2015-10-07-15-45-46
9月25日に大規模なダイヤ改正を行った京王電鉄。幣ブログでは久しぶりの京王電鉄の話題をここでは取り上げることにする。

9月25日の京王電鉄のダイヤ改正は、都営新宿線への乗り入れ列車の増加や準特急の停車駅の変更などが一つのポイントとして挙がっている。

2015-09-26-10-31-39
2015-09-26-10-41-26
都営新宿線への乗り入れ列車は、これまで昼間の乗り入れが都営新宿線内が急行の1時間3本であったが、この改正では都営新宿線内が各駅停車となる列車の1時間6本が乗り入れという形になった。京王線内の種別は快速や区間急行などがあるが、都営新宿線で橋本行きや京王多摩センター行きなどの行き先をよく聞くようになったのも事実かもしれない。でもどちらかで遅延などが発生をした時の扱いなどがどうなるかも気になるところだ。正直言えば、私はいまだに京王の区間急行の停車駅がどこに止まるか把握していない・・・快速は八幡山などにも止まるので

2015-09-25-16-29-51
2015-10-07-15-42-31
準特急の停車駅の変更については、笹塚駅と千歳烏山駅が追加された。笹塚駅は、都営新宿線との乗り換えを考慮をしたためで、千歳烏山駅は7万5000人以上の乗降客がいるにもかかわらず、新宿から行く場合は微妙に不便だったことがあるからかもしれない。その為に準特急の停車駅になったのかなと思う。準特急は今回のダイヤ改正からは相模原線橋本方面を中心にも走るようにもなった。

2015-10-07-15-33-43
京王のダイヤ改正で一番度胆を突かれたのが、京王八王子駅を4時42分に出発をする特急で、この列車は新宿駅に5時21分に到着をする。平日も土休日も運転をする。

IMG_0631
朝の5時30分前に新宿に着く速達列車があるのも驚きだが、この列車、新宿駅で5時33分発の山手線外回りに乗りかえると日暮里駅に5時53分に着く。そして約10分接続で京成線に乗り換えることによって、6時3分日暮里発の成田空港行のスカイライナー1号に乗ることも可能だ。この列車は空港第2ビルには6時39分、成田空港には6時42分に到着をする。新宿に5時30分前に着く列車はそのような意図があるのかと思い感心をしてしまった。

この列車は、京王線だけでなく相模原線の全ての駅から調布で乗り換えることが可能で京王線の多くをカバーをしている。残念ながら高尾線からは接続がない。また、南武線からも登戸を4時39分に出る発立川行きの初電から稲田堤駅で乗り換えることによって、登戸と中野島からも乗車が可能だそうだ。特に登戸に限って言えば、小田急線の新宿行きの初電が5時17分発なので、この列車は新宿を中心に各所に使えるのではないかと思う。駅によれば新宿5時29分に着く区間急行が接続列車になることもある。その場合、新宿駅では少し急ぐ必要があるかもしれない。

まさか多摩センターや八王子などからも京成のスカイライナーの初電に乗れるなんて・・・少し感動をしてしまった。この列車が東京駅から東海道新幹線や東北新幹線・北陸新幹線などの6時台の列車や羽田空港からの7時台の飛行機、更には成田空港からの7時台から8時台の早い時間帯の飛行機を意識して作っているのかなと思ってしまう。

2015-10-07-15-46-03
2015-10-07-15-46-40
最後に京王8000系の8713Fに9月30日から高尾山をイメージをした緑色の塗装に変わった。京王では数少ない観光地で多くの登山客がいる高尾山の宣伝の目的もある。(詳しくはこちらへ)この色、京王では1957年から84年まで走っていた2000系車両の緑色が使われている。先日、新宿駅でも撮影をしたので紹介をする。ステンレスにも緑色を塗っている。新宿駅はホームドアがあるので不完全な編成写真であるが走行シーンがあれば撮影をしたいものだと思う。

2015-09-26-10-41-17
京王のダイヤ改正は利便性を向上させているようにも見えるが、停車駅が複雑なのは初めて乗る分には理解をしにくい点もある。しかし京王は、将来的には定員制のクロスシートの優等列車を走らせたいという意向も示しているようだ。

IMG_2630
IMG_9049
駅の方も例えば、井の頭線の永福町駅などは橋上工事を行い、その上に駅ビルを作ったり、各駅停車しか止まらない駅にもLCDの列車の案内表示を設置をしたり、駅などへの使い勝手はすこぶる向上をしているように感じる。京王を使う機会はあまり多くないがたまに乗っているとこのような点が見受けられる。写真は永福町駅から見た富士山の写真。