数本走ったので、曇天にも関わらず行ってきた。

IMG_7088
IMG_7089
IMG_7094
IMG_7095
途中、JR千葉駅に寄り道をした。理由は2016年11月20日に千葉駅が大改装をされ、特に駅ナカの施設が充実をしたからだ。千葉のお土産や惣菜、弁当、スイーツなども買うことが出来る。千葉駅の万葉軒などの弁当屋や成田のなごみの米屋などもある。更にはマツモトキヨシなどの薬局やラーメン屋も入り、駅中が充実をした。大宮駅や立川駅などで行っている改札内のショッピングセンター化だ。

撮影に行くのは、総武線物井〜佐倉間の名所だ。物井駅から徒歩20分くらいの場所にある亀崎踏切だ。地図はこちらから。

IMG_6614
IMG_6628

まずは209系だ。千葉以東の成田・銚子方面は209系が主力だ。もともと京浜東北線を走っていたが、今は千葉の地で普通に走っている。しかしこの地域の209系はロングシートが主力だ。

IMG_6622
成田エクスプレス15号のE259系だ。この撮影地を選んだのは長編成への対応があるからだ。堂々とした12両編成だ。成田エクスプレスこそまさに東武の特急リバティの元祖のようだ。

IMG_6648
IMG_6650
本日1本目の成田臨の列車は、特急あずさ・かいじのE257系を使用をした山梨県の小淵沢からの快速成田山初詣やまなし号だ。E257系でも、あずさ・かいじのこの車両が千葉駅よりも東へ乗り入れるのはレアだ。後ろの表示がなにか変だ。この列車は甲府などの山梨県内はもちろんのこと、八王子や立川、そして新宿からも成田への直通列車だ。甲府〜新宿などは特急あずさよりも格安で行けるのだろうな。(全席指定席なので指定席券も追加購入をするだけで良い)

IMG_6653
IMG_6670a
6両の成田エクスプレス17号、9両の255系の特急しおさい3号だ。成田だけでなく、銚子方面の特急列車も走り、このあたりはまさに特急街道だ。

IMG_6671
IMG_6672
そして特急しおさい8号だ。一番右のライトが、切れている。ライトが切れたまま走っているのはどうなのだろうか・・・夜や早朝などの暗い時間はそれで大丈夫なのだろうか。

IMG_6681a
こちらは185系の成田山初詣横須賀号だ。横須賀や横浜からの成田への直通列車でもあるとともに、東京駅からも成田へ直通をする。全席指定席なのであるが、520円の指定席券だけでいいので、横浜・東京〜成田間では総武線のグリーン車よりも安く乗車が可能だ。

IMG_6660
IMG_6690
この区間は、東京方面からもE217系が乗り入れる。多くは成田空港行きのエアポート成田という列車だが、東京駅からは成田空港へも最近は、京成バスなどが1000円のバスを走らせ、東京〜成田空港間の普通運賃はこのバスよりも高い。千葉方面の列車は普通では面白くないから2階建てグリーン車の通るシーンを撮ってみた。このような視点も良いかなと思う。


今回の最大の目玉は平塚駅から走る成田への団体専用列車だ。この列車には豊田車両センターの189系が充当をされる。何色が充当をされるか。M51の国鉄色かそれともM52のグレードアップあずさ色か。途中の駅でみたフォロワーさんの話では国鉄色だそうだ。千葉県佐倉の1月8日の11時の温度は5度前後、寒い中待っていた。そして12時過ぎにやってきた。

IMG_6728
IMG_6729a

12時過ぎにその平塚からの成田への団体専用列車がやってきた。189系の国鉄色のM51編成だ。今月3本目の189系の撮影だ。往年の特急しおさいなどを彷彿させるような色と走りだ。そして後ろを追うと・・・あとは雨に降られずに助かった。

