IMG_0044a
3月26日に新潟県内を走るSL村上ひな街道の撮影を行った。その模様を紹介をしていきたい。SL村上ひな街道号は、年に1回、3月に新潟市内から村上方面へと走る列車だ。SLばんえつ物語で使われるC57-180号機とSLばんえつ物語の12系客車がばんえつ物語の運転開始前にプレシーズン運転をするのだ

前日は群馬県内でSLレトロみなかみを撮影をしたために2日連続の撮影となった。この日はレンタカーを使い、撮影に行くことにした。レンタカーは新潟駅の近くで借りる。新潟駅の周辺には格安レンタカー屋も多い。新潟は自動車がないと行きづらい場所が多いからだ。

IMG_8428
レンタカー屋行く途中に、新潟駅でE3系の現美新幹線がいた。この列車は、車内は蜷川実花さんらがプロデュースをし、新潟〜越後湯沢間を主に走っている。

IMG_8427
新潟駅にはNGT48のメンバー4人を起用をした新潟市の消防団のポスターがあった。いよいよNGT48のメジャーデビューを4月12日に控えることになった。曲名は「青春時計」という曲で中井りかさんがセンターを務める。

IMG_8689
IMG_8471
IMG_8474
そのNGT48であるが、上越新幹線の越後湯沢・長岡・燕三条・新潟、北陸新幹線の上越妙高駅にNGT48のメンバーのデジタルサイネージ広告が行われることになった。(詳しくはこちらへ)越後湯沢駅は荻野由佳さん、長岡駅は宮島亜弥さん、燕三条駅は西潟茉莉奈さん、新潟駅は高倉萌香さん、上越妙高駅は角ゆりあさんが出演をする。宮島さんは長岡市の出身で、高倉さんは上越市の出身だ。しかし、荻野さんは埼玉県の東武本線沿線の出身、西潟さんは東京都出身、角さんは石川県の出身だ。4月29日には現美新幹線の出発式にはNGT48のメンバーも出演をするそうだ。

IMG_8278
IMG_6757
上越新幹線にはE4系Maxの置き換えとして、E7系新幹線の導入が決定をした。E7系は北陸新幹線で走っている車両であるが、色はどうなるのか。グランクラスは設置が決まった。最高速度は向上をするのか。かつて上越新幹線は越後湯沢の付近で最高速度275劼覗っていた時代があった。その時に回帰をするのだろうか。これに伴って、MaxときやMaxたにがわはなくなることになりそうだ。そしてNGT48の代表曲であるMaxとき315号は名称がなくなることになりそうだ。

さて、新潟駅の近くで車を借りて、SL村上ひな街道号を追うべく、撮影地を目指す。新潟駅の近くからは新国道7号線という幹線道路が新発田方面までつながっている。この道路は、インターチェンジもあり、信号もない。横浜の保土ヶ谷バイパスなどとよく似ている。それで無料の幹線道路なので、新潟〜新発田方面は白新線に沿う形で高規格道路がある。まさに道路に超偏重をしている新潟の交通を代表をする道路かもしれない。新潟から約25劼凌携田市まではあっという間についてしまった。白新線の佐々木駅付近の有名な撮影地は大混雑の情報があり、別の場所を目指すことにした。

IMG_9982
目指したのは中条駅の先にある胎内川の撮影地だ。いきなりEF81形の単機がやってきた。後ろには飯豊山が見える。このEF81形はSLひな街道が村上駅に到着後に、坂町駅へSLの機回しをする際に引っ張っていく車両だ。

IMG_9996
IMG_9997
そして、村上方面から115系の6両編成がやってきたので飯豊山をバックに115系を撮影をする。ちょうどよかった。青の新潟色と緑のいわゆるキムワイプ色がやってきた。冬から春へと動くこの時季、SLの前に素晴らしい写真が撮影ができてよかったようにも見える。

