CIMG8482
12月10日、SKE48の本拠地の愛知県内を走るJR武豊線の電化について発表された。武豊線は、名古屋市近郊の大府駅から武豊駅を結ぶ路線だ。

武豊線は北陸新幹線開通による大組閣のダイヤ改正の行われる2015年3月14日よりも約2週間早い2015年3月1日に電化をされることになった。(詳しくはこちらへ)

CIMG8810
武豊線は名古屋市近郊を走る路線でありながら、非電化の路線だ。この路線は元はといえば東海道本線の資材輸送のために、知多半島の武豊港から大府駅を目指すために建設をされた路線としても知られる。その途中には愛知県の東浦町・半田市・武豊町など名古屋圏の都市を通過をする。JRになってからは1990年代からはキハ75形が投入をされるなどの高速化などを図っている。

IMG_9357
CIMG0464
また、武豊線は名鉄河和線と半田駅・武豊駅と名古屋駅・金山駅の間で別路線として存在をしている。名古屋圏では名古屋駅とある駅の間で2つ以上の鉄道路線があることが多いが、この路線はある駅とは半田駅(知多半田駅)・武豊駅(知多武豊駅)がこれに該当をする。知多武豊駅の先にある名鉄河和線の河和駅はSKE48の有名な曲の羽豆岬へ行く為のバスが出ている駅だ。また武豊町に近い美浜町では2013年と2014年の夏に東海テレビが主催のSKE48の野外ライブも開催をした。

CIMG9686
CIMG8488
武豊線にはいつもどおり?313系が配置されるそうだ。車両は神領車両区になるそうだ。ここも313系が投入をされることにより、スピードアップと車両の効率的な運用などもあるかもしれない。また名鉄に対抗をして武豊・半田から名古屋駅への列車も増発をするかもしれない。武豊線と名鉄河和線ははたして名鉄名古屋本線のような競争になるのか、それとも近鉄名古屋線のようなすみ分けになるのか、

CIMG0410
CIMG0441
現在の武豊線には名古屋駅までの直通列車は大府〜名古屋間が途中共和と金山のみ停車をする区間快速として走るが、中には武豊線内も通過駅があり、大府〜名古屋間でも通過駅のある快速も存在をする。この車両もキハ75形で撮影をしたいものだ。


CIMG2593
IMG_4264
武豊線の電化によって、キハ75形・キハ25形の余剰が発生をし、これが高山本線などに転属をするとされているそうだ。それよりも早く、キハ40形・48形の廃車も発生をしている。それはキハ25形が太多線など向けに追加量産をされたという点もあるからだ。


他の会社では現役で走っているキハ40形も東海では旧型車両の部類になりそうだ。なので車両の置き換えは始まりそうだ。キハ75形やキハ25形は高山本線の猪谷駅を越えて富山駅まで乗り入れてほしいのは妄想であるが、車両は東海と西日本で協力をしてもいいかもしれない。高山本線は北陸新幹線の開通後、東京から富山駅乗り換えで岐阜県飛騨地方などへ行くルートになるのだからJR東海と西日本で協力をしてのイメージアップも大事かもしれない。

IMG_6404
どういうわけかSKE48のセンターが変わった12月のカンガルーの発売日に発表されたこの内容。はたして、電化までに武豊線の撮影が可能なのか・・・キハ75形の記録などを行いたいと考えている。SKE48の名古屋の劇場に公演や12月のカンガルー仕様の観覧車を見に行くのもいいが、こちらも忘れずに行いたい。また高山本線のキハ40形なども記録をしたい。東海地区でも気動車の組閣祭りは注目のイベントかもしれない。