IMG_6731
後追いの写真に注目。右上をよくよく見ると、飛行機の姿が小さく写っている。成田空港を飛び立つ飛行機と最後の国鉄色の189系のコラボレーションの組み合わせが実現をした。はじめは、気付かなかったが、まさかこのようなコラボレーションが実現をしているとは・・・撮影をしてこのような意外な発見があった。まさかのコラボレーションが起きてしまい、自分でも驚くばかりだった。このような組み合わせは今後撮影が出来るのだろうか。

IMG_6710
約100分、平均気温5度の物井〜佐倉間の名所にいたが、物井駅に戻った途端、総武線が都賀駅で人身事故の影響で、総武線が止まった。さあどうしようかと思った。物井駅にはバスが乗り入れているも京成佐倉行きのバスは、この時間帯はない。隣の四街道へ行けば、京成の臼井、佐倉へ行けば京成の佐倉へのバスがあると思った。そんな中、この撮影地は過去に自動車での訪問経験があった。物井駅から少し歩き、幹線道路に出れば、四街道駅からの京成の臼井行きのバスに乗れるだろうと思いだした。物井駅から約25分歩き、千代田団地入口というバス停まで行く。

IMG_6733
IMG_7099
その途中には九州資本のホームセンターのナフコもあった。ナフコは山陽新幹線から見ることもあり、中国地方や九州へ向かっているのだなと実感させられるチェーン店だ。まさか千葉県の四街道にあるとは・・・それはともかくとして、千代田団地入口というバス停から京成の臼井駅(京成佐倉行き)のちばグリーンバスに乗ることができた。もともとこの四街道と臼井・京成佐倉を結ぶこのバスに何回か乗車歴が有り、それでうっすらと知っており、さらに前述のようにこの撮影地に自動車で行った事もあるのでなんとなく土地勘があった。あまりにも奇跡的な?行動が鉄道の代行でバスへの乗車を決め、総武線の大混乱を逃れたのだ。この人身事故、成田エクスプレスによるものだそうだ。なぜ成田エクスプレスは人身事故が多いのか・・・、写真を見たらその姿は痛ましかった・・・人身事故でも成田エクスプレスばかりを狙うのはいかがなものだろうか。

2017年成田臨撮影記 その1 189系と我孫子の名物を求めて

IMG_5983b
毎年1月になると成田山新勝寺への団体専用列車が各地から運転をされる。その中でも、今年の成田臨で注目の車両の撮影を中心にここでは紹介をする。

今回は成田臨の撮影を1月2日と1月8日の2回行った。1月2日は常磐線経由の成田臨を中心に紹介をしていく。

まずは1月2日、この日は我孫子駅で成田臨を撮ることにした。この日の成田臨は、高尾駅から中央線・武蔵野線・常磐線を経由をし、成田線我孫子支線を経由をし、成田駅へと向かうものだ。この設定に189系が使用をされるというのはあらかじめ決まっていた。189系のうち、どの色が来るのか?国鉄色のM51かそれともグレードアップあずさ色のM52か。豊田にいる189系は3本いるが、M50の場合は、土休日ダイヤではたいていは、新宿〜河口湖間で走るホリデー快速河口湖に使用をされるので、今回はこの2つのうちどれかだと思った。

IMG_5967
IMG_5972
IMG_5969
とりあえず我孫子まで行ってみることにする。我孫子駅には週末に運転をされる踊り子161号が停車をしている。我孫子〜伊豆急下田間を走る列車で、常磐線沿線から湘南・伊豆方面はもちろんのこと、柏・松戸・北千住〜横浜・小田原などの移動もできる。北千住〜小田原間では千代田線・小田急線のメトロはこねと競合をする。北千住〜小田原間の特急料金は、メトロはこねに比べれば300円ほど高くなる。我孫子駅の名物そば屋・弥生軒と入れてみることにした。185系のOM09編成は元々群馬をメインに走っていた編成であるがこの色は少なくなっている。


IMG_5975
10時45分に我孫子駅を出る踊り子161号。161号伊豆急下田行きは土曜日に走ることが多い。逆に162号伊豆急下田発我孫子行きは日曜日に走ることが多い。なので気をつけなければいけない。常磐線方面から横浜のイベント(パシフィコ・日産スタジアム・横浜スタジアムなど)にも便利かも知れないが、朝10時台から11時台の出て、横浜に12時台に着くので午後のイベントには最適だろう。

さて、団体専用列車を待つ。10時50分頃にやって来る。さあ、何色の車両が来るのか?

