IMG_0220

5月14日にJR東海のさわやかウォーキングのコースの一つで行われた静岡車両区の公開イベント。この記事では、ここで撮影をした写真を何本か紹介をする。

IMG_0214
静岡車両区に所属をしている車両は、現在は211系と313系と373系だけだ。これらが1編成ずつ展示をされた。

IMG_0271
IMG_0269

IMG_0297

まずは211系。今回展示をされたのはGG9編成。静岡の211系といえば、トイレがなく、ロングシートという事で完全に通勤車仕様になっている。特に青春18きっぷの利用者からも評判がいまひとつよくない。しかしながら、211系自体が東京とその周辺では見ることが少なくなった今、静岡の211系でさえも貴重に見える。東側は花の木金号という過去に走っていた列車のヘッドマークを付けていた。一番下の写真は、下の方から上に向けて撮影をしたものだ。車庫見学の場合は、このような角度から撮影をすることもできる。

IMG_0187

IMG_1282
これは西側につけられていた1989年のSUNPU博のヘッドマークだ。もう27年も前であるが、静岡でこのようなイベントが行われていたのだ。211系はちょうどこの時代に出た車両だ。「快速」という表示は、名古屋地区の211系ではよく見かけるが、静岡地区では滅多に見かけない。

IMG_0224
IMG_0201
IMG_0196
次は373系。静岡地区では、山梨県甲府と静岡を身延線経由で結ぶ特急ふじかわやホームライナーに使われ、数年前までは東京駅までも1往復東海道線をわざわざ走ってきた。2007年までは特急東海、2009年まではムーンライトながらに使われた。東京ではなじみが薄くなってきた車両だ。

IMG_1280
今日はトレインフェスタのヘッドマークを付けて展示をしている。この列車は、5月14・15日の静岡ホビーショーに合わせて、熱海〜静岡間と浜松〜東静岡間で運転をされた全席指定席の急行列車だ。

IMG_0216
IMG_0211
次は313系だ。313系といえば、JR東海の多くの地域で見ることのできる車両だ。しかし、展示などで見ることは初めてだった。313系はW8編成だ。表示は快速浜松行きと出している。この313系の快速浜松行き、名古屋辺りで見られたかな・・・いずれにしても静岡ではレアな種別だ。


IMG_0261
IMG_0260
静岡の313系は言うまでもなく、ロングシートの2000番台がメインだ。(身延線や御殿場線などでも使われるクロスシートの3000番台も静岡の所属であるが)今回は車内の撮影や半自動ドアボタン、そして運転台や車掌室の撮影をした。運転台はガラスの向こう側からの撮影であった。このような運転台や車掌室であれば、このようなイベントの時でしか撮ることができない。車内ではJR東海の地震などの対策についてのパネル展示もあった。

IMG_0280
313系では、前面の貫通扉を開けて、非常訓練のはしごなどで降りる体験も行った。313系はどこでも見られる車両かと思えば、いろいろ知ることができた。

IMG_0185
静岡車両区にあった展示を少しだけ紹介をする。これは字幕の表示機だ。急行つがいけ信濃森上行きの表示だ。これはかつて特急しなので走っていた381系かな。急行つがいけは、1982年まで名古屋から大糸線の長野県の信濃森上(白馬の隣駅)まで走っていた。現在、この区間には特急しなのが名古屋から白馬まで臨時で走ることもある。SKE48の本拠地と真田家の地元を結ぶ特急しなのの原型になった列車かもしれない?それにしても貴重な幕を見られただけでも良かった。
IMG_0183
IMG_0184
静岡車両区の展示では、方向幕以外にも、コンプレッサーやパンタグラフ、台車などの展示をしていた。細かい部品まで丁寧に展示をしていた。

IMG_0237
IMG_0241
IMG_0245
そして1996年まで165系車両で走っていた急行東海のヘッドマークや1995年まで同じく165系車両で走っていた急行富士川のサボも展示をしていた。急行東海は静岡〜東京間の列車で、東京駅などまで見に行ったこともあった。
IMG_0235
そして最後に紹介をするのが、371系の模型だ。371系といえば、1991年から2012年までは小田急線新宿と沼津を結ぶ特急あさぎりで使われ、2014年まではJR東海の波動用の車両として静岡や名古屋などで走り、今は山梨県の富士急行へと移籍をし、4月23日から富士山ビュー特急として再スタートをした車両だ。

IMG_7395
IMG_0416
IMG_1290

371系の現役時代の写真と現在の富士急行での写真とともに、今回の静岡車両区ではJR東海時代の車両番号のX1という表示も出していた。やはり371系は静岡車両区の最大にして最高のヒーローだったのかもしれない。今は山梨県の富士急行で活躍をしているが、富士山の周辺を再び走るこの車両。何かとこの地域に縁があるようだ。

IMG_0227
今回のイベントはさわやかウォーキングの一つとして行われ、さわやかウォーキングに参加をし、特に静岡駅で渡されるパンフレットを提示をしないと見学ができないなどかなりハードルの高いイベントであった。規模もコンパクトにまとめられ、鉄道ファンや家族連れなどこの手のイベントに参加をする層も多くいたが、鉄道イベントとしては特有の独特の空気がなく、普段よりも落ち着いて楽しめるイベントだった。そのためだけに静岡へ行って本当によかったと思う。