IMG_7105
東武鉄道が、鳴り物入りで投入をする新型特急車両は500系であるが、そのデビュー日が決まった。2017年4月21日だ。また、SL大樹の営業運転の開始も2017年8月10日と決まった。

東武の特急リバティの運転概況は、以前も伝えたように、浅草〜東武日光・会津田島間の特急を中心に、朝夕はスカイツリーライナーという浅草〜春日部間の特急、平日には浅草〜大宮・野田市間、大宮〜運河間の東武野田線直通特急のアーバンパークライナーなどに使われる予定だ。また、1本であるが、浅草〜館林間の伊勢崎線特急のリバティりょうもう、浅草〜東武日光間のリバティけごんにも使われる予定だ。(特急関連はこちらへ)

IMG_7134
IMG_7132
IMG_1253
500系とは別に伊勢崎線系統の特急になるが、りょうもうが全列車久喜駅に停車をする。久喜駅は一部時間帯のみの停車だが、今回全列車が停車をする。特に伊勢崎線の久喜以北は宇都宮線からの利用者が非常に多い。久喜〜足利市や太田などの短距離利用を取り込むのかもしれない。また、久喜にすべて停車をすることによって、宇都宮線のグリーン車への対抗をするのではないかと思う。なお、浅草・北千住〜久喜間の特急料金は510円だ。久喜駅が京成船橋駅のように見える。

IMG_3561
IMG_3571
500系リバティの運転本数は浅草〜東武日光・会津田島間のリバティ会津・リバティけごんは4往復走る。分割・併合は下今市駅にて行われる予定だ。それ以外にも浅草〜東武日光間のリバティけごんにも使われることもある。朝夕は前述の通り、浅草〜春日部間の特急や野田線の直通特急、伊勢崎線方面にも使われる。

このダイヤ改正で、特急の初電が繰り上げられる。日光方面は朝の7時30分浅草発であるが、リバティけごんや会津の初電は浅草6時30分だ。伊勢崎線方面は、土休日は浅草7時、平日は朝7時40分であるが、これも6時50分発に繰り上げられる。確かに山手線から離れていることもあり、特急の初電は遅めであったが、これによって少し使いやすくなるかもしれない。

IMG_5152
また春日部特急(スカイツリーライナー)、野田線特急(アーバンパークライナー)は、本線のせんげん台駅に停車をし、浅草・北千住〜せんげん台間は410円、浅草・北千住〜春日部間は510円で乗れる。せんげん台〜春日部間ならびに野田線内は普通乗車券で乗れる。また、大宮〜運河間の列車は大宮〜春日部間に限り310円で乗ることができる。

IMG_4739
リバティの特急料金は、スペーシアと同じく、浅草・北千住〜春日部間は510円だが、41kmから60kmは930円、61kmから120kmまでは1230円、121km以上は1440円になる。新藤原〜会津高原尾瀬口間の野岩鉄道は370円、会津高原尾瀬口〜会津田島間の会津鉄道は300円だ。従って、浅草・北千住〜湯西川温泉は1810円、浅草・北千住〜会津田島間は2110円だ。

しかしながら、61kmから120kmまでが同じ料金なのは高すぎるのではないかと思うこともある。例えば、北千住〜栃木間は78.8kmあるが、この区間の特急料金は1230円だ。運賃は890円で、特急券の方が極めて高い。また、北千住〜新鹿沼間も100.7kmであるが特急料金が同じだ。

IMG_9578
IMG_1534a
300系・350系を使った特急きりふりやしもつけ(浅草〜東武宇都宮間)などは残存をする予定だ。

IMG_4836
IMG_4845
IMG_4877
そして、SL大樹の運転開始は2017年8月10日と決まり、下今市〜鬼怒川温泉間を走る。主に土休日などを中心に走る。お盆の真っ只中からの運転開始となるが、東武鉄道がJR北海道からC11形207号機を譲り受け、客車はJR四国から譲り受け、転車台はJR西日本などから譲り受け、さらに大井川鐵道や真岡鉄道などへも研修を受けているという。まさに東武のSLへの思いは他社からの手助けで大きく期待をされるこのSL大樹。この車両が栃木県の観光を面白くするかもしれない。(詳しくはこちらへ)

IMG_9615
IMG_0946
それとともに下今市駅も改修をする。SLの日常点検はここで行うそうだ。下今市駅なども大きく変わることでSL大樹への準備が行われる予定だ。

IMG_0944
IMG_5567
IMG_9478
500系特急リバティ・SL大樹と2017年の東武鉄道最大の目玉が決まったことによって、今後だ大変楽しみだ。しかしながら、ダイヤ改正では6050系がどうなるかも注目だ。6050系は快速や区間快速などに使われているが、この特急リバティの登場による特急の見直しで、快速・区間快速が廃止になるという話もある。快速は、浅草や北千住から栃木や新鹿沼などへ便利なのであるが、廃止にするならば、浅草〜新栃木間で10000系の急行などを走らせて欲しいものだ。

IMG_2093
最近の東武(本線系統)の写真も紹介をする。最近の東武の目玉は50000系50050形のクレヨンしんちゃんの車両だ。クレヨンしんちゃんは春日部を舞台をしている。

IMG_7146
黄色のクレヨンしんちゃんの車両は50055編成だ。撮影をしたのは半蔵門線の押上駅だ。

IMG_7147
IMG_7140
IMG_7135
車体にはクレヨンしんちゃんの野原しんのすけや妹のひまわり、両親のひろしとみさえ、愛犬のシロ、そしてしんちゃんの好きなアクション仮面、友人のマサオくんまで書かれている。

IMG_6841
IMG_6840
IMG_6839
IMG_6835
これは12月のある日に北千住駅で撮影をしたクレヨンしんちゃんの50050形の50057編成の赤バージョンだ。赤バージョンはしんちゃんの友人のネネちゃんをイメージをしている。

IMG_6837
テレビ朝日で25年も続き、金曜の夜の30分を長年ドラえもんとともに人気番組になっているクレヨンしんちゃん。半蔵門線乗り入れを中心に東急田園都市線にも乗り入れ、多摩川を越え、神奈川県内までこの車両が走っているから結構捕まえづらいのだ。クレヨンしんちゃんのこの車両は50050形だけでも、赤・黄色以外にも水色・緑・オレンジのバージョンもある。水色は風間くん、オレンジはボーちゃん、緑はマサオくんをイメージをしての色だそうだまさか5種類の色が出るとは思わなかった。当初は乗り入れ先などでいらぬ心配をしていたが、まさに「オラはにんきもの」のように好評で良かった。北千住に乗り入れているのを考えるとなんか常磐線を走っていた特急ひたち時代のE653系の色を連想させるな・・・E653系も偶然にもこの5色と同じ色だったし・・・

役者のデビュー日が決まった東武のダイヤ改正。あと3ヶ月あるが、普通列車や快速などはどのようになるのだろうか。今後の状況も気になるところだ。