IMG_9925
3月25日に青春18きっぷを使い、東京から北上をした。今回の目的は2つのSLの撮影ということにある。その一つが群馬県を走るSLレトロみなかみで、主に撮影の模様をここでは書いていきたい。1月に挙げたSL10本撮影プロジェクトの2本目としてこのSLレトロみなかみの撮影をすることにした。

SLレトロみなかみは、D51形498号機牽引の列車で、上越線の高崎〜水上間で主に土曜日に運転をされるSLみなかみのシリーズの一つだ。レトロみなかみは高崎車両センターに所属をする旧型客車をけん引をする列車だ。実はまだ撮影をしたことのない列車なので撮影をしたかった。

IMG_8364
IMG_8365
大宮から高崎までは普通列車のグリーン車、高崎からは211系に乗った。211系が群馬県内の上越線で走るのは115系が減ったなと感じる。水上行きの幕は水色だ。ちなみに両毛線は黄色の幕だ。

IMG_8389
IMG_8370
水上駅に到着をする。昨年の真田丸の舞台の一つだった沼田付近なども通過をする。水上駅の付近だけが雪があった。水上は自治体名はひらがなで「みなかみ」と書かれる。おそらく、水上と漢字で書くと「すいじょう」などと呼ばれることがあるかもしれないからだろう。

IMG_9808
IMG_9818
IMG_9815
IMG_9825
レトロみなかみ号の客車は、2番線に停車をしている。機関車はひかれていない。この旧型客車は、SLレトロみなかみだけでなく、年間に数回、団体専用列車などに使われることもある。2009年を最後に乗車をしていない。また機会があれば乗ってみたいものだ。

IMG_9841
IMG_9852
IMG_9850
IMG_9857
本日の主役はD51形の498号機だ。それを撮影をするべく、水上駅の転車台へと向かう。1月22日にSL館山で撮影をしたので、今年2回目のD51-498だ。SL館山の時は、客車をけん引をしたままだったので単機で見るのは久しぶりだ。整備士さんが車輪に問題がないかどうかを見ている。SLはこうして毎回、多くの人の手によって走っているものだ。蒸気機関士に整備士に多数の人の力を借りて走らせている。人手を使う作業だからこそ多くの人を魅了をしているのかもしれない。

IMG_9861
そして床下のスノープラウ。先日も館山での運転の際もこのスノープラウを付けていたが、冬季の群馬県内では降雪もあるので必須のアイテムだろう。SLレトロみなかみのヘッドマークは雪の谷川岳などが描かれている。この時季は上越国境はまだまだ雪が多く、雪山という感じだからだ。SLみなかみは季節感のあるヘッドマークも魅力の一つだ。

IMG_9881
IMG_9884
水上駅から徒歩でわずかの撮影地へ行く。ここにも30人近くが集まっている。特にSLの出発の瞬間を撮れる撮影地としてもここは知られている。水上の気温は6度と他の地域よりも低めだ。このような状況で煙を吐いている機関車を撮影をする。機関車を少し先まで移動をし、そしてバックをして2番線に停車をしている客車につなげるのだ。

IMG_9889
IMG_9892
一度先まで行きバックをした状況で、客車につなげていくのだ。写真ではわかりにくいかもしれないが、イベントでない通常のSLはこのような機回しがあるのは見どころかもしれない。昨年、大井川鉄道の千頭駅でも似たようなシーンを見て少し感動をしてしまった。

IMG_9900
IMG_9904
上からも下からも煙が出て、15時20分に水上駅をSLレトロみなかみ号が出発をする。出発前には多数の人が撮影をしているとわかる。

IMG_9916
IMG_9921
IMG_9933
IMG_9936
まだまだ少し雪が残る水上駅を出発をするSLレトロみなかみ号。車内では窓を開けて手を振っている人も多い。旧型車両は他の車両にはない趣を感じるのかもしれない。D51-498と旧型客車の組み合わせは、2015年4月に会津若松〜郡山間のSL福が満開ふくしま号で見て以来の組み合わせだ。あの時は桜とSLであったがこの日は雪とSLということになった。

IMG_9945

IMG_8402
IMG_8416

水上駅を出て、長岡行きの普通列車に乗る。E129系だ。この車両で新潟に向かうのは初めてだ。水上を出て、雪の量が増え、新潟県内に入り、雪一色の銀世界だ。3月末なのにこんなに雪が積もっているとは思わなかった。トンネルの向こうはまさに雪景色だった。いったいどのあたりまで雪が積もっているのだろうか。越後湯沢や浦佐のあたりではまだまだ多数の雪だった。越後川口を過ぎて、小千谷くらいまでずっと雪だった。

IMG_8422
IMG_9962
長岡駅に到着をし、115系の快速列車で新潟駅を目指す。ダイヤ改正で115系がどうなるか気になっていたが、新潟から上越市方面の快速列車2往復は115系が使われるそうだ。本当に数が減っているので貴重なものになりつつあるからだ。115系の奏でる音はこれまでの馴染みのある音だ。夜の越後路を快走をする姿は何とも今でも頼りになるものだ。21時前に新潟駅に到着。2009年8月以来7年7か月ぶりに東京と新潟を青春18だけで行った。

IMG_0149
IMG_8446
26日もSLを撮影をする。ここでは2つ目のSLを撮影をすることにした。狙うはSL村上ひな街道号だ。この列車はSLばんえつ物語の組み合わせでおなじみのC57-180号機とSLばんえつ物語の客車がばんえつ物語の運転前にプレシーズン運転のような形で、新潟→村上間ならびに村上→新津間で走る。これは村上市でのひな祭りに合わせた3月の恒例の運転だ。一度撮影をしたいSLということで今年初めて、撮影をすることにした。