IMG_1429
ここでは4月11日の博多駅トレインウオッチングシリーズのその2として山陽新幹線を中心にお届けをする。その1では、九州新幹線だけをとりあげたが、その2は山陽新幹線を中心にお届けをしたい。(その1はこちらから)

山陽新幹線のトレインウオッチングが2012年12月に広島駅でも行ったが、今日は博多駅編を行う。博多駅には、500系(V編成)、700系(B・C・E編成)、N700系(N・Z・S・R編成)、800系(U編成)と4形式の新幹線を見ることができる。2012年3月までは300系、100系も乗り入れ、6形式の新幹線を見ることができた。新幹線のバリエーションは極めて豊富な駅だ。

IMG_4160
IMG_1431
まずここで見るのは500系だ。山陽新幹線の500系はこだまに使われることが多い。広島駅では満足に撮影ができなかったので、ここでは撮影をした。
IMG_4159

IMG_1420
IMG_1419

700系E編成はこだま736号で使われる。それにしても山陽新幹線のこだまは車両が豪華だ。500系、700系E編成といった東海道新幹線では見られない車両が使われる。以前は500系はのぞみ、700系E編成はひかり(レールスター)がメインであったが、N700系がのぞみやひかり(さくら)にも投入をされ、今ではこだま主体になった形だ。
IMG_1350
HKT48には兒玉遥(こだまはるか)さんというメンバーがいることは以前書いた。彼女は、上は新幹線の名称、下は特急列車の名称という珍しいメンバーだ。特急はるかは京都・新大阪〜関西空港間を結ぶ列車だ。新幹線のこだま号と特急はるかを東京方面からの場合は京都駅・新大阪駅、博多方面からの場合は新大阪駅で乗り継いだ場合は、特急はるかの特急料金は半額になる。彼女の名前が新幹線と特急列車の乗り継ぎ制度の割引になるのは奇遇とも言える。余談であるが、兒玉さんは先日の人事でHKT48とAKB48のチームAの兼任が発表をされた。彼女は飛行機で東京と福岡の間を移動をすることが多くなると思われる。

IMG_1435
IMG_4162
次は鹿児島中央からのみずほ602号がN700系S編成でやってきた。博多駅では降りる人も多かった。指定席にはそこそこ空席があった。九州新幹線と山陽新幹線を乗り通すときは、乗車駅〜博多駅までの特急料金と博多駅〜到着駅までの自由席の特急料金が合算料金になる。従って、熊本〜新神戸間で乗車をするときは、熊本〜博多間の特急料金と博多〜新神戸間の特急料金を合算をすることになるのだ。ただし指定席で乗り通す場合は、自由席の特急料金に510円を足したものになる。さらに山陽新幹線の博多〜新大阪間でみずほに乗る場合は200円から300円の加算料金がかかる。九州新幹線内だけでみずほに乗るときは、加算料金はかからない。なのでこのみずほという列車は料金制度の面からすればかなり複雑な列車だ。

IMG_9259
AKBグループでみずほとつく名前のメンバーはSKE48の山田みずほさんがいる。新幹線のみずほ号は名古屋駅までは乗り入れない。しかし、このみずほは新大阪などでの乗り換えを要するが名古屋方面からの利用者もそこそこいるのではないかと思われる。最近の九州新幹線〜山陽新幹線の増発列車はみずほが多いのは、速達性志向の利用者が多いのと特別料金での加算、ダイヤをより複雑にしにしないことなどが考えられる。

IMG_1416
新大阪からのさくら541号がやってきたが、接近して撮影ができなかったので、少し離れた位置から写した。博多駅からは乗車客が多いようだ。


IMG_1334
IMG_1335
IMG_1336
IMG_1360
ついでにあるが、前日に撮影をした800系のさくら417号の写真をここでは出す。私が乗っていた列車は、この列車に折り返したからだ。さくらは、広島・新大阪と山陽新幹線発着の列車はN700系S・R編成、博多発着の列車は800系を使うことも多い。4枚目の写真は、HKT48の宮脇咲良さんだ。宮脇さんは名前もさくらであるが、出身地もさくら号の終点の鹿児島県だ。兒玉遥さんもそうだが、彼女もまた奇遇すぎて面白い。
IMG_1422
700系E編成のこだま号とさくら号で使われることのある800系の共演がこちらだ。HKT48のメンバーである兒玉遥さんと宮脇咲良さんが並んだような写真がこれかもしれない??

IMG_1407
IMG_1411
IMG_4155
最後に東京行きののぞみ16号のN700系を出す。今や東京と九州を結ぶ唯一の旅客輸送の鉄道が東海道新幹線・山陽新幹線の直通列車だからだ。東京と福岡の間は5時間近くかかるが、何回か私は福岡へ新幹線へ行ったことがある。

0系健在!!!
おまけ2003年4月に九州へ行った時に博多駅で撮影をした0系。まさかこのような画像が残っていたとは・・・10年前であるが、0系が健在だった。0系の山陽新幹線の引退から5年近くが経過をする・・・しかも駅舎も今とは少しだけ違っていた。よく貴重なものを取っておいたが、今思えば100系や300系も残しておけばよかった・・・ここ10年、九州へ行くのは春に限定をしているからな・・・

博多駅はさまざまな車両が行き交い、非常に面白い駅だ。次は在来線へといこう。