IMG_0109a
1月8日の朝、滋賀県の柏原駅にいる。ここは関ヶ原の先にある駅で例年この時期は降雪シーズンだ。そんな柏原駅で降りたのは撮影地へ行くためだ。

IMG_7553
柏原駅から近い場所に伊吹山をバックに撮影ができる箇所がある。そこへ足を運んだ。それは朝の9時台から10時台にかけて3本の特急列車が立て続けに通過をするからだ。列車は、特急ひだ・しらさぎ・しなのの3本だ。特急しなのの大阪発着の列車は3月26日のダイヤ改正で運行区間が大阪から名古屋に短縮をされることが決まり、伊吹山と特急しなのを撮るには今しかないと考えたからだ。

IMG_0063
IMG_0069
伊吹山は雪の量が例年よりも少ない。しかしここでは伊吹山が大きく見える。まず、その伊吹山の下を通過をしたのが、特急ひだ25号のキハ85形だ。特急ひだの1往復は大阪発着だ。美濃太田駅だか岐阜駅だか忘れたが、どこかで名古屋発着の列車と連結をし、高山を目指すのだ。今では例の少ない多層建ての列車だ。まるで名古屋と大阪の某アイドルグループのメンバーが手を組んで同じ場所を目指していくようだ・・・

IMG_0072
IMG_0080
ここを走る普通列車は3本を除いてはJR東海の車両で大半は313系だ。上は米原行き、下は大垣行きだ。同じ313系でも上の米原行きは2両編成を2本つないだ4両編成、下の大垣行きは4両編成だ。同じ4両編成でも編成が違う。まるで東武の10000系のようだ。

IMG_0083
こちらは特急しらさぎ3号だ。しらさぎは名古屋〜金沢間の運転になった。北陸新幹線の開通後は首都圏からの利用者も減少をしているという話を聞いている。また名古屋方面からも東海北陸自動車道の完全開通の影響を受けているのではないかと思われる。

IMG_0095

こちらも特急しらさぎ4号だ。しらさぎは2015年3月からは特急はくたかなどに使っていた681系での運転になった。681系も683系も外見が変わらないな・・・と思う。昨年の春は塗装変更の工程で、681系のはくたか時代の赤帯で走っていた車両もあり、この車両が名古屋駅まで乗り入れ、大きく話題になったこともある。

IMG_0100
いよいよ次は特急しなの9号になる。しなの9号は6両で来るのかそれとも8・10両で来るのか・・・特急しなのは編成が読めない。というのは、6両であれば望遠レンズ、8・10両であれば広角レンズということになりそうだ。先ほどまではすべて望遠で撮影をしていた。

IMG_0107
そして特急しなの9号が定時でやってきた。少し前に広角レンズに変えた。編成は10両だった。

IMG_0109

まずはカーブを曲がる風景だ。これは50mmくらいで撮影をしたものだ。特急しなのの383系と伊吹山は1日1回であるが、今日の伊吹山は冬というよりも12月の半ばや3月くらいの風景だ。花粉のない3月くらいかもしれない。

IMG_0118b

一気に25mmに戻して10両全体を入れてみることにした。大阪発着の特急しなのは、先日から放送を開始をしたNHKの大河ドラマの真田丸の舞台2か所をつなぐ。始発駅の大阪は大坂の陣などで真田幸村が活躍をし、大阪市も天王寺区などにゆかりの場所がある。そして長野は上田市が真田家の本拠地で、長野市の松代も真田家と関わりのある場所だ。真田幸村とかかわりの深い地を結ぶこの列車、真田丸の放送中に廃止になってしまうのは何なのだろうか。しかもここは関ヶ原の近くだ。関ヶ原の合戦も真田幸村の歴史にかかわりの深い場所だ。本当にこの列車は真田家と関わりがある。

IMG_0121
この後は下りに貨物列車も通った。そのあと、この撮影地を後にした。

IMG_0114
今回の撮影は冬というよりも初冬や晩冬のような写真だったが、1時間以内に3本も4本も特急が走るのでそれを収めたかった。駅からこんなに近いのだったら117系が残っている時代にも行きたかったと少し後悔をしている。某アイドルグループのことで名古屋へよく行っている時代だったからなおさら悔しい・・・この近くでは伊吹山と東海道新幹線の撮影地もあり、700系やドクターイエローなども収めていきたいなと思う。記事のタイトルはこれから先を目指す大阪を本拠としている某アイドルグループの曲から取った。

IMG_7546
柏原駅からは米原駅に向かうが、この辺りは名古屋がメインの中日新聞と京都や滋賀がメインの京都新聞が販売されている。ここは新聞の面でも名古屋と京都・大阪の中間点というのを改めて感じさせる。

IMG_7554
柏原からは米原へ行き、隣のホームの新快速に接続をする。それに乗って、一気に大阪へと向かう。大阪ではいよいよあの列車を撮影をしに行きたい。