ブログネタ
あなたの「北陸地方」のイメージは? に参加中!
IMG_1488a

いよいよ3月14日は北陸新幹線の長野〜金沢間が開通をする。それによる北陸の鉄道交通の大組閣祭りが行われる。今日の記事では北陸新幹線の期待とどのように交通が変わるかを書いてみた。

IMG_8176
IMG_8222
IMG_0909

北陸新幹線は長野新幹線を延長をする形で、長野〜金沢間の228kmで開業をする。その途中に長野県飯山市の飯山駅、新潟県上越市の上越妙高駅、新潟県糸魚川市の糸魚川駅、富山県黒部市の黒部宇奈月温泉駅、富山市の富山駅、富山県高岡市の新高岡駅、石川県金沢市の金沢駅ができる。黒部宇奈月温泉駅は、富山地方鉄道の新黒部駅と接続をする。管轄は飯山駅・上越妙高駅はJR東日本、糸魚川駅〜金沢駅間はJR西日本となる。ただし運転手や乗務員は長野駅が境目になり、長野駅で東日本と西日本の乗務員が変わる形になる。

IMG_1060
富山駅までの距離は東京駅から391km、金沢駅までの距離は450kmになる。東京駅からの距離は富山駅は東北新幹線では古川駅辺り、金沢駅は東北新幹線では一ノ関駅辺りとほぼ同距離になる。

IMG_8102b

これにより、東京〜金沢間は2時間30分、東京〜富山間は2時間10分程度で結ばれることになる。列車はかがやきとはくたか、つるぎとあさまではがやきが全席指定席の最速達タイプ、はくたかが自由席も連結をしている通常タイプ、つるぎは富山〜金沢間の列車、あさまは東京〜長野間の列車に使われる。


これまで東京から北陸地方へは、鉄道で行く場合、富山県・石川県は上越新幹線で越後湯沢駅まで行き、越後湯沢駅から特急はくたか、もしくは上越新幹線で長岡駅まで行き、長岡駅から特急北越で行くのが最も便利な交通機関だった。

IMG_7730a

石川県・福井県は東海道新幹線で名古屋駅か米原駅へ行き、名古屋駅か米原駅から特急しらさぎに乗るのが最も便利な交通機関だ。

北陸機関車1
能登正面1

しかしながら、乗り換えを伴うことや特急はくたか・北越・しらさぎの列車は在来線区間を走るので、雨や雪、風などの影響で列車の遅延や運休になることもしばしばある。また、2010年までは上野〜金沢間に夜行列車の急行能登と寝台特急北陸もあった。


その為に東京と石川県・富山県の間は利用者の多くが富山空港・小松空港発着の飛行機で、鉄道は少し影が薄かった。しかし、ゴールデンウィーク・お盆・正月の3大帰省シーズンには特急はくたかやしらさぎの指定席が満席になりやすく、自由席も大混雑をすることも多かった。普段のシーズンは特急はくたかは越後湯沢〜富山間での利用が多く、北越に至ってはガラガラの列車が多かったような気がする。

CIMG0609
IMG_5580

飛行機に頼るのはいろいろな点で問題がある。私はそれを最近実感をするような出来事があったので、その気持ちが痛いくらいに分かった。北陸新幹線の開通は特に首都圏との間に便利な交通機関の誕生を意味をしている。写真は金沢市の前田利家の銅像と富山県高岡市のドラえもんの銅像。

IMG_3458
IMG_0557

これまで北陸地方は、名古屋や大阪への利便性は高く、関東は遠かったイメージもある。大阪は特急サンダーバードが金沢や富山から直通をし、元々関西との関係は強いが、特に富山では大阪行きの特急が廃止をすることによって、関西との距離が遠くなりそうなのが心配だ。関西から見ればNMB48の曲ではないが、特に富山はオーマイガーという感じだ。そして名古屋については、NHKが北陸3県は名古屋局で統括をしているなどの関係があるが、金沢については特急しらさぎが走り、バスもあるからまだしも、富山については特急しらさぎが廃止になり、特急ひだが引き続き走る予定だ。その一方で東海北陸道経由のバスが運転本数を大きく増やしているので、そちらが中心になりそうだ。

