あらかわ交通ノート

文章と写真などでお楽しみいただく鉄道を始めとした交通情報や旅行などを取り上げるブログです。鉄道や旅行、地理のこと、アイドルの話などさまざまな情報を発信をしていきます。

神戸空港の開港など

f763b7af.jpg昨日、神戸空港マリンエアが開港した。近畿圏では、伊丹・関西に続く3つ目の空港でもある。当空港では、3100億円の費用をかけ、1日27本の飛行機が東京や熊本、札幌などに飛ぶ。
この神戸空港は、第三種の市営空港で、2500mの滑走路が神戸市の埋立地・ポートアイランドに位置する。ポートアイランドは、70年代の宮崎辰雄市政に行われた「海へ、山へ」で知られる公共デベロッパー政策の最も有名なものである。丘陵地に団地を作る代わりにそこの土砂を使用して、神戸のポートアイランドを建設した。
神戸空港は、近距離内に3つの空港が位置し、特に関空とは航空進路が重複することで、低空飛行を余儀なくされることや3つの空港をどのように使用するかという点で問題を多く抱えている。これは、国際空港建設を諦め切れなかった神戸市民が国際空港の関空が泉佐野に建設が決定した際に、建設を決めたもので、市民に振り回された点がある。これは、「建設至上主義で政策不在」の国内の航空行政をあらわしているように見える。日本の航空行政は三種に分かれている空港の種別によって、権限が国・都道府県・市町村に分かれているので、序列意識や縄張り意識など行政の悪弊がそのまま現れているので、これも問題であろう。

私は、公共事業などによる社会資本の整備には、条件付で賛成する。建設しても良いが、地域に負担をかけないような創意工夫を行うべきではないかと考える。神戸空港の場合は、風当たりが強いのは、例の風潮が市民に見抜かれたためではないかと思われる。また、神戸市の公共デベロッパー型都市経営もバブル期の80年代までは成功していた点があるが、90年代には矛盾が生じ、阪神大震災で破綻した。
神戸空港の開港は、伊丹の廃港などが条件とされた。しかし、伊丹は依然として残り、大阪の空港の中核をなしている。個人的には、両空港を生かすには、伊丹は東日本、神戸は西日本、関空は国際線と国内線の乗り継ぎ空港とする。東京方面は、両方とも乗り入れるが、比率を決めたほうが良いのではないかと思う。その点で、ANAやJALの行っているマルチターミナル制度は、導入して正解ではないかと思う。

一方、東京方面の交通機関として迎え撃つ、東海道新幹線は、神戸への運転本数(1時間4本)やエクスプレスカードの利用拡充、神戸空港の利用圏に当たる姫路方面からの利便性向上など対抗策を打っている。ちなみに姫路方面は、多くの利用客が新幹線を選び、空港はあまり高く評価されていない。

神戸空港は、作ってしまったのだからどう生かすかに全てがかかっている。上手く生かすには、航空政策の転換しかない。これまでの建設至上主義・政策不在の中で行った場合は、負債だけが多く残り、将来に対する希望が見られなくなる。空港行政こそが、現在の日本の行政の実態を表しているにも見える。空港のほうも、民営化し、民間の知恵が働くような政策を行って欲しい。

北総7000系の思い出と現状

23a68642.JPG亀有の両津像の見学後、向かった先は高砂だった。亀有から高砂であれば、京成タウンバスの小54系統(亀有駅〜高砂駅〜京成小岩駅)が最も便利であるが、今日は亀有から金町まで乗車し、京成金町線を経由して、高砂に向かった。

最近のニュースで北総線7500系が2006年2月20日から運転開始され、その代替に7000系が廃車になるというのだった。7500系は京成3000系や新京成N800系の北総バージョンでもある。
7000系は、自分にとってはこんな思い出がある。今から16〜7年前の小学校の時に、ヤマケイ鉄道ガイドブック・京成を読んでいたら、この車両の紹介があった。当時、この車両は、新京成線松戸〜北初富間と北総線北初富(当時)〜千葉ニュータウン中央間でのみ走る車両だった。この車両の特徴ある前面、つり革なしの電車などにほれ込み、子供ながらにこれは面白い電車があるなと思った。そのとき、「将来、鎌ヶ谷から高砂までの延伸が完成したら京成線・都営浅草線の乗り入れも予定」という文章があった。その際に、「早く(当時の自宅の最寄り駅の)青戸に来てくれ!!」と乗り入れを切望していた。その時、この車両の前面の絵も何回も書いていたくらいだった。いわば憧れの車両だった。
そして1991年3月31日、北総線の新鎌ヶ谷〜高砂間の開業及び京成線・都営浅草線乗り入れとともにこの車両が青戸駅に乗り入れた。この時は、ついに来たかと感動してしまい、喜びのあまり、興奮状態になってしまった。