IMG_5983a
IMG_5985
IMG_5981
やってきたのはM51編成、国鉄色の車両だった。まさか最後の国鉄色の車両がこの団体専用列車に使われるとは・・・よくぞ荒川や江戸川の向こうにやってきたと言いたい。

IMG_5999
我孫子駅ではホームのない中線の3番線に停車をする。対向列車がなく、後ろから形式写真を撮る。この車両が我孫子駅に乗り入れるのはいつまでなのだろうか。

IMG_6001
そして我孫子らしい写真をここでは紹介をする。4番線には成田線我孫子支線のE231系。そしてホーム上にある弥生軒だ。弥生軒と189系の国鉄色というここにいることを証明をするようなスナップを撮影をした。

IMG_6005
IMG_6893

正月とあり、子供を抱えたお父さん(かもしれない)が列車を見ている。別の家族連れもいる。弥生軒は旅行客などを含め、多くの人達で賑わっている。我孫子駅の弥生軒、とりわけ唐揚げそばは名物だ。唐揚げのサイズが大きいのだ。それを求めているのだ。余談であるが、最近では新京成の五香駅前や新津田沼駅の松戸方面ホームにも出店をしている。旅人に親子連れにまさに正月らしい撮影をしていた。我孫子駅に懐かしい色がやってきて、どのように思うのだろうか。

IMG_6006
IMG_6007
出発前の一コマより。車掌室から車掌さんが合図をしているのか、体を出している。いよいよ成田へ向けて出発をするのかもしれない。今回の撮影はただの駅撮りではないこの時期らしい雰囲気とこの地域らしい雰囲気を感じて撮影をすることができた。正月の景色・名物のそば屋の景色、なにか我孫子らしいこだわった撮影ができた。このような風景は、我孫子駅を通過をする特急ひたちやときわとはまた一味違う風景かもしれない。正月から良いものを撮影をした。今は我孫子駅には小田急の車両もやって来る時代だ。小田急車と弥生軒とか次はやってみようかな。

IMG_6897
我孫子から柏に向かい、柏からは東武野田線で船橋へと向かう。野田線は、千代田線ではアーバンパークラインとアナウンスされているが、常磐線では野田線のままだ。アーバンパークラインは使いたい気持ちはわかるが、野田線の方がまだまだわかりやすいのではないかと思う。(北千住の東武スカイツリーラインは千代田線・常磐線とも更新をされた)写真は昨年秋に閉店をした柏そごうだ。そごうと隣接をしているビッグカメラは今でも健在だ。柏の場合は、つくばエクスプレスの開通などで商業地の分散化が進んだのも一因かも知れない。

IMG_6681a
次の記事では1月8日の総武線での成田臨を中心にまとめていきたい。この日は天気は曇天であったが、とにかく華やかだった。記事の紹介は後ほどに。

京都鉄道博物館訪問記 その2〜スカイデッキと梅小路の蒸気機関車館でのSLを紹介をする

IMG_3219
2016年11月28日の京都鉄道博物館の訪問記。その第2弾は、京都鉄道博物館のスカイテラスでの風景と梅小路の蒸気機関車館から紹介をしたい。この記事からは、昨年末に紹介をした東海道新幹線のうちドクターイエローと700系新幹線についてはのぞいている。第1弾はこちらから。東海道新幹線の一部を紹介をしたものはこちらから。前回の記事から5週間も経ってしまい、かなり遅れてしまい、すいませんでした。

IMG_3192
京都鉄道博物館は、JR東海道線(京都線)、JR嵯峨野線、そして東海道新幹線に面しているために鉄道を見ることができる。そこは大宮の鉄道博物館と似ている。

