あらかわ交通ノート

文章と写真などでお楽しみいただく鉄道を始めとした交通情報や旅行などを取り上げるブログです。鉄道や旅行、地理のこと、アイドルの話などさまざまな情報を発信をしていきます。

アニメの話・・・

 私は小さいときからアニメが好きだった。小学生の時代は、藤子不二雄のアニメの全盛期で、毎日のように見ていた。藤子アニメが終わってからは、主にこち亀を中心にキン肉マンなど主にジャンプ系の漫画を読んでいる。

 さて、今日の話は、ドラえもんとこちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)に関してだ。

 ドラえもんは物心ついていたときから見ていた。小さいときから当たり前のようにある。声は、ドラえもんが大山のぶ代さん、のび太が小原乃梨子さん、ジャイアンはたてかべ和也さんの声を当たり前のように聞いていた。彼らは、3月いっぱいで声を卒業し、4月からは新しい声優陣に代わる。長年親しんできただけに、とても残念だ。
 ドラえもんのアニメは、中学1年くらいまではずっと見ていたが、これ以降はあまり見ていない。しかし、過去を懐かしむためか、金曜日に早帰りのときなどはたまに見ている。この番組を見ることで童心に返ることや心が落ち着くこともあるのだ。ドラえもんの描写はあらゆる点で懐かしさを感じさせてくれる。僕にとって、ある面、心のふるさとだ。最近のドラえもんは以前に比べてやけに明るくなっているのは気のせいかも・・・。ドラえもんは、いつまでも藤子アニメの頂点であると同時に、心の安らぎにしていきたい。

 次にこち亀だ。こち亀は、自分の地元が葛飾であったのでやはりなじんでいた。言うまでもなく、自分にとって心のような漫画だし、自分が葛飾区の出身であることを誇れるような漫画だ。
 残念ながらアニメの方は、昨年12月に最終回を迎えてしまったが、今でも日曜日の七時といえば、こち亀というくらいに早く帰ってきたり、ビデオを録画していた。今でも自分が葛飾区に戻るときと同様に名残惜しい。
 そんな中、こち亀は漫画が1億3000万冊突破記念で、来週こち亀のスタンプラリーが行われるのだ。アニメのこち亀が終わって、淋しく感じていたので、この企画は絶対に参加する予定でいる。
 こち亀については、最近の話は以前に比べて大きく劣化したようにも見える。以前のような葛飾を舞台にした話は少なく、神田など他の場所が多い。それにキャラが登場し過ぎで、以前よりもキャラの使い捨てが多いようにも見える。確かにこんなに長いのではマンネリ化が進むのもわかる気がするが、ちょっと最近のこち亀は話がついていけない。最近は、マンガ本よりもコンビニコミックの「月極こち亀」などを購入している。

 こち亀もドラえもんも今日話には出なかったがキン肉マンも漫画の魅力を小さいときから感じており、現在でも継続して読んでいる事に一つの共通点というか子どもから大人までの楽しみがあると感じられる。

寝台特急と高速交通

寝台特急「あさかぜ」号と「さくら」号が今夜の運転を持って運転終了となる。この数年間で、ブルートレインの廃止や運転区間の縮小が著しい。これは、新幹線や飛行機といった高速の交通機関が日常的なものと意識され、速度において高速性の低いブルートレインでは、どうしてもスピードが求められる社会においては、時代遅れにならざるを得ない点もある。それを逆手にとって、東京から北海道へ向かう「北斗星」「カシオペア」、大阪から北海道へ向かう「トワイライトエクスプレス」は、走る高級ホテルの如く、アイディアを加え、旅を楽しむ列車として人気を呼んでいる。東京から九州へ向かうブルートレインが最後までこのような状態から脱皮できなかったのも、このようにしても採算性が取れないことや縄張り意識の強いJRの中で特に4社にまたがる(東日本・東海・西日本・九州)などの問題点があって不可能だったと思われる。

東京と福岡は、現在は新幹線ですら利用割合が10%程度と低く、利用のほとんどが飛行機になっている。東京〜博多は新幹線では「のぞみ」号で5時間かかるのに対して、飛行機では、搭乗時間1時間40分、アクセス時間諸々を入れても3時間30分で東京から到達することが出来る。15時間かかる寝台特急は時間面では、飛行機の5倍、新幹線の3倍かかっていれば、日常性からは遠い時間になってしまい、利用者が限られる。

