IMG_9090
12月14日の富士急線の撮影記の完結編となる。三つ峠〜寿間の松久保踏切での撮影が終わったら、寿駅へと歩き、その後で富士山駅や河口湖駅へと足を延ばすことにした。

IMG_8769
寿駅からは富士山駅方面を目指した。富士山駅は元はと言えば富士吉田駅だ。2011年に駅名も改められた。富士山の夕陽が見えるようだ。

IMG_8766
途中の下吉田駅には客車が停車をしている。この駅はブルートレインテラスがあることでも有名な駅だ。今日は訪問の機会がなかったが、近々行ってみようかと思う。これも水戸岡氏がデザインを担当をしたそうだ。そして富士山駅に着く。

IMG_8777
この駅のデザインも水戸岡氏だ。もはやこの富士急は今や水戸岡氏の鉄道会社に変わりつつあるようだ。まさにミニJR九州だ。この駅では向きが変わるので数分停車をした。その際に撮影ができたのはこれらだ。

IMG_8775
IMG_8772


IMG_8776
16時8分に富士山駅を出る新宿行きのホリデー快速富士山2号だ。上の写真は、国鉄色の189系と富士山の写真を富士山駅で撮影をしたものだ。ホリデー快速富士山号は、2013年の夏からホリデー快速河口湖号から名前を改めた。富士山の世界遺産認定に合わせる形で、富士山ブランドにあやかったようだ・・・。それも特急あずさの色ではなく、国鉄色という正統派の色で走っている。189系は豊田車両センターの所有だ。以前は幕張の183系などを使っていたが、いつの間にか豊田の車両に変わっている。

IMG_8780
富士山駅を出てすぐ、169系が停車をしている。これはフジサン特急の2000系の部品取りだそうだ。富士山のふもとで懐かしい169系が見られるなんて・・・この車両は今やフジサン特急だけが全国に残る唯一の運用なので、懐かしく貴重なものだ。この色はわずか数年でなくなったような・・・

IMG_9116
富士山駅の次は遊園地の富士急ハイランド駅だ。富士急ハイランドのジェットコースターに高飛車という名物があるが、デビュー時には松井珠理奈さんなどSKE48のメンバーが体験をしたこともあった。(詳しくはこちらへ)のちに乃木坂46ともタイアップをした企画も行われた。(詳しくはこちらへ)富士山駅や富士急ハイランドからSKE48の本拠地の名古屋へはリゾートエクスプレスという高速バスも運転をされている。(詳しくはこちらへ)また、NMB48の本拠地の大阪へはFUJIYAMAライナーという高速バスも運転されている。名古屋や大阪からここまで行くのは鉄道の場合は三島駅などまで行きそこからバスになるが、鉄道では行きにくい区間を走る隙間需要的な路線だ。

IMG_8793
さて、軌道修正をする。終点の河口湖駅には車庫がある。ここで撮影をした様々な風景をお伝えをする。大月駅からの標高は500m以上上がり、857mになっている。待っていたのは、数々の車両だった。京王5000系色の1000系に国鉄色の183系!京王5000系の向かいには205系改造の6000系もいる。ここは1980年代後半のバブル景気の全盛期のようだな・・・

IMG_9062
IMG_9063
IMG_8785
IMG_9076
183系は小山行きのホリデー快速富士山4号に使われる車両だ。これも色は国鉄色!菱形パンタグラフと富士山が共演をしている。

IMG_8790
そして富士山と183系の顔を合わせることにした。さっきの富士山駅に続いて2回目の国鉄色と富士山の組み合わせだ。

IMG_8782
次は京王5000系色の1000系だ。この車両プレートも京王時代のものに復元をされた。京王沿線には、多摩川鉄橋など富士山を望めるスポットがあるが、こちらは富士山の間近で撮影をしたものだ。

IMG_9067
IMG_9068

京王を長く走った5000系、富士山と一緒に撮影ができるとは・・・。夕日の赤色がかかっていて素敵な写真かもしれない。

IMG_9084

京王5000系に国鉄塗装の183系、ここだけは1970年代から80年代の新宿駅ですか?いや高尾駅ですか?特に京王線と中央線の近い高尾駅では、このような風景がその時代は見られたかもしれない・・・

IMG_8784
河口湖駅のホームでは旧塗装の1000系と6000系が並ぶ。元はといえば、京王5000系と205系だ・・・。ということはここは1990年頃の分倍河原駅や稲田堤駅を連想させる。なぜならば205系は南武線の主力車両でもあるからだ。


IMG_9100
IMG_9097
そして富士山駅へ戻る。富士山駅ではフジサン特急13号が2000系パノラマエクスプレスアルプス色で止まっていた。ここで富士吉田の夕景とフジサン特急の姿を撮ることができた。これこそ明音色いや間違えた茜色の風景で取った車両だ。ホワイトバランスを日陰にして、そして露出をマイナス2以上にした。

IMG_9089
こちらは茜色の空とフジサン特急と1000系の旧塗装の車両だ。165系と京王5000系は過去にどこで共演があったのだろうか・・・八王子駅かなそれとも高尾駅かな・・・こちらは露出マイナス1、ホワイトバランスオートでもこのような撮影ができた。



IMG_9101
IMG_9102
この富士急行2000系フジサン特急パノラマエクスプレスアルプスはグリーン車や車両の番号表記までパノラマエクスプレスアルプス時代を忠実に再現をしている。

IMG_9103

茜色の美しい風景とフジサン特急のパノラマエクスプレスアルプスを撮影ができたのは良かった。明るくにぎやかな色と空の色を組み合わせて華のあるような風景になった。

IMG_9127
IMG_9129
IMG_8804
富士山駅の駅ビルにある展望デッキで富士山を眺める。この駅は、ヨーカドーの跡地を大規模に改修をしている。駅そのものも水戸岡氏のデザインになった。東京から見る富士山の夕景は雪を見ることができないが、この富士吉田からであれば、夕方でも雪を見ることができる。

IMG_8811
IMG_8814
IMG_8813
富士山駅からは小山行きのホリデー快速富士山4号に乗る。1号車から5号車が青幕の自由席、6号車が緑幕の指定席だ。6両編成で、富士急線内は河口湖・富士急ハイランド・富士山・三つ峠・都留文科大学前・都留市駅に停車をする。三つ峠・都留文科大学前・都留市の3駅では前の3両だけが客扱いをし、後ろの3両は客扱いをしない。久しぶりの189系だ。乗車となれば、今年の3月以来9カ月ぶりだ。今や貴重な車両になったこの189系。この車両で山を降りることになる。

IMG_9133
IMG_9136
富士急線内はスピードが出ず、ゆっくり坂を下りていた。車内はガラガラだ。リクライニングシートでゆったりできる。大月駅では乗り換える必要がなく、JRの4番線に着いた。大月からは少しだけ乗車をしてきたが、途中駅で降りてしまった。寝てしまい、目覚めたら小仏峠の向こうの高尾駅だった。多摩川を越え、立川駅まで乗る。立川駅で降車をし、中央線で帰ることにする。富士山駅から立川駅までは1時間50分の旅だった。
ホリデー快速富士山4号は、立川からは武蔵野線・宇都宮線に入り、武蔵野線内で荒川、宇都宮線内で利根川を越えていくのだ・・・この車両が荒川や利根川を越えるのもいつまでなのか・・・