IMG_3198
IMG_3206

上は東海道新幹線、下はJR京都線だ。ここでは東寺をバックにして写真を撮ることができる。私が京都鉄道博物館へ早く行きたいと思ったのは、ここから東寺をバックにして鉄道を撮影をしたいということがあった。いかに京都だとこれがわかるからかもしれない。過去に神戸の川崎重工から甲種輸送をされた千代田線の16000系などをツイッターで見たことがある。京都鉄道博物館では思わぬ車両との組み合わせを撮ってみたかった。

IMG_3216
IMG_3215
IMG_3220
こちらは京都と関西空港を結ぶ281系の特急はるかだ。特急はるかと京都の東寺を出してみた。現在、関西空港は訪日外国人やLCC客などで多くの賑わいを見せている。特に京都市や神戸市などはインバウンド利用の多い都市だ。特に京都のホテルは取りにくい状況になっている。このような客などを乗せて特急はるかは走っている。

IMG_3224

IMG_3250
関西らしい車両を2つ。まずは117系だ。現在、117系が最も東で走っているのは京都総合車両運転所に所属をしている車両だ。主に湖西線や草津線で走る。117系は長くこの地域ではお馴染みの車両だ。一時期は、浜松から下関まで見られたが、今はJR西日本の京都・和歌山・岡山の3箇所がメインだ。221系はご存知、四半世紀以上、この地域の快速や普通列車の車両でこの数年ではリニューアルも進んでいる。

IMG_3467
次は梅小路蒸気機関車館へと話をつないでいく。京都鉄道博物館は、梅小路の蒸気機関車館と新設をする鉄道博物館の複合施設であることはご存知の通りだ。今回はこちらの梅小路の蒸気機関車館とあわせて紹介をしていく。

IMG_3402
IMG_3409

京都鉄道博物館に展示をされているSLはC62形の26号機だ。これはかつて大阪の交通科学博物館に展示をされていた車両だ。Cなので三輪、62形なのでテンダー式の機関車だ。

IMG_3458
博物館内はこの日は機関車の頭出しの日だったので、多くのSLがいた。

IMG_3424
京都鉄道博物館の常設のSLといえばSLスチーム号だ。この日は、C61形の2号機が牽引をすることになる。ここではSLスチーム号について主に取り上げていきたい。

IMG_3423
IMG_3446

SLスチーム号は梅小路時代から続くSL列車だ。京都鉄道博物館へのリニューアルにあたり、車両自体もリニューアルをした。300円払えば乗ることもできる。

IMG_3433
IMG_3435
これは梅小路の蒸気機関車館内で入れ替え作業をするC62形の2号機だ。下からも煙を出している。このような姿にSLは惹かれてしまう。このC62形2号機もSLスチームに使われることもあるのだ。

IMG_3450
IMG_3515
C61形・C62形の並んだシーンだ。2つの機関車がこの京都鉄道博物館では主力の車両だ。

IMG_3459
IMG_3472
転車台には、C56形の160号機がいる。この車両はSL北びわこでお馴染みの車両だ。56なのでテンダー式の機関車だ。東武のSL大樹で走るC11形と違いタンク式ではない。テンダー式は、後ろに炭水車を備えている。これはSLにおいては基礎知識かもしれないが、改めて知ってみると面白いものだ。

IMG_3483
IMG_3486
IMG_3487
この梅小路にいるときに、SL北びわこの相方の客車の12系がEF65形に引かれて大阪の宮原車両区へと改装をされるシーンを偶然に見てしまった。時間を知っていたらデッキで東寺とともに撮影をしていたのに!と思った。前日、SL北びわこが米原〜木ノ本間で運転をされたのであるが客車だけは別に回送をした。

IMG_3527
屋内の検修倉庫では、D51形200号機が検査を受けていた。この車両は近い将来に営業運転に復帰をする可能性もある。その為に車輪も炭水車も外された状況になっている。この車両は、SL北びわこなどにも充当をされる可能性もある。この牽引の北びわこなども楽しみだ。

IMG_3497
ここにいるSLは多くの車両がいる。菊紋章をつけたC58形1号機などもここでは撮影をした。ここでいちいちすべてを紹介をすると記事が長くなるからここでは省略をする。

