IMG_5139
本日3月14日はJRダイヤ改正が行われた。最大の目玉は北陸新幹線の長野〜金沢間の開通と北陸の交通の大組閣祭りと首都圏では上野東京ラインの開通であった。今日、早速上野東京ラインに乗車をしてきたので、その模様を主に取り上げて行く。

上野東京ラインは、上野〜東京間に山手線・京浜東北線の線路の隣に線路を引き、東京駅発着の東海道線の神奈川県の横浜・小田原方面と上野駅発着の宇都宮線の栃木県の小山・宇都宮方面、上野駅発着の高崎線の埼玉県熊谷・群馬県高崎方面と乗り入れ、そして上野駅発着の常磐線の茨城県取手・水戸方面の列車を品川駅へと乗り入れるのを目的としている。これによって、山手線の上野〜東京間の混雑の緩和や埼玉・群馬・栃木・茨城・千葉(東葛飾地区)から東京駅や品川駅、場合によれば横浜駅への直通をすることを目的にしている。それにより、東京駅・品川駅での東海道新幹線、品川駅での京急線乗り換えの羽田空港へのアクセス野利便性の向上、そして横浜・小田原方面からは上野駅や埼玉・群馬・栃木方面への利便性向上を図っている。

IMG_0368
本日は、埼玉県内の高崎線の沿線で用事があり、早速この上野東京ラインに乗る機会が生まれた。乗車をするのは新橋駅からだ。新橋駅の東海道線ホームにはなんと・・・


水戸行きの常磐線のE531系が来たのだ。まさか新橋駅に茨城県の水戸までの列車が来るとは(前の5両は土浦行き)。その後は常磐線の車両で東京駅入りを果たす。東京駅は東海道線の下りだった8番線に着いた。ここが茨城・栃木・群馬の北関東3県のターミナルになるとは・・・


そして新線区間に乗車。新線区間はいきなり中央線のE233系と並走をし、神田駅は東北・上越・北陸新幹線の上を通り、高い高架の位置を通る。そしてAKB48劇場の最寄り駅で私も買い物に行くことの多い秋葉原駅を通過。そして御徒町駅も通過をすると上野駅だ。


上野駅では、6番線に到着をする。ここは先日まで宇都宮線・高崎線の上野始発が使っていたが、常磐線が乗り入れるのは新鮮だ。

IMG_0385
IMG_5121
上野駅では高崎線方面に乗り換えるのであるが、時間があるので上野駅で撮影に回った。上野駅では常磐線の特急がやってくるのだ。今日は梅のシーズンなので偕楽園駅にも特急ひたち・ときわが止まる。

常磐線の下りの特急列車は8番線発着で、これまでは宇都宮線・高崎線の上野始発の列車が使っていた。今日から上野駅は常磐線特急は一部の時間帯を除いては途中駅の扱いになる。なぜならば常磐線の特急は品川発着だからだ。

IMG_0387
IMG_5137
そして9番線には品川行きの常磐線特急のときわ66号がやってきた。特急ときわは、13日まではフレッシュひたちが担っていた列車で、主に品川〜勝田・高萩間で走り、品川〜水戸間では途中、東京・上野・柏・土浦・石岡・友部に停車をする。

IMG_0395
常磐線の特急列車が夢にまで見た東京駅や品川駅への乗り入れだ。車両自体はひたち時代のE653系が団体専用列車で、京葉線の東京駅や東海道線で品川駅まで乗り入れたことがあったが、定期列車としての直通は悲願かもしれない。

IMG_0402
IMG_0404

そして高崎線内で用事を済ませ、高崎線内から乗った行き先が伊東行きだった。まさか埼玉県内からやってきた列車が伊豆半島の伊東まで行くとは・・・駅での表示が、上野・東京方面の列車は「上野東京ライン」、新宿方面の列車は「湘南新宿ライン」と案内される。ややこしいのがさいたま新都心駅の扱いで、この駅は上野東京ラインと上野行き・品川行きのみが停車をし、湘南新宿ラインは通過をする。


この列車に東海道線の川崎駅まで乗車をしたが、10両編成とあって、大宮駅までは混雑をしており、赤羽〜上野間で少しだけすいたが、東京駅で大きな客の入れ替わりがあり、品川駅を超満員の状態で出発をした。「伊東行き」という静岡県の行き先で荒川を越えるは初めてかもしれない。湘南新宿ラインの「小田原行き」や総武線での「久里浜行き」では荒川を越えたがあるが、それよりも遠い行き先に乗るとは・・・




