IMG_2013
6月11日は群馬方面へ撮影へ行った。この日は梅雨の合間の晴れという日だった。

群馬へ行く目的は、この日に走ったSLみなかみ物語の撮影をしたかったことやあとわずかの115系の撮影、それと現在放送をしているNHK大河ドラマの真田丸の舞台の一つの群馬県の沼田へ行ってみたかったのもある。

行きに大宮から高崎まで使用をしたのは485系のリゾートやまどりだ。リゾートやまどりは撮影は多数しているが乗車はしたことがなかった。この列車は全席指定席で、520円の指定席券で、グリーン車よりも安い。

IMG_2345

リゾートやまどりの直前には高崎線の熊谷・高崎方面から485系の団体専用列車の華がやってきた。こちらもお座敷列車として使われていた。

IMG_2014
IMG_2016
IMG_2034
今回取ったのは、先頭車の6号車の一人掛けの座席だった。なので、前面展望ができる。ちなみにリゾートやまどりは、展望席はなく、フリースペースになっている。それでも座席からは前面展望ができるので、そこで撮った写真を主に取り上げていく。リゾートやまどりは、座席は進行方向、東(北)寄りが一人掛け、西(南)寄りが二人掛けの座席だ。東日本では一部の特急車両のグリーン車でもある座席のパターンだ。

IMG_2022
IMG_2024

8時52分に大宮駅を出て、上尾駅の手前でE233系(駅前があるのでヨーカドーが目印)、北上尾駅の手前で651系の赤城4号とすれ違う。しかし、651系が群馬方面で走っていることを依然としてまだ慣れない。

IMG_2347
IMG_2356

これが吹上駅の前後だ。この辺りは有名な撮影地も多く、荒川にも近い。EH200形の貨物列車とすれ違い、吹上駅にはE231系が停車をしている。この後は、のぼうの城で有名な行田市の玄関口の行田駅を通過をする。また、真田丸でも出てきた忍城(おしじょう)もこの行田の付近にある。

IMG_2360

その行田駅の先で、特急あかぎの651系とすれ違う。そして熊谷駅に停車をする。

IMG_2366IMG_2036
IMG_2030
IMG_2032

IMG_2372

熊谷駅とその先の写真だ。1枚目は熊谷貨物ターミナルだ。これは横から撮影をした。2枚目は、秩父鉄道との連絡線だ。これはJRと秩父鉄道を結ぶ連絡線で、熊谷貨物ターミナルに到着をした東武鉄道の甲種輸送の車両は本線・東上線関係なく、この線路を通り、秩父鉄道の武川駅付近へ。そして本線系統は伊勢崎線と接続をする羽生駅、東上線系統は寄居駅へと回送される。3枚目は籠原駅だ。運用離脱した211系を見ることができ、E231系が大宮や上野・新宿方面へ向かう。4枚目・5枚目は煉瓦で有名な深谷駅だ。深谷駅ではEF65形の単機とすれ違う。

IMG_2379
そして岡部〜本庄の有名な撮影地付近でまたまた651系の特急あかぎとすれ違った。このような形で撮影ができた。リゾートやまどりは本庄駅にも停車をする。この駅は伊勢崎方面へのバス乗換駅だ。

IMG_2039
IMG_2040


こちらは埼玉県と群馬県の境の神流川だ。区間は神保原〜新町間だ。神流川は上杉と北条の合戦が行われたこともある。

IMG_2385
群馬県に入り、新町〜倉賀野間では烏川を越える。この辺りは、駅を越えるごとに川も越える。いずれにしても利根川の支流だ。この辺りは高崎線は上下線分かれて走る。

IMG_2390
そして高崎駅に到着をする。高崎駅の手前にはEF65形のPトップこと501号機がいる。この車両は1964年から走る古豪で、500番台では唯一の生き残りだ。貫通扉のない車両で、往年の姿を見せる数少ない車両だ。

IMG_2391

そして10時4分に高崎駅に着く。駅には107系が停車をしている。107系もあとわずかかもしれない。ここで降車をする。リゾートやまどりの先頭車両から味わえた高崎線の展望風景。E231系やE233系、651系などの旅客列車だけでなく、貨物列車、留置をしている車両、鉄橋なども撮影ができた。前面展望の楽しさやそこから見る風景などを味わうことができた。

IMG_2397
IMG_2409
高崎からはレンタカーで沼田方面を目指すことにした。沼田は高崎からも約40厠イ譴討い襦なので高速道路で行くことにした。その途中に関越自動車道の赤城高原サービスエリアに立ち寄った。

IMG_2414
IMG_2058
赤城高原サービスエリアでは、真田丸の舞台の一つの沼田市にちなんで、真田幸村(信繁)のグッズなども販売をしていた。サービスエリアにも六文銭ののぼりが立っていた。

IMG_2061
IMG_2072
沼田インターは、沼田市郊外にある。そこからグリーンベルというビルにある真田丸のイベントが行われていたので、そこをめざした。沼田市の地形は、河岸段丘で上越線の駅は底にあるが、市街地は高台にある。そのために心臓破りの急坂を越えなければならない。グリーンベルの真田丸のイベントで、ドラマの真田丸を中心に取り上げている。そこへ行きたかったからだ。