北総7000その1

私の小学校のときの願いが叶い?、青戸駅に乗り入れた北総7000系(2003年撮影)

この後、物珍しさはなくなり、日常空間である京成線や都営浅草線に乗り入れ、葛飾に住んでいた2003年1月まで11年にわたって乗車した。つり革なしを見たかったが、やはりラッシュのある路線には危険と判断され、設置された。ニュータウン開発の鉄道のために作られた電車が、地下鉄で浅草や銀座を越え、品川へ、そして多摩川を越え、川崎や横浜、逗子へと向かった。最近では羽田空港にも多く行き、千葉の一区間だけしか走っていなかった電車が東京の多彩なエキスを吸って15年近く走ってきた。個性的な電車の多い浅草線系統の乗り入れには、この電車の個性は徐々に埋没してしまったのが少し残念だった。

今日、高砂からこの電車に乗車する。行き先は羽田空港行きだ。車内は、小豆色を使っているためかやや暗く、最近の電車に比べて見劣りがするのが残念だった。昼間のためかガラガラであった。この長閑さが東京で味わえるのが京成線の一つの魅力でもある。この電車は今日も下町や浅草、日本橋の地下を駆け抜ける。まだまだ現役バリバリでもあるが、やはり車内の見劣りや制御装置の老朽化(あまり廃熱を出さないチョッパ式でもある)が廃車への一因なのか勘繰りたくなった。降車したのは品川駅であった。本来は急行運転による駅通過を味わいたかったが、時間がないので今日は品川駅でやめた。
余談であるが、京急もN1000系の量産が急ピッチで進んでおり、まだ京成沿線に住んでいる頃は、乗り入れ本数が極めて少なかったが、今では結構な数が乗り入れる。数年前の主力だった1500系ですら以前ほど乗り入れなくなったようにも見えた。
小学生だった時の憧れから始まり、乗り入れて興奮状態に陥り、その後は自分の生活のあらゆる場面でお世話になった北総7000系車両。廃車されるのはとても残念だが、最後まで頑張って活躍して欲しい。

北総7000系その2

北総線に乗り入れない羽田空港・西馬込発青戸・高砂行きといった列車も平日朝夕には存在する。(99年立石駅にて撮影)

亀有駅前に両津勘吉の銅像完成!

63fdbcdb.JPG2月11日、亀有駅前に「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主役の両さんこと両津勘吉巡査長の銅像が完成した。場所は亀有駅北口で、ヨーカドーなどがある南口バスターミナルの逆側にある。大きさは163cmの特身大像で、今日も人で賑わっていた。同時にスタンプラリーもあったが、時間の都合上参加が出来なかった。

新聞記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060211-00000069-kyodo-socihttp://www.t-yomiuri.co.jp/news/back_no/20060127_03.html

私が葛飾区出身(それも亀有の隣)とあり、大のこち亀好きなのはこのブログで何度も書いた。こち亀は、今年で30年を迎える。これだけ長寿で休みなしで書いている秋本治先生には感謝の念を送りたい。。
両津像の設置理由として、30年も続き、8年以上もアニメで続き、これだけの人に愛されているこち亀の舞台を象徴するものがなかったためでもある。また、寅さんでイメージされる人情・下町のイメージを更に深めた葛飾区としても良き地域資源があるのにそれを生かす目的もある。

もう一つは南口に3月上旬にアリオ亀有というショッピングセンターが開店し、客が流れ、商店街が空洞化してしまうのを防ぐために設置した側面もある。しかし、亀有は、韓国料理の専門店やうなぎなどの料理屋など地域が誇れる店も多い。アリオ亀有は魅力的なショッピングセンターかもしれないが、それ以外でも亀有は魅力的なものも多い。
両津

この両津像の設置で亀有の更なる活性化を望みたい!!これは出身者としても大きな願いだ。世間では表参道ヒルズが話題であるが、千代田線で一本の亀有も負けてはいない!!