この上野東京ラインの開通で上野駅や東京駅で座れなくなる問題が懸念をされていたが、まさにそれが当たってしまった形だ。東京駅で空席になるのは半分くらいで、半分は立ち席になっていた。そして品川駅では超満員の状態で出発をし、多摩川を越えて、川崎駅で降りることにした。車両の混雑緩和は今後の課題になるかもしれない。

IMG_0416

南武線で武蔵小杉へと向かい、そして武蔵小杉からは横須賀線で品川駅を目指した。南武線のE233系は意外にも初めての乗車であった。

次は品川駅での出来事だ。品川駅では時間がわずかだったので品川駅を発着をする常磐線を主に撮影をした。

IMG_5146
IMG_5147
品川駅では9・10番線を常磐線は主に使用をし、9番線には特急ひたち・ときわが主に使い、10番線には取手行きのE231系が停車をしていた。品川駅で取手行きのE231系の常磐線を見るとは・・・なんだかここで常磐線を見られるのは嬉しい。脇を走る京急線の線路には京成の3050形のエアポート快特羽田空港行(京成・北総線アクセス特急)も来た。何だか、京成といい常磐線といい個人的に身近な車両が品川駅にやってくるとは・・・

IMG_0422
IMG_0418
そして9番線ホームには特急ひたち23号が停車をしていた。品川駅でE657系のK1編成が止まっていたのだ。ついに常磐線の特急列車が品川から走る時がやってきたのだ!!

IMG_5142
IMG_5143
IMG_5145
IMG_0396

今回のダイヤ改正で登場をしたというか役割が変わった特急ひたちは、先日までの特急スーパーひたちの役割を主に担い、主にいわき発着で、上野〜水戸間がノンストップになるが、一部は土浦にも止まる。水戸以北は停車駅が多く、日立や泉、湯本などにも停車をする。その中でも今回のダイヤ改正では磯原駅と勿来駅の停車本数が増えた。磯原駅の停車の増加を磯原強化というのであるが・・・(これはあることを引っかけているので、そちらについてはご察しください)

IMG_5151
品川駅から常磐線の取手行きのE231系に乗る。15両編成だ。まさか港区からこの車両に乗るとは・・・新橋駅と東京駅も停車をする。高崎線・宇都宮線が混雑をする一方でこちらはかなりすいている。

IMG_0440
IMG_0441
IMG_0435

この列車で松戸駅まで行く。松戸駅でもまさか「品川」の表示を目にすることになるとは・・・品川行きが常磐線で、荒川だけでなく、江戸川や利根川の向こうまで見られることになるとは・・・

IMG_0442
IMG_0448
松戸駅に停車をする品川行きだ。常磐線は宇都宮線・高崎線に比べれば少ないが、それでも東京駅や品川駅へ乗り入れる効果は絶大だ。常磐線の場合は北千住駅での東武線やつくばエクスプレスなどからの乗り換えや千代田線や日比谷線の混雑緩和が期待ができる。また日暮里駅では京成線や日暮里舎人ライナーからの乗り換えで、東京駅や品川駅への速達、そして横浜・小田原方面への乗り換えの迅速性などがアドバンテージとしてあるのではないかと思う。日暮里視点から見れば、上野駅では行き止まりだった常磐線が生かされる時が来たのかもしれない。

IMG_0439
松戸駅でおまけであるが、新京成のももいろの塗装にN800系も加わっていた。ももいろ新京成に常磐線品川行きに松戸駅に乗り入れる顔ぶれも変わったようだ。

IMG_0460
北千住駅には品川駅での京急での羽田空港の宣伝があった。品川駅への乗り入れは羽田空港へのアクセスが便利になることを意味をしている。というか北千住からであれば、千住大橋駅にも止まる羽田空港行のバスも走っており、早ければ40分もせずに着くことができる。

IMG_0450

北千住駅に戻ったところで初日の上野東京ラインの観察は終了というか打ち切りになった。この後、品川駅付近でトラブルが発生をし、山手線やこの上野東京ラインの各線が影響を受けたからだ。上野東京ラインは便利な一方でトラブルが発生をすると広範囲に及ぶ可能性もある。そのような事を一日目から考えさせられた。あとは列車によって大混雑をしているものもあるのでその対策も打つべきではないかとも思った。