時代に取り残された感じのあるブルートレインの旅であるが、高速性だけが旅ではなく、ゆっくり走るスローライフ的な旅を好む人もおり、全員が全員新幹線や飛行機を好むわけではない。ブルートレインは、高速交通機関にはない風情がある。効率性や採算性が大事であるのは確かだが、古き良きものは残すような考えも欲しい。

ちなみに自分はブルートレインは、一度だけの乗車で、2002年10月の今は亡き上野〜青森間の「はくつる」号のゴロントシート(毛布布団なし)だけだった。

地理教育とは何か・・・

昨日、とあるアンケート結果が話題になっていた。これは「高校生の46%、大学生の44%がイラクの位置を知らず、北朝鮮も10%程度の大学生・23%の高校生が位置を知らない」というのだ。

これは日本地理学会の教育専門委員会の調べでわかったもので、委員長の先生は「高校生の約半数が選択科目の地理を履修しておらず、世界認識が十分でない」と述べていたが、これははっきり言って少し勘違いをしている>点がある。なぜならば、場所の位置と地理の教育とでは相違があるように見える。場所の位置は地図帳や地球儀などを使っていれば理解できるもので、どちらかといえば「学問」の視点とはそれほど関係がない。では、地理という教科に関しては社会にどれだけ役立つかといえば、「気候」や「地形」「地勢」といったものが中心で、政治経済のような実用性や日本史・世界史のような歴史の流れや人物像などに触れる機会が少なく、どちらかといえば親しみやすさが感じられない学問なので、地理が敬遠される一因になっているのではないか。

しかし、地理の中でもとりわけ「人文地理学」という学問は、親しみが感じられない分、社会を多面的に映し出している点もある。自立性が小さい分、他の学問に依存せねばならない所もある。例えば「ロードサイドの商店街の地域的な研究」をする場合、地理の知識だけではなく、商学部的な知識や経済学的な知識、社会学的な知識も必要とする。時には行政的な知識を必要とするかもしれない。この学問の特徴は、「浅く広く」的な部分が大きい。その結果、どのような点を学べばいいのかわかりにくくしている点もある。これが、受験生の間で中途半端さを生み出している。もちろん教員が不足しているのもあるが、これは地理教育が等閑になっていったことを反映しているのではないか。

つくばエクスプレス沿線と都市化

今日は茨城県守谷市のつくばエクスプレスの車両基地へ行ってきた。営業開始は8月24日と決まり、あと半年となった。運賃の方も、あとは試運転が終わり、営業運転開始を楽しみにするだけになった。

さて、ここではつくばエクスプレスの話題でしたが、名前を変えて今度は「市町村合併とネーミングについて」取り上げてみる事にした。つくばエクスプレスの走行する茨城県伊奈町と谷和原村が合併をし、「つくばみらい市」となることが決定した。その他「小貝市」「みらい市」などの候補があったが、つくばみらい市になったようだ。何も谷和原村の審議委員の一部の圧力で強引に決まったそうだ。感想は・・・である。というよりも市町村合併に関しては、市名に関しては、あまりにも急がせすぎているのと地名のイメージに捉われるあまり、変な名前ばかりが先行しているようにも見える。最近では、愛知県の美浜町と南知多町の合併によって「南セントレア市」とすることにし、市名見直しに至った経緯もあった。千葉県の「太平洋市」も同様であった。地名に関しては、特に「富士」「桜」といったブランドのある地名を使うことで、イメージアップを図ろうという点が増えている。つまり「市町村合併=街のイメージアップ」と考えているので、安易な地名が多くなるようにも感じる。あとは、田舎から抜け出し都市型志向として、地名をつけるケースも見受けられる。別にいいじゃない。都市型になればイメージが上がるといわれても・・・都市と地方では成り行きも違うので、急に名前だけ都市的になっても、ミスマッチが生じるだけなので困るように見える。

