043a23cb.JPG2007年10月6日に横瀬で行われた西武トレインフェスタの模様をここではお届けしたい。速報1の記事は,ここに統合をする。横瀬へ行くには,土休日は池袋から西武秩父まで走っている快速急行で行きたかったが,何と寝坊し,後から追いかけることになった。特急レッドアローでもよかったが,時間が合わず,普通列車で行くことになった。西武池袋線は,急行の本数が多くなく,どちらかと言えば準急や快速が多く,乗ったのは運悪く?準急だったので,練馬区内から延々と各駅停車の旅に出る。所沢を過ぎ,やがて飯能に到着。有楽町線の乗り入れ列車の東京メトロの10000系と何回かすれ違う。副都心線開通まであと約1年。車両では着々と準備が進んでいる。

6e428eeb.jpg飯能からはいよいよ秩父への山岳地帯へ突入する。西武線での秩父への旅路は,池袋と飯能の間は,武蔵野台地の農住商混在地域的な風景から飯能からは秩父への山へと突入するので,その移り変わりが激しい。

八高線と交差する東飯能を出ると山が段々深くなる。巾着田で有名な高麗駅に停車。ここでまとまった降車があった。列車は,高麗川と国道299号に沿って走る。西武秩父線は,この辺りを道路や水路よりも高い場所を通過する。まだ開通から38年なので,川や道に沿うよりも,勾配を少しでも減らすために思い切って高い位置に建設をしたのではないか。しかし,25ミリパールの勾配がここでは続いている。正丸までずっと上り勾配が続く。そして正丸トンネルを越える。4800mを越す長いトンネルをくぐるとそこは秩父への玄関,芦ヶ久保だ。ここで秩父盆地への坂を下れば,左には,セメント採石で刈られた武甲山を眺めて横瀬に到着する。池袋から2時間以上かかってここまで来た。

横瀬での20000系横瀬駅には,池袋駅からの臨時列車の20000系が停車中。普段は,池袋〜飯能間の運転に限られ,山を登らないこの車両が今日はこのイベントに合わせて,ここまで乗り入れた。慣れぬ行動にお疲れ様と言いたい。乗車はしなかったが,この車両での山越えも違った意味で味わいがあっただろう。

そして,5000系の車内へと向かう。このイベントでの最大の楽しみは何と言っても,この5000系に会う事が出来る事だろう。この車両は,1990年代半ばまで特急レッドアローとして使われていた。このレッドアローは,作者にとって,憧れの的で,乗るのが非常に楽しみだった。車内に入る。座席は往時と変わらない。広告が当時のままで,ミューズパークのテニスコートの広告の美女は変わらなかった。ただ,空調がないので,少し車内が暑かった。富山地方鉄道では,車両の色も車内も変えずに走っている。富山を訪問した時には,往年の走りを味わいたい。

機関車たち次に電気機関車陣を見る。西武鉄道は,貨物輸送を長年行っていた。その中でも,秩父の石灰石輸送に大きく貢献したE851形などが今日はいた。西武秩父線は,石灰石を運ぶ路線としても建設された。最近まで貨物輸送はあまり興味がなかったが,今日は,レッドアロー同様に秩父の発展に貢献したこの車両を見て,秩父の観光・産業と鉄道の歩みを感じた。

西武351系これは西武の旧塗装の旧型車両だ。どうやらこの車両は,1954年に製造され,1990年まで多摩湖線で走っていた351系だ。それも西武最後の赤電,片開きドアの車両だそうだ。何も黄色の西武鉄道の塗装になった事がないそうだ。西武は,黄色・青・ライオンズカラーなど多くの色が昔から走っているが,赤はあまり見覚えがない。(何年か前のイベントではじめてみた)西武の近代化に大きく貢献したこの車両だ。

351の広告車内に入ったが,広告が何と1990年の6月当時のものだった。これには懐かしさを感じた。西武の車両には西武ライオンズの情報をライオンズニュースという中吊りにしているが,記事は鹿取投手の事や清原選手や秋山選手といった当時の西武ライオンズの黄金時代を築いた選手が載っている。それだけでも懐かしい。この時まで走っていたのだなと十分感じさせる。

次は30000系のブースへ行く。30000系は来春デビューの新型車両で,スマイルとレインという名称になっている。線内専用で,地下鉄には入らない。フルカラーLEDとドア上のLCDモニター設置,更にブラインドなしガラス・・・,運転台は東急や京成でおなじみのT字型ワンハンドルまでは決まっているようだ。30000系のタオルなども販売しており,実際にどんな車両になるのか,あと半年楽しみにしたい。

このイベントでは,西武の歴史や秩父の輸送などを感じさせた。レッドアローや機関車,そして西武の歴史を変えた車両など多くの展示があり,イベントの充実度では高かった。西武は,比較的多くイベントを開催しているが,横瀬のこのイベントは,毎年充実している。秩父まで行くのは大変だが,それ以上の価値はある。はっきり言って,秩父との歩みを作ってきた5000系や機関車に会えただけでも嬉しい。exciting impressionだ。

今日は,幣ブログとリンクしている。kaz-t様red star様さすらいの8143様melonpan様栃木路快速様らともお会いでき,大変楽しかったです。時間が短かったのでまた,後日イベントなどでお会いできたら幸いです。