IMG_3019a

2月28日の話になるが、私は小田原へ行ってきた。それはこの日に走った特急列車などを撮りに行ったからだ。

IMG_8773
IMG_8775
IMG_8781
まずは北千住駅から千代田線発のメトロはこね21号に乗る。これは小田急の60000形MSEロマンスカーが使用される。メトロはこねは何回か乗ったことがあるが、北千住から小田原まで通しで乗るのは意外にも初めてだ。日曜の朝のこの時間帯は、千代田線北千住駅は東武本線やつくばエクスプレスなどとの乗換客で、賑わっているのは相変わらずであるが、それを横目に出発をする。東京マラソンで賑わう東京都心部もあっさり通過。東京マラソンの列には新御茶ノ水駅付近で会ったのかな・・・

IMG_8775
IMG_8779
大手町・霞ヶ関・表参道に停車をした上、代々木上原駅から小田急線に入る。代々木上原駅は運転停車で乗務員が変わる。ただし車販については北千住駅から乗り通す。そういえば、小田急ロマンスカーの車内販売嬢をテーマにした映画が最近であるが、AKB48を卒業をした大島優子さんの主演で公開をされたなあ・・・。

成城学園前駅に停車をし、多摩川からは富士山が見えない・・・そして町田駅の次は一気に小田原駅までノンストップだ。ZARDの名曲の揺れる想い・負けないでが到着メロディの渋沢駅も通過をする。

IMG_2946
そして小田原駅に着く。今日の撮影は小田原駅の周辺の各地で行う。まずは小田急線の7番線ホームから東海道線と小田急線を撮影をする。これは東海道線のE233系と小田急のMSEロマンスカーだ。今日の最大の狙いは小田急線ではなく、東海道線を走るE653系の特急いなほ色の撮影だ。今日は7ヶ月ぶりの特急いなほのE653系の撮影だ。それは、2月28日に熱海〜新潟間で団体専用列車が運転をされたからだ。

では何故、小田原城を狙って撮影をするのかといえば、熱海からの運用の前にE653系は伊東駅から国府津駅へと回送をされ、そのあとで国府津駅から熱海駅へと戻り、熱海から新潟へと向かうのだ。これはNGT48の本拠地の新潟支社の主催のツアーであるからだ。

IMG_2967
IMG_2966
IMG_2965
その前に小田急線で目立ったものを紹介をしたい。こちらは50000形VSEロマンスカーだ。案内表示は特急スーパーはこね13号だ。この列車は、新宿〜小田原間ノンストップの列車だ。(記事では3月25日をもって廃止と書いてしまいましたが、3月26日以降も走るとのことです。誤った情報を失礼しました)

IMG_2986
こちらは4000形の快速急行新宿行き。4000形はいよいよ3月26日より千代田・常磐線の綾瀬以東の区間に乗り入れ、葛飾区や千葉県に営業運転として乗り入れる。4000形よ、葛飾や松戸、柏の地で待っていろよ!と私は言いたい。

IMG_2945
小田急60000形MSEロマンスカーと50000形VSEロマンスカー、そして箱根登山鉄道カラーに塗られた1000形。青・白・赤のトリコロールがここでは実現をした。1000形のリニューアル車にはまだ私は乗車をしていない。

IMG_2952
IMG_2953

小田急のMSEロマンスカーと小田原城と貨物列車だ。少し白っぽい空になった・・・小田原のシンボル小田原城は、今は改修工事でしばらく入れない。現在放送中のNHK大河ドラマの真田丸では、小田原城を本拠地とした北条氏政が出てくる。そのような小田原城をバックに様々な列車が走るが、小田急の架線柱などがあり、綺麗には撮影ができないが、小田原のシンボルということで、入れたら面白いかも知れない。

IMG_2979

こちらは東海道線のE231系と小田急のMSEロマンスカーだ。長い編成は柱にかかってしまうかもしれないが、ここではどのような共演が待ち受けるのか・・・

IMG_8786

まず小田原駅7番線の小田急線ホームに小田急の30000形EXEロマンスカーのはこね15号が到着をする。小田原駅で切り離しのために4分停車をする。10両中6両は箱根湯本行き、4両は小田原止まりだ。

IMG_8788
IMG_2990
続いて小田原駅10番線ホームからはMSEロマンスカーのメトロはこね22号北千住行きがやってくる。この列車は、小田原で4両をつなげて、箱根湯本からの6両を含めて10両で走る。さっき4両のMSEロマンスカーを取り上げたのは、この列車につなげるためだからだ。

IMG_2991
E653系の伊東から国府津への回送の小田原駅の通過時刻は11時37〜38分くらいを読んでいた。ということは、ここでE653系と小田急のEXEロマンスカー・MSEロマンスカーの共演があるのではないかと見込んだ。そして11時38分にE653系が小田原駅の貨物の通過をする外側の線路を通過をした。小田急3000形と見えにくい位置にMSEロマンスカーが写っている。MSEロマンスカーとE653系の共演は常磐線の特急ひたち時代におそらく北千住〜綾瀬間であったかもしれない。久々の顔合わせかも知れない。

IMG_3005
そして小田原城とE653系のいなほ色の共演だ。これまで多くのE653系を撮影をしたが、城バックは史上初めてかも知れない。というかひたち・いなほの両時代を通じて、東海道線の大船から西に乗り入れるのは初めてかも知れない。(大船までであれば、急行ぶらり鎌倉で乗り入れている)そしてその後、決定的なシーンが発生をした。

IMG_3018
小田急ホームの7番線に停車をしていた小田急の30000形EXEロマンスカーの脇をE653系が通過をしたのだ。なんとここで小田急のEXEロマンスカーとE653系の共演劇を撮影をしたのだ。E653系はひたち・いなほ時代を通じて史上初めての組み合わせだろう。EXEロマンスカーは新宿駅を発着をしており、ひたち時代のE653系は上野駅を発着をしていた。東京の違う場所から出ていた1990年代半ば以降に製造された同世代のこの2つの車両が並ぶのはある面、夢の共演かも知れない。ひたち時代のE653系も小田急のEXEロマンスカーもグリーン車などがなく、通勤などのビジネスライクが強い車両でどちらかといえば華やかさにやや欠ける車両であったことも共通をしている。小田原城との写真よりもこちらのほうが貴重なものになった。

IMG_3027a
そして次は、2本目の撮影をするべく、東海道線の小田原市内の撮影名所へと向かう。この眺め、まさに絶景・・・