IMG_2554
残暑の越前路を目指す紀行へと話はもどる。京都での寄り道を終え、京都からは湖西線で敦賀へと向かう。京都からは敦賀へは、新快速が直通で走り、223系が敦賀まで乗り入れる。寺社仏閣参詣もせずに、鉄道写真撮影だけを行い、生八つ橋だけを買って京都を後にしたのだ。

IMG_0363
京都から先の湖西線は、車窓左に比良や比叡の山をのぞみ、右に琵琶湖を望む。風景は爽快だ。琵琶湖の向こうには、三上山も見える。京都から大津市の堅田あたりまでは京都市のベッドタウンとしての風景があり、利用者も多い。堅田から先は水田なども広がる。もちろんこの当たりは平和堂も多い。近江高島という場所は、高島屋の商人の発祥の地としても知られる。湖西線の都会からのどかな風景へと湖と山を臨む風景は良いものだ。この湖西線は大阪と北陸を結ぶ特急サンダーバードが高速で通過をしている。過去にこの湖西線の近くには江若鉄道という鉄道路線が走っていた。



IMG_2558
IMG_2556
近江今津駅で12両の新快速のうち後ろの8両を切り離し、前の4両だけが敦賀へと向かう。近江今津から先は山が深くなる景色になる。近江塩津駅で、米原方面からの北陸本線と合流をする。近江塩津の次の新疋田駅は福井県に入って初めての駅で、野坂山地の山あいにある駅で、長い深坂トンネルを越える。この先が敦賀になる。米原・京都方面は、ループ線で山を越える。

IMG_2568
敦賀駅に着く。ここで4両の223系から2両の521系に乗り換える。昨日の中津川駅とは真逆のことが起きた。中津川駅では、2両から6両という変化であったが、ここでは4両から2両に半減をする。早めに座席に座ることにした。521系は、この地域では主力の車両で、223系などと同じく、転換クロスシートを配備をしている。ドアの近くはロングシートだ。

IMG_2563
IMG_2562
敦賀駅では、SKE48の本拠地からやってきた特急しらさぎ5号とNMB48の本拠地からやってきた特急サンダーバード13号に先に道を譲る。 敦賀駅にやってくる特急列車は、しらさぎとサンダーバードだけなのだ。敦賀といえば、原子力発電所の多く立地をする福井県の嶺南(若狭)地方の中心都市の一つだ。

IMG_2560
敦賀駅を出ると、木ノ芽峠を北陸トンネルで越える。 木ノ芽峠は、福井県を嶺北と嶺南に分ける地域の区分線だ。北陸トンネルは全長約14kmに渡る長いトンネルだ。トンネルの先は、南今庄駅だ。山深い景色がこのあたりでは続く、越前市の武生の辺りからは水田などが多くなり、市街地が広がる。武生あたりからは立ち席利用も多くなる。メガネのフレームで有名な鯖江を通過をする。昨日の中央西線の塩尻→中津川間も同じであったが、車両が新型車両で転換クロスシートがつくのはいいけど、逆に車両数を減らしてしまったために混雑が激しくなっている。そして福井駅に着く。

IMG_0374
福井駅の近くでは、昼食としてソースカツ丼を食べる。福井県出身の有名人といえば、私は元モーニング娘。の高橋愛さんを思い浮かべる。高橋さんは、モー娘。のリーダーとしても活躍をしていたが、昨年惜しまれながら卒業をした。ソースカツ丼は高橋さんの好物料理でもあるそうだ。

IMG_0375
福井駅の訪問は2年ぶりだ。 今日の目的地はえちぜん鉄道だ。2年前にアテンダント嬢に魅了をされたえちぜん鉄道、今日はここを訪問をしたいのだ。土日限定の800円のフリー切符を購入をする。ここから先のえちぜん鉄道では、衝撃の展開が待つ。これから向かう先は福井県といえばというスポットだ。さて、次の展開はどんなものなのか・・・