合併とは話が違うが、以前つくばエクスプレスに関する新聞記事を日経新聞の「首都圏経済」欄で読んだことがあるが、東武野田線と交差する流山おおたかの森駅周辺を「東の自由が丘(目黒区)にしたい」と流山市の市長が話していたが、「何、勘違いしているの?」と言いたくなった。その経緯が、柏が「千葉の渋谷」と呼ばれているようにうちも「自由が丘」を目指したいと言っているのだ。柏駅周辺は確かに若者が多く、町が潤っているのも真実だが、渋谷から東横線で数駅の自由が丘を引き合いにするのはいかがなものかと思う。自由が丘は都市形成がされているのだからまだしも、この付近は開発地で、これから街が形成される段階でいる。自由が丘は若者が集まるからあのような都市型の街が形成されるのに対して、おおたかの森は確かに交通拠点としては評価できるが、若者が集まる店などを誘致しないととても自由が丘とも言えない。

このつくばエクスプレスの沿線では「イメージアップ」「都市化」「田舎からのイメージ脱却」に向けて必死になっているところが多いが、都市が全てが全ておいしいものではない。このつくばエクスプレスの沿線は、自然が豊かで、都市化の波で忘れかけていたものを思い起こすものが備わっている。しかし、これだけ都市化のイメージばかりが言われるのは、この沿線がどうしても横浜や多摩地区の都市化が進んでいる路線と比べ、イメージで落ちてしまうので必死で動いている点もあるようにも見える。

今回は話を変えて「都市化」について考えてみた。続きを読む

堀切菖蒲園・・・

 2月19日のテレビ東京の「出没!アド街ック天国」では葛飾区の堀切菖蒲園が取り上げられる。堀切菖蒲園を知らない方に申し上げますが、京成線では起点の上野駅から6駅目の「堀切菖蒲園」という駅が最寄り駅になる。

 葛飾区は、柴又、亀有、金町、新小岩、青戸・立石に続いて6箇所目で、柴又が2回放送されているので7回目の放送となる。当然ながら、葛飾区シリーズの方は地理的にも造詣が深いのでどのシリーズよりも深く楽しむことができる。

 しかしなぜ、2月に堀切菖蒲園を放送するのだろうか。本来であれば、菖蒲祭りの6月くらいが放送に適しているのに・・・。堀切菖蒲園とは堀切2丁目にある名前通りの菖蒲園で、6月には花が咲き、満開を迎える。京成線の堀切菖蒲園駅も菖蒲祭りの飾り付けでいっぱいになる。

 堀切といえば、葛飾区の中ではあまり知名度が高いとは言えない。しかし、首都高速道路の中央環状線と向島線のジャンクションとして高速道路の渋滞名所としてはある程度名前が知られている。しかし、これはあくまでも有料道路の通過交通としての堀切の話でこんなことで堀切が知られてもあまり嬉しくない。

 堀切というつく地名は、1丁目から8丁目までがある葛飾区堀切以外にも、東堀切(1丁目〜3丁目)という地名がある。ここは何の特徴もないただの住宅地である。果たしてこの場所も取り上げられるのだろうか。
 
 この堀切という場所を一言でいうと、街並みは、道路が複雑で、中に住宅地と中小企業の工場などが入り混じっているまさに「下町の景観」そのものの場所である。有名な中小企業では、マーガリンなどで有名な「ミヨシ油脂」などがある。
 しかし、区内ではいち早く人口が増加したことや工場の立地が始まったことから地域の複雑で狭い街並みで防犯上に問題があることやコミュニティ面では小学校の統廃合なども実施されている。(堀切菖蒲園駅北側にあった小谷野小学校は数年前、こすげ小学校に統廃合された)

 葛飾区の堀切という場所は当然ながら思い出がある。まずは、小学校高学年時代の担任の先生が堀切に住んでいた。そして、大学の学部時代の「師匠」と呼べる人がこの場所に住んでいるので、彼の家の近くにもしょっちゅう行っていた。
 堀切周辺には「弁慶」など有数のラーメン屋が名を連ねる。しかし、「弁慶」は一回食べると・・・。なのであまり行っていない。
 全体的には先にある綾瀬や北千住などへ自転車で行く際の通過地であり、ここを目的とすることは全体的に多くはなかった。

 普段では「イメージが湧きにくい」か「渋滞で有名な場所」であるがゆえにどのように取り上げられるか大変楽しみなものである。

※ちなみに東武伊勢崎線に堀切という駅があるが、あの駅は「足立区」に位置する。荒川放水路が開削される前にあの地域も堀切と呼ばれていた事の名残でもある。

葛飾区堀切周辺の地図(起動は6250分の1)・堀切菖蒲園駅(京成本線)

