IMG_8949
8月27日、この日は西明石から名古屋へと移動をする。その模様についてお伝えをしたい。

西明石駅を朝に出発をし、新幹線を撮影をしたあと、次に目指すのは、三ノ宮駅だ。西明石と三ノ宮の間は、JRを使う。明石海峡大橋に近い舞子駅などを通るが、今日はパスをする。

IMG_3845
三ノ宮駅前にはダイエーがあるが、ダイエーのイオン化への影響が関西でも進んでおり、8月31日に閉店になった。来春からはイオンスタイルとして変わるようだ。ダイエーも早いうちに撮影をしておいたほうがいいかもしれない。ダイエーと関西の鉄道車両も一つの記録になるかもしれない。

IMG_3849
IMG_3851
三ノ宮駅で、JRから阪神へと乗り換える。阪神の三宮駅は、そごうの近くにある。大阪の難波から名古屋までは近鉄の特急に乗るのであるが、難波駅での乗り換えを有利にするために、三宮からは阪神線に乗り、難波を目指す。阪神なんば線の開通以降、阪神は梅田だけでなく難波にも行けるようになり、非常に便利になった。写真は近鉄の車両だ。快速急行奈良行きだ。阪神なんば線を通じた阪神〜近鉄の相互乗り入れでは、三宮からは近鉄奈良線の奈良駅まで乗り入れる。JRにはない兵庫県から大阪都心部を貫いた奈良県への直通だ。

IMG_3860
IMG_3862
途中、甲子園駅などを通った。甲子園球場は言うまでもなく高校野球並びに阪神タイガースの本拠地球場だ。高校野球並びに阪神の試合開催時は多くの利用がある。甲子園での試合を見に他の地域からの利用も多そうだ。阪神電鉄はそこが他の鉄道会社に比べて特徴があるのではないかと思う。

IMG_3872
IMG_8827
そして尼崎駅で乗り換えて、大阪難波駅に着いた。阪神電鉄は、梅田と難波の両方に乗り入れるので利便性が大変高くなった。難波駅からは12時発の名古屋行きの特急列車に乗り換える。1台前の11時30分発に乗る予定だったが、それがなんと幸いになった。

IMG_3876
IMG_3877
近鉄の難波駅には、笑い飯の2人がそれぞれ真田幸村と徳川家康のコスプレに扮して、近鉄特急が名古屋と大阪の間を「ゆきやすい」と宣伝をするCMが流れた。なるほど真田信繁(幸村)は大阪、徳川家康は愛知ゆかりの武将なので、真田丸に合わせて、敵味方関係なく??手を組んで宣伝をしているのか。

IMG_3880
IMG_3881
IMG_3882
そして12時大阪難波発名古屋行きの特急列車はアーバンライナーnextの21020形がやってきたのだ!大阪と名古屋の間をアーバンライナーで乗るのは6年ぶり3度目であったが、いずれも21000形だった。この車両は2003年に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞をするなど一度は必ず乗りたいと思った車両だ。関東に住んでいれば本当に乗る機会が少ないものだ。

IMG_3885
大阪は難波を出て、上本町と鶴橋に停車をする。近鉄の大阪市内のターミナルはこの3か所に分散をしている。鶴橋からは近鉄大阪線に入る。八尾市や柏原市など郊外都市を通過をし、奈良県に入る。途中には関屋とかそういう駅もあったりする。橿原市の中心地の大和八木駅も通過をする・・・1年前ここで、アーバンライナーnextを見たっけ・・・

IMG_3915
座席はゆりかごシートと呼ばれる自慢のものであるが、座席に厚みがあり、シートピッチがやや広かった。快適性の高い座席で、普通車でも満足だった。しかし、製造時期によるものかコンセントなどがなかった。これがしまかぜあたりと違う点だった。デッキには近鉄特急名物のおしぼりがある。特注のおしぼりを出すしまかぜと違い、普通のおしぼりだ。

IMG_8830
IMG_3891
IMG_3890

車内のLCDモニターでは走行シーンを流すシーンもある。これは京成のスカイライナーなどとも同じだ。近鉄の場合は、奈良県内に入り、山間風景が連続をしたので山越えの雰囲気も味わえる。とにかく近鉄大阪線は、山岳区間が連続をする。そのため行けば行くほど標高が高くなる。その後、布引山地のネックの青山トンネルを越える。

IMG_3897
青山トンネルを越えて、しばらくして、伊勢中川駅の手前で大阪線から名古屋線への連絡線を通る。伊勢方面の列車は、直通をし、伊勢中川駅に入線をするが、名古屋方面の列車はここを通る。この辺りはリオデジャネイロオリンピックの日本選手団の団長を務め、レスリング53垉蕕竜氾頂司殞ち手の出身地のあたりだ。リオデジャネイロでは惜しくも銀メダルに終わったが、圧倒的な強さで長年引っ張り、レスリングに大きく貢献をしたのは言うまでもない。

IMG_3902
連絡線を通ってまもなく津駅に停車をする。津駅までは難波駅から1時間20分だ。この駅で数分停車をし、乗務員が変わる。近鉄の名古屋〜大阪の特急列車は、かつては鶴橋〜名古屋ノンストップの時代は伊勢中川駅の前述の連絡線を通過をする際に低速通過をして乗務員交代をしていたが、今は津駅に変わった。津駅の停車は名阪ノンストップでは利用者が少なく、そのための停車ではないかと思う。もうノンストップではほとんど列車が成立をしなくなったのかもしれない(私鉄でのノンストップ特急は京成のスカイライナーくらいか)

IMG_3907
IMG_3908
三重県内では、津駅の次は名古屋駅まで止まらない。鈴鹿サーキットに近い白子駅や三重県の中心地の四日市も止まらない。四日市あすなろう鉄道の訪問は今日はお預けだ。桑名駅を出て、揖斐川・長良川・木曽川を越える。さあ名古屋は近いぞ。

IMG_3913
名古屋駅に近くの蟹江駅付近からゆっくり走り出した。どうやら先行列車が遅れていて、その余波を受けているのだ。そして5分遅れて名古屋駅に到着をした。大阪難波駅から2時間10分で名古屋に着いた。

IMG_8838
名古屋駅に着いた。始めて乗ったアーバンライナーnext。快適な車両に乗れてよかった。次はデラックスシートで旅をしたいと思ったが、レギュラーシートでも十分な快適性の味わえる旅立った。近鉄特急は、三重県内の主要都市を通り、布引山地を青山トンネルを越え、三重県西部や奈良県内では高低差が激しい山間の区間を通る。新幹線にはない山越えの雰囲気や奈良や三重などの独特な景色はやはり魅力的かもしれない。新幹線の風景に飽きれば、こちらの風景で気分転換をしていくのもいいかもしれない。

さっきまで昨日、神戸市内でのライブを見に行ったNMB48の本拠地の大阪にいたのに、わずか2時間10分でSKE48の本拠地の名古屋だ。今日はSKE48のイベントがポートメッセなごやで行われているが、SKE48の某OGメンバーのイベントが名古屋市内で行われるのでこちらへ向かう。SKE48のイベントは大混雑をしているとの話なのでまずはOGのイベントへと向かう。