IMG_3239
IMG_6066
京都鉄道博物館のスカイテラスと梅小路の蒸気機関車館とあわせて、京都鉄道博物館の特徴は生で走行をしている車両の姿を見ることとSLについての生での体験ができるところにあるのかもしれない。スカイデッキからは東海道新幹線とJR京都線を走る列車・京都総合車両運転所への回送の車両を見ることができる。そして梅小路の蒸気機関車館ではSLスチーム号を通じて、SLの生の姿を見ることができるだけでなく、検修倉庫ではSLの整備なども見ることができる。これだけでも他の鉄道博物館とは違うということが感じさせられる。次の記事では、京都鉄道博物館の屋内展示を中心に見てみることにする。


Sのシナリオ〜西武と有楽町線・副都心線・東急東横線のS-TRAINを運転へ

IMG_6578
2017年3月25日より、東京メトロ副都心・有楽町線を介して、西武池袋線・東急東横線へと乗り入れる有料列車のS-TRAINが運転を開始をする。この列車は、西武鉄道の新型車両の40000系を使用をし、平日は所沢〜有楽町線豊洲、土休日は西武秩父〜副都心線渋谷〜東急東横線・みなとみらい線元町・中華街間で運転をされる。S-TRAINの公式サイトはこちらへ。

IMG_9896
IMG_0077
IMG_0086
7F759FD7-04D3-4A4D-90E3-B28C478F32DD (1)
この列車に乗るには、300円から1060円の指定席料金が必要になる。事前に購入をしていればこの代金になるが、乗車券を買わずに飛び乗った場合は、200円の飛び乗り追加料金が取られる。

IMG_2431
IMG_4355
平日は、西武池袋線から有楽町線へと走る。西武池袋線内は所沢・保谷・石神井公園に停車をし、有楽町線へと乗り入れ、飯田橋・有楽町・豊洲に停車をする。所沢発は、平日朝1本、夕方から夜に3本走る。豊洲発は夕方から夜に3本走る。所沢発の朝の便ならびに豊洲発は通勤利用として重宝されそうだ。所沢発は、所沢・保谷・石神井公園が乗車駅になり、飯田橋・有楽町・豊洲は降車駅になる。豊洲発は乗車駅と降車駅が逆になる。この列車の場合は代金は、510円均一だ。有楽町線沿線は飯田橋・有楽町・豊洲とオフィス街の駅に止まっていく。豊洲駅は、この数年で利用者が急増をし、20万人を超えている。そして、最近折り返し線が再整備をされた。写真は豊洲駅から出るゆりかもめ、昨年末に閉店をした有楽町の銀座プランタン。(→3月に新ショッピングセンターに生まれ変わる)

IMG_2397a
CIMG7173
IMG_5803
IMG_9155
土休日は、横浜方面から秩父へと走る。1往復は元町中華街〜西武秩父で走る。元町中華街発はこの列車を含めて3本が走り、夕方に元町中華街から所沢・飯能へと走る。逆方面は西武秩父発だけでなく、飯能発も1本が走る。横浜発の秩父方面だけでなく、所沢方面から横浜方面へのアクセスとしても走る。
土休日の列車は、みなとみらい線・東急東横線内は、元町中華街・横浜・自由が丘・渋谷に止まり、副都心線内は新宿三丁目・副都心線池袋に止まり、西武線内は石神井公園・所沢・入間市・飯能・西武秩父に止まる。西武線内は特急レッドアロー並みの停車駅だ。ただし、副都心線池袋駅では降車のみで乗車はできない。写真は秩父の代表的な風景の秩父鉄道のパレオエクスプレス、羊山公園の芝桜と武甲山、横浜の代表的な風景のみなとみらい・J1の横浜Fマリノスの本拠地の日産スタジアムと富士山を出す。特に飯能〜横浜間の列車は横浜スタジアムや横浜の日産スタジアム・パシフィコ横浜等でのイベントにも便利だ。