中部国際空港と日本の空港行政

2月17日、愛知県常滑市の伊勢湾沖に中部国際空港が開港した。この空港は、第一種空港で、国の管轄する空港でもある。
これまで名古屋を中心とした中京圏は大都市にもかかわらず、自衛隊と兼用の名古屋空港のみが使用され、国際空港と呼ぶには貧弱だった。中部国際空港は、24時間空港・ハブ空港としての期待が高まっている。
この中部国際空港は東京在住の者から見れば情報量が乏しく、深く知るには、現地から発信しているの新聞やネットで見るしかなかった。その中でも特に中日新聞の東京版の位置づけの東京新聞は情報がやや多かった。やはり、東京から見ればほとんど関係のない中部国際空港は、在京マスコミが取り上げにくいことなどが挙げられるのでしょう。東京からの情報も温泉などの観光名所などばかりで、少し物足りなかった。
このような状況の中で、2月15日のテレビ東京の「ガイアの夜明け」ではトヨタ式の中部国際空港と松下式の関西国際空港を比較した番組を放送していた。同番組内で中部国際空港の問題点として「海外への航空便が少ない」などを挙げる人が多かった。更に広島空港などを取り上げた上で、「広島などの在住者が関空へ行くくらいであれば、広島へ行き、そこから韓国や中国へ渡り、そして乗り換えた方が安く着く」と話している人が多かった。
なるほど中京圏の都市規模は、他地域よりも大きいものの東京圏を抱える成田空港や京阪神圏を抱える関西空港と比較すれば劣る。しかし、人口規模が少ないからこそ「ハブ空港」「貨物主体の空港」との戦略をとることもできる。確かに中京圏は東京や大阪などに比べれば地位は落ちるが、名古屋らしい身の丈に合わせた戦術で世界に挑もうというわけでしょう。トヨタ自動車の誇る「カンバン方式」で、建設費の削減に挑んだことや成田や関空と比較した着陸料金の安さは「お見事」だが、果たしてどれだけの利用者が出るかが最大の見所である。
日本の空港使用料は、成田空港は94万円、関西空港は82万円、そして中部空港は65万円となっているが、香港の36万円、シンガポールチャンギの21万円、ソウル(仁川)の31万円、上海の49万円よりも高い。これは、建設料の高さや補償費などによる点が大きく、国際空港競争力への足かせになっている。従って、アジアから欧州への貨物では成田経由よりも韓国などを経由した方が安くつくので、国内の空港は地位の低落が続いている。
これまでの国内中心の政策であった「1県1空港」の政策よりも海外を見据えた新しい戦略を見据えるべきではないか。従来どおりの戦略では元の木阿弥になってしまう。それには、新しい戦略をばねにして打ち勝つべきではなかろうか。

寒気の中のレアもの勝負!

今日は実況生中継してみます。
ああ今日は雨で寒いけど明日は暖かいようですね。この差は一体何?
朝の地震は驚いた。目覚めちゃったしね。
今日は新型の都営10ー300系に乗りました。というじゃない。でも中間部は既存の車両ですから、残念といっても差し支えないですね。
その後、東京の地下鉄乗り入れ車両一のレアもの・東急5080系に乗車。なにしろ、1本だけで地下鉄で待てば三田線に来るか南北線に来るかわからない車両。当然乗車は初めて。
鉄道のレアもの車両があればコメント欄に是非下さい

記事検索
過去の投稿
カテゴリー
自己紹介と規約

・特急あらかわの自己紹介
2015年1月に新たに作成をしました。こちらの記事をご参照ください。

.あらかわ交通ノートの規約
2010年1月1日に制定しました。こちらになります。コメントやトラックバックに関する規定や画像についてのルールを書きました。

Twitter プロフィール
最近のトラックバックより
ツイッター
私のツイッターです。ブログよりも情報が早いこともあります。鉄道や地理、交通、写真撮影だけでなく、音楽やアイドルのことなどもよくつぶやいています。よろしければフォローをお願いします。(タイムライン荒らしや中傷誹謗目的などは一切お断ります)
ギャラリー
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • 京成のダイヤ改正と最近の話題より〜休止前最後の記事
  • ライブドアブログ