IMG_9438

大阪駅では富山や長野への時間短縮のポスターが貼ってあったが、時間短縮以上に乗り換えが伴うのはそれを相殺をしているようにも見える。しかしながら長野に関しては時間短縮を認めたいと思う。なぜならば、大阪〜長野間はこれまで新大阪〜名古屋間を新幹線、名古屋〜長野間が特急しなので、片道4時間以上の所要時間がかかっていた。北陸新幹線によって、わずかながらが短縮されることになりそうだからだ。

IMG_2609
新潟県では北越急行線が特急はくたかの廃止によって大打撃を受けるが、越後湯沢〜新井間の快速列車の運行などで存在感をアピールをしているかもしれない。このプラネタリウム電車「ゆめぞら」も一つのアピールになるかもしれない。

IMG_0099
IMG_1187

本日3月13日をもって、JR信越本線の長野〜直江津間と北陸本線の直江津〜金沢間がJRから並行在来線会社の第三セクターに移行をすることになる。並行在来線については、長野県の長野〜妙高高原間がしなの鉄道北しなの線、新潟県の妙高高原〜直江津〜市振間がえちごトキめき鉄道、市振〜倶利伽羅間があいの風とやま鉄道、石川県の倶利伽羅〜金沢間がIRいしかわ鉄道になる。並行在来線に関する批判はよく耳にするし、私も納得いかない部分が沢山ある。北陸新幹線の開通に伴う、在来線の第三セクター化によって、長距離輸送などがしにくくなるのは事実だ。その影響を強く受けたのがトワイライトエクスプレスや特急サンダーバードやしらさぎではないかと思う。この開通を大組閣とずっと表現をしているのは、北陸新幹線の開通が鉄道に与える影響が半端なく大きいからだ。

続いて本日3月13日で廃止になる主な列車を紹介をする

IMG_0051
IMG_2106

まずは特急はくたか。681系と683系で走った。1997年以降、越後湯沢〜金沢(一部は和倉温泉・福井)間を走り、鉄道での北陸への輸送の中心的な存在だった。これは2014年5月に撮影をした北越急行線内での米山バックと2015年1月に越後湯沢駅での発車を待つはくたか。

IMG_0108
IMG_1200


続いて特急北越。この列車は485系で走った。新潟〜金沢間を結び、上越新幹線の長岡駅での接続で北陸と首都圏をつないだ。写真は2014年5月の日本海バックの北越と2014年12月の直江津駅での北越。北越にはしばしば写真のような485系の国鉄色が入ることもあった。

CIMG7554
これは信越本線の長野〜直江津間を走った妙高号。この区間は189系使用の普通列車が妙高号として走っていた。長野〜直江津間は主に普通列車が走る区間で特急列車はいつの間にかなくなっていたが、この妙高号は特急車両を使う各駅停車として結構レアな存在だったといえよう。

IMG_8042
IMG_5602

私は北陸新幹線の開業で東京と北陸の間が天候にあまり左右されない安定した交通機関を獲得ができ、より身近な存在になるのではないかと思う。北陸地方は温泉が非常に多く、宇奈月温泉や和倉温泉、山中温泉などが代表的な例だ。富山では路面電車が充実をしており、特に万葉線にはドラえもんトラムなどもある。周辺の五箇山や白川郷なども合掌造りなどの街並みで面白そうだ。石川も加賀百万石の城下町の金沢市だけでなく、能登半島など魅力的な場所もある。福井は新幹線は行かないが、路面電車なども充実をしており、永平寺などの名所もある。新幹線の開通によって、これまであまり知られていない場所がより知られる機会になれば幸いかと思う。しかし、名古屋や関西との関係の問題や並行在来線問題など失うものも多く、交通面では一筋縄にはいかない点もあるかもしれない。
IMG_2592
IMG_8244