IMG_6423b
1月3日の撮影について報告をしたい。1月3日は、新年恒例の新年初撮り2017を行った。今年の新年初撮りは、中央線の山梨県の新桂川鉄橋を目指して撮影をすることにした。

新年初撮りは、毎年1月3日から6日くらいまでの間に、JRなどの特急列車を撮影に行く例年通りの企画で、今年で5回目を迎える。正月の帰省シーズンに合わせて、臨時列車などを撮影をすることが多い。9月のバースデー撮影会と並び、年中行事の一つだ。ことしは189系の特急かいじ188号を中心に中央線の特急を撮っていくことにした。

選んだ場所は中央線の鳥沢〜猿橋の新桂川橋梁だ。ここは言わずと知れた中央線の撮影地の超名所だ。ここでは189系の中でもとりわけグレードアップあずさ色のM52編成を撮影をしたい。それが来ればいいと祈っていた。

IMG_6324
IMG_6339
猿橋駅で、豊田車両センターから甲府までのかいじ188号の回送を撮る。この列車が折り返すからだ。やってきたのは、189系のM52編成だ。やったぜ・・・この車両を私は待っていた。なのでモチベーションがマックスハイテンションになった。絶対に撮影の失敗は許されない。

IMG_6463
今回、鳥沢〜猿橋にこだわったのが今年が酉年だからだ。  この撮影地へ行くのは8月6日以来5ヶ月ぶりだ。ちょうど、お盆(夏休み)と正月(冬休み)という時期を変えていくことになったのだ。8月6日の夏編はこちらへ。

IMG_6358
IMG_6360
IMG_6368
この鉄橋はどの位置からとっても名所だ。下りであれば、川の向こう、さらに橋を見下ろすアングルに見上げるアングルに、東の餘部と呼ばれるような超名所だ。今回は上り列車がメインなので、上り列車の名所へ行く。橋の下から長い坂を上ることになる。ここには架橋の記念碑もある。

IMG_6374a
まず狙ったのがスーパーあずさ18号だ。E351系は20年以上走る中央線の顔であるが、スーパーあずさとは最近は名前ばかりで、今では後継のE257系に比べれば古い。振り子機能を使わない今、スーパーと言うのであればグリーン車が1両まるごとあるくらいなのかなと思う。

IMG_6383

このあたりの通勤車両は主に211系に変わった。550Mの甲府発高尾行きだ。時期柄、甲府や松本辺りからの列車は特急列車の混雑を避けようと帰省客も多く乗っている。

IMG_6397a
こちらはE257系の特急かいじ114号だ。この撮影地のポイントは架線柱の影が車両に当たってしまう可能性があるので、それをどう克服をしていくかにある。最悪の結果だけは逃れて良かった・・・

IMG_6407
IMG_6409
今回の一番のメインの一つが、E259系の成田エクスプレス41号だ。成田エクスプレスは主に土休日に1往復だけ、河口湖まで走る。これは成田空港利用者の富士急線を通じた富士山や河口湖方面への誘客だ。成田エクスプレスのE259系はどこまで西で撮影できるかで2番目に西だ。(富士急の下吉田駅での撮影があるため)成田エクスプレスは成田空港が国内線でも定着をした今、各地へのアクセスへと奔放をしているようだ。

そして、いよいよかいじ188号の出番がやってくる。大月の出発は15時12分だ。15時20分までには通過をするのではないかと思う。 
IMG_6420a
IMG_6422a
IMG_6424a
     
新桂川の名所を走る特急かいじ188号だ。豊田車両センターの189系といえば最後の国鉄色のM51編成が注目をされているが、私は小さい頃にこの色に魅了をされてしまったことから今でもこの色が最も好きなのだ。この色をここで撮ることが一つの悲願だった。やはり絵入りのヘッドマークがこの車両にはよく似合う。夏に行った時には、この色の時間に間に合わなかったので、あずさでもかいじでもこの色を撮りたかった。でも乗る分にはどうなのだろうか・・・

IMG_6433
IMG_6442

このあとに、石油輸送列車とE233系の中央線も通過をした。日常的な中央線がこの橋を越えるのだ。201系が走っている時代に行きたかったとやや後悔をしている。

IMG_6454
最後に特急あずさ20号だ。11両編成で帰省客を多数乗せて、長野や山梨から東京へと向かう。まさに中央線のエースだ。

IMG_6457
帰りに鳥沢駅へ戻る時に山に太陽が落ちていた。まさにダイヤモンド富士のこの山バージョンだ。鳥沢駅からは藤野駅まで乗り、藤野駅からバスで温泉に向かい、新年の汗を流した。

IMG_6468
帰りに立川駅で降りて、立川駅で特急あずさ78号のE257系にあずさ50周年の側面ステッカーをつけたものが来た。この日はあずさやかいじが多く増発をされている。帰省シーズンで最も混雑をする時だからよくわかる。

IMG_6489
IMG_6492
その立川駅では、かいじ180号に充当をされた189系のN102編成旧あさま編成がやってきた。この編成は長野車両センターで、主におはようライナーなどに充当をされている車両だ。長野県内で霧の中撮影をした10月31日以来の出会いだ。真田丸は終わってしまったが、真田家ゆかりの長野を日常的に走る車両だ。もう特急あさまが廃止になってからも約20年が経過をするのか。この色を上野や日暮里などで見ていた時代が懐かしい・・・

IMG_2645
IMG_3173
中央線方面の特急といえばやはり特急あずさの次世代車両のE353系の行方が気になる。中央線はまさに首都圏JR屈指の特急街道だ。撮影をしていても面白い。E353系が本格的に走れば、その特急街道がさらに華やかになるのは間違いないだろう。