ひらがなの市町村名

市町村合併で平仮名の自治体名が全国で多く誕生している。ひらがなの市町村名を乱発することには、私は基本的には反対だ。「さいたま市」「みなかみ町」「いすみ市」「つくばみらい市」・・・イメージで柔らかさを強調するために平仮名の市町村名が多く使われるが、平仮名の地名は、地名に対する威厳を殺してしまっているようにも見える。私が非常に失望したのが、群馬県みなかみ町で、ここは水上町と上越新幹線上毛高原駅のある月夜野町などが合併して誕生した。水上は一大温泉地で、上野駅から特急「水上」号が運転され、知名度はある。NHKの天気予報では、合併前は「水上」と出ていたが、合併後は平仮名で「みなかみ」になって、重い地名が急に軽くなってしまった。画面からはこのようなオーラが感じられない。

駅名でも言えるが、難読地名を平仮名にするのであれば、少しは理解が出来る。しかし、読めそうな市名にむやみに平仮名ばかり使われていては、地域や市名に対する概念が軽くなりかねない。漢字は、一部で当て字もあるものの、地域の意味などがあるからこそ成立するものであり、平仮名ばかりでは、歴史などもへったくれになってしまう。読めそうな字を平仮名にするのは許せない。(青森県つがる市、石川県かほく市など)対照的に千葉県匝瑳市(八日市場市と野栄町の合併市名)のように「そうさ」という難読であっても、平仮名でないのは好感が持てる。なぜ平仮名が多いのだろうか。

ぶらり途中下車の旅・京成編

54c8bfad.JPG関東ローカルの名物番組「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ)は今日は自分の出身地である京成線を放送したので、楽しんだ。順番は京成佐倉をスタートに船橋、青戸、日暮里、上野と降りるコースであった。

青戸はいうまでもなく、自分の出身地。焼き鳥機の製造工場を放送していた。あれ、青戸ってこんなものあったっけ?と思いきや、なんとこの工場の所在地は、葛飾区西新小岩!!で青戸から歩けば少なくとも30分以上!!かかる所にある。実際は立石や四ツ木の方が近いのによりによって青戸で取り上げるのか、理解できない。もう一つ不可解なのが、上野の途中下車。行き先は合羽橋の道具街!。これも上野駅から歩くと20分以上かかり、上野から地下鉄銀座線で乗り換え、稲荷町辺りまで行ったほうが早い。なぜ、駅から遠い箇所を取り上げるのか不思議でならない。もうこの番組も京成(特に都区内の区間)は幾度となく取り上げたので、ネタが尽きたのかどうかわからないが、最寄り駅でもないのにその場所のスポットを取り上げるのは、どうだろうかと思った。

その一方で、佐倉のヤマニ味噌を取り上げたのはよかった。この「ヤマニ味噌」は「佐倉はおみその産地です」のキャッチフレーズで有名な箇所で、京成線にも広告を出している。特に90年代の半ばくらいまで運転されたドアが片開きの車両(旧3000系、3050系、3100系など)にはドア横にステッカーをつけていた。これが車外からも見えたのでよく覚えている。

この番組はナレーションの滝口順平さんの口調があまりにも有名で、関東ローカルながら知名度が高い。滝口さんの口調のせいか、旅人は目立たない。この番組がただの旅番組で終わっていないのは滝口さんのお陰であるともいえる。演出の上手さが際立っている。視聴者側からも意外な発見が出来、下手な旅番組よりも面白い。鉄道沿線を紹介することで、沿線や地域などの文化や風土などの違いなどもわかり、東京や首都圏の魅力が十分に詰まった番組ともいえる。東京で生活する際は、是非一度でいいから見て欲しい番組の一つでもある。

余談:この番組の1つ前に「オススメ!」(9:25〜9:30)という5分番組が放送されるが、この番組はJR東日本管内のグルメなどをひとコマ紹介する番組であるが、今日の放送分では、京成沿線の市川市が取り上げられていた。特筆するべきなのが、今日はJR東日本のCMは放送されず、AC公共広告機構のCMに差し替えられていた。おそらく、昨年12月25日の羽越本線の特急いなほ脱線事故が解決していない現在にCMを流すのは不謹慎と考えたからであろう。

電車の置石事件から考える

あまりにも呆れた。高校生3人が置石をしていた事件があり、電車の運行を妨害したと言うのだ。3人が鉄道関連の専門学校に在籍しているのも更に呆れた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060130-00000405-yom-soci

この事件を私は非常に憤慨している。最近では、死傷者が出る鉄道事故が数件発生し、鉄道の安全性が最も言われているこの時代にこんなことをするのは、鉄道会社への挑戦状であり、このせいで重大事故になりかねない。この事件のせいで、昨年11月26日は埼京線が十条駅の前後でストップし、運行に支障を及ぼしたというが、日常生活には鉄道は欠かすことが出来ない。これがない生活はほとんど考えられないと言ってもよい。事件の犯人の少年たちを「鉄道を何だと思っているのだ」と怒鳴りつけたいくらいだ。

しかも彼らが鉄道高校に所属していたことで、再度鉄道ファンへの風当たりが強くなりかねない。なぜ、鉄道ファンの一部は他人の迷惑を顧みないことをするのか。この置石だけでなく、人気列車の指定席券の転売行為や一般者への迷惑行為、社会的に糾弾されかねない問題行為を多数行っている。はっきり言って、社会に迷惑を掛けるような鉄道趣味者はファンとして失格だろう。鉄道が好きなのであれば鉄道に対する敬愛を持ち、最低限のマナーを心がけてほしい。鉄道が好きだからといって他人から白い目で見られるのは勘弁してほしい!!!

