IMG_8632a
本日10月4日、千葉〜上野間で485系のニューなのはなによる団体専用列車が走った。そのルートが、千葉〜(総武線)〜新小岩操車場〜(新金線)〜金町〜(常磐線)〜上野というルートだった。

その中でも特に新小岩〜金町間では新金貨物線を経由をしたのでそちらで撮影をしてきた。新金線の撮影は、7月20日の千葉〜青森間のブルートレイン以来だ。

今回の列車は千葉駅からの列車で上野駅を目指す子どもたち(たぶん上野動物園辺りが目的地か?)が乗っていた。新金線でニューなのはなを撮影をするのはちょうど4年前の今頃も撮影をしたので4年ぶりだ。(この記事へ)

4年前は偶然的に撮影をしたものであるが、今日は本気で撮影をすることにした。場所は7月20日と同じく細田踏切にした。ここは京成の高砂駅からも20分近く歩く場所だが、自転車だったのでこちらを使った。しかし東京都区内なのに鉄道アクセスで時間がかかるという珍しい場所だ。

9時54分に新小岩を出るので通過は10時前になりそうだ。普段は貨物列車以外は走らない新金線にジョイフルトレインが走るのであるが、撮影をしている人はほとんどいない。今回は特徴的な電柱を入れることにした。しかし新金線で撮影をすると晴れることが少ないのだ・・・(晴れたのは4月のリゾートエクスプレスゆうの回送くらい)

IMG_8630a
10時前にニューなのはながやってきた。踏切待ちをしていた人からはあれ?と思ったかもしれない。やってきたのはニューなのはなだ。千葉支社の波動列車として大活躍をするがここを走るのはあまり多くないかもしれない。ニューなのはなが手前の三和橋の手前の踏切を通過をしているところだ。

IMG_8631a
ここは脇をバスが走る道路になっている。バスは京成小岩駅から高砂駅経由で亀有駅まで走る京成タウンバスの小54系統で、細田小学校の目の前にバス停がある。バス停名は稲荷神社バス停だ。京成タウンバスとニューなのはなの併走シーンを撮ってみた。

IMG_8632

ここはフィニッシュの写真を撮る。右側に広大なスペースがあるが、新金線の全体を入れるには良かったかもしれない。この列車は新小岩操車場と金町駅で方向転換をするので新金線では本来とは逆の向きで走っている。

IMG_5906
abbfa62f.JPG
この後、私は葛飾区のお花茶屋にある葛飾区郷土と天文の博物館で三宅俊彦先生の講義の鉄道史・東海道新幹線50年の歩みという講義を聞きに行くのであるが、こちらについては東海道新幹線50周年記念の記事の一つとして、取り上げていく予定でいる。まず先にGoogleプラスに軽い感想を書いたのでこちらを参考にしていただければ幸いかと思う。