IMG_8622
CIMG1852
IMG_1131
IMG_6585
似たような使い方で、埼玉西武ライオンズの西武プリンスドームでの野球観戦に便利な列車を走らせて見ても面白いかもしれない。また、セパ交流戦の時に埼玉西武と横浜DeNAの試合が行われるときは、西武プリンスドームか横浜スタジアムにも行けるような列車を走らせても面白いだろう。現在の交流戦は、片側の野球場での試合をやることを原則にしているので、埼玉西武と横浜DeNAの試合がある時は、どちらかでしか開催されないことになる。ちなみに今年の埼玉西武と横浜DeNAの試合は西武プリンスドームで開催をされる。埼玉西武は中村剛也選手、横浜DeNAは筒香嘉智選手と両チームを代表をする選手を出す。

指定席料金は、平日は前述のとおり510円均一であるが、土休日はかなり複雑になる。渋谷駅から例にすると、東急東横線の元町中華街方面は350円に対して、渋谷から西武線方面の所沢・飯能は510円、西武秩父は710円となる。西武線方面の価格は新宿三丁目から乗っても同じだ。新宿三丁目駅から乗る場合は、西武線方面は渋谷方面と同じだが、東急線方面は560円となる。なので新宿三丁目駅から乗る場合は料金に気を付けないといけないかもしれない。西武線内相互利用時は、300円から500円となる。石神井公園〜飯能から東急線方面は860円、西武秩父から東急線方面は1060円となる。平日に比べて、土休日は長距離になる分、かなり料金が複雑になる。

西武40000系は、ロングシートにもクロスシートにもできる東武東上線のTJライナーの50090形のような車両だ。コンセントやWi-FiもさらにはWCもある。通勤車両としてはかなり優秀な車両だ。既に西武線内に限らず、副都心線や東急東横線などにも試運転で乗り入れている。東急ではWCのついた車両の投入はもしかしたら初めてかも知れない。まだお目にかかっていないが、西武の車両としては意欲的な車両になりそうだ。乗車をするのも楽しみだな。初めのうちは指定席料金を払っても乗りたい。

F9542FB9-6EB7-45AB-BE71-A9220A0F686F
C47F3F67-D911-4390-8001-F12630DF0C67
秩父にSLなどを撮影をするのも良いし、横浜でのイベントなどで乗るのも良い。所沢であれば、埼玉西武の野球観戦やぎょうざの満州めぐりも面白いかも知れない。また、平日は通勤だけでなく、送り込みで夕方というか昼間の豊洲方面に走る列車もある。西武40000系は横浜から秩父、更には有楽町線の千代田区・中央区・臨海部のオフィス街までさまざまな魅力を伝えていく車両になりそうだ。
記事検索
過去の投稿
カテゴリー
自己紹介と規約

・特急あらかわの自己紹介
2015年1月に新たに作成をしました。こちらの記事をご参照ください。

.あらかわ交通ノートの規約
2010年1月1日に制定しました。こちらになります。コメントやトラックバックに関する規定や画像についてのルールを書きました。

Twitter プロフィール
最近のトラックバックより
ツイッター
私のツイッターです。ブログよりも情報が早いこともあります。鉄道や地理、交通、写真撮影だけでなく、音楽やアイドルのことなどもよくつぶやいています。よろしければフォローをお願いします。(タイムライン荒らしや中傷誹謗目的などは一切お断ります)
ギャラリー
  • あと4週間となった東武のダイヤ改正を前に〜6050系と500系の新特急の写真などから
  • あと4週間となった東武のダイヤ改正を前に〜6050系と500系の新特急の写真などから
  • あと4週間となった東武のダイヤ改正を前に〜6050系と500系の新特急の写真などから
  • あと4週間となった東武のダイヤ改正を前に〜6050系と500系の新特急の写真などから
  • あと4週間となった東武のダイヤ改正を前に〜6050系と500系の新特急の写真などから
  • あと4週間となった東武のダイヤ改正を前に〜6050系と500系の新特急の写真などから
  • ライブドアブログ