矢切の渡し乗船記

ea7aec15.JPG矢切の渡しは都内に残る唯一の渡し舟で葛飾区の柴又と松戸市の下矢切の間を江戸川を越える。今日は、久々に乗船に行った。

松戸側の矢切の渡しの起点は、JR松戸駅から江戸川沿いに40分近く歩くか松戸駅からの京成バス・矢切高校前行きのバスで終点の矢切高校前から歩いて15分ほどかかる。しかも周囲は田園地帯で、東京近郊では数少ない本格的な農村地帯で、江戸川を渡るとこのような情景に出くわすのは何とも不思議というか、心が和む。

矢切の渡しは冬は土日中心の運行になるが、日没まで動く。この矢切の渡しは江戸時代の農業船が元であった。船は木造で、船頭さんは2人いる。今日は30人ほどの定員のところに12〜3人ほど乗っていた。例え冬の寒い日でも今日は今年としては珍しく風が穏やかなので、乗り心地は悪くなかった。この矢切の渡しは、空いているときは自転車も持ち込むことが出来る。(以前自分も試したことがある)渡船料は100円。

普段は橋で川を行き来しているが、このように生身の形で川を越えるのも楽しい。この矢切の渡しに風情を感じるのも、架橋による生活が当たり前になり、川を越えることの苦労を惜しまなくなったので、川を越えること基本的な交通手段の船を体験でき、新しい時代の中で失ったものがあるからこのように感じるのかもしれない。

船着場
柴又側に到着。河川敷では野球を中学生が練習している。柴又の日常の風景だ。柴又の船着場は、帝釈天の裏側にあり、京成の柴又駅からも歩いて10分程度でつく。今は季節柄、花なども見られない。しかし、柴又の参道にはいつも通り参拝客で賑わっている。初詣のときはさらに賑わっていたのかも・・・今年は「男はつらいよ」で寅さんこと車寅次郎役を演じた渥美清さんの逝去から10年が経つ。もう2度と新作は作られないが、「男はつらいよ」が全盛期だった時代は今以上に賑わいを見せていた。

葛飾を離れて3年。柴又や矢切の風景は自分にとって日常的なものであったが、他所から見ると、都会とは思えぬほどのゆとりのある空間に魅力が感じられる。柴又の門前町としての賑わい、そして静かな公園、金町浄水場、矢切の渡しの情緒、そして松戸市矢切地区の都市部にありながら本格的な田園地帯、緑豊かな国府台と里見公園・・・少し歩けば小岩菖蒲園、水元公園、葛西神社などもある。都会生活の日常を和ませる光景がここにはある。

柴又から京成バスの小55系統(金町駅〜小岩駅)で小岩へ。小岩も以前はよく買い物に行ったが、今は距離が離れてしまったので行く機会が少ない。この町の魅力は、韓国籍の人が多く、ハングルで書かれた韓国商品の店がいくつかあり、焼肉屋も多い。更に魅力的なフラワーロードなどの商店街に尽きる。更に北口はラーメン屋も多く、買い物には飽き足らない街でもある。小岩も日常圏であったが、他所から見ると国籍のないバラエティのある町であることがわかる。

以前は日常圏であったこの近辺(柴又・小岩付近)であったが、今は遠い町になっても当時とは違う感覚をも生み出した。今日はこれが再確認できた。

記事検索
過去の投稿
カテゴリー
自己紹介と規約

・特急あらかわの自己紹介
2015年1月に新たに作成をしました。こちらの記事をご参照ください。

.あらかわ交通ノートの規約
2010年1月1日に制定しました。こちらになります。コメントやトラックバックに関する規定や画像についてのルールを書きました。

Twitter プロフィール
最近のトラックバックより
ツイッター
私のツイッターです。ブログよりも情報が早いこともあります。鉄道や地理、交通、写真撮影だけでなく、音楽やアイドルのことなどもよくつぶやいています。よろしければフォローをお願いします。(タイムライン荒らしや中傷誹謗目的などは一切お断ります)
ギャラリー
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • ライブドアブログ