IMG_0014

E653系のいなほ6号が通過をし、その後にいよいよSL村上ひな街道がやってくる。中条駅の出発は10時35分ごろだ。

IMG_0034
飯豊山をバックに入れようかと考えたが、今回は編成ごと入れることにして、飯豊山よりも橋を越えるシーンを撮影をすることにした。

IMG_0037
IMG_0038a
胎内川を越えるC57形180号機のばんえつ物語の編成で走るSL村上ひな街道号。本日、飯豊山の風景よりも前から狙う編成を狙うことにした。ばんえつ物語の編成がそのまま連結をされ、グリーン車・オコジョ車両展望車・売店なども見事にフル連結をしている。実はリニューアル編成になってフルでばんえつ物語の編成を撮影をするのは意外にも初めてだ。

IMG_0052
IMG_0053a
煙はたくさん吐かなかったが、ある程度の煙が出ていた。1両目はばんえつ物語と同じくグリーン車だ。天気も晴れた。まさに年に1度に行われる晴れ舞台にふさわしい天気になった。

IMG_0057
IMG_0062
この列車は村上市のひなまつりに合わせて運転をする。村上市もひなまつりで有名な都市だったのか・・・さて、この列車を追うことにする。

IMG_0069
次の場所に向かう途中に、きらきらうえつの485系を撮影することができた。新潟の485系はジョイフルトレインのNO.DO.KAとこのきらきらうえつのみになった。485系の特急の雰囲気も味わうことができる最後の車両かもしれない。これを撮ってから胎内川の撮影地を出ればよかったかな・・・飯豊山との風景の方がよかったかな。

IMG_0074
IMG_0122
車を坂町駅の近くまで走らせる。この川はずばり「荒川鉄橋」だ。米坂線は、この荒川に沿って走る。超身近な名前の川が新潟にもある。そこで狙うのは村上から坂町への機回し回送だ。前述のEF81形が編成ごと、機関車も一緒にけん引をするのだ。

IMG_0085

E129系と雪山だ。東京の荒川では見られない風景ですなあ・・・今や新潟ではこの車両が最主力になった。

IMG_0103

そのEF81形によるばんえつ物語の12系の車両の牽引だ。年に一度、村上〜坂町でしか見ることのできないシーンだ。

IMG_0108
IMG_0110
IMG_0113
EF81形と連結をしたオコジョ展望車両、4号車のフリースペース展望車両、そして1号車のグリーン車展望車両、速度がゆっくりなのでSLばんえつ物語の特徴的な車両を撮影をした。

IMG_0115
グリーン車と連結をしたC57型180号機だ。後ろから煙を出しているのはSL北びわこの運転の際の同じだった。SLの動きはたとえ、これが電気機関車による牽引運転となってもまさに止まらないのだろうか。

IMG_0139
IMG_0143
IMG_0152
そして坂町駅へと向かう。坂町駅を越後荒川駅にしたらよかったのにと感じたこともあった。この坂町駅で機回し作業が行われるからだ。整備士さんたちが車輪を見ている。この坂町駅での機回し作業もSL村上ひな街道の年1回だけだ。Cなので3輪の動輪で昨日見たSLレトロみなかみのD51-498とは違う。

IMG_0149
IMG_0160
IMG_0166

これが村上ひな街道の機関車とヘッドマークだ。車内には機関士さんもいる。D51に比べれば、C57は貴婦人と呼ばれるがゆえにD51に比べると細身の形をしている。この180号機は白帯をしており、特別感もある。そして新潟や会津などを走るためか、スノープラウもついている。

IMG_8476
復路の村上発新津行きは、夕方からの用事の都合で撮影をすることができなかった。なので機回しやEF81形によるけん引などの撮影に変えた。この夕方からの用事というのがNGT48の劇場であったのだった。昨年10月以来3回目となった。時間に間に合わないかと思ったが、なんとか無事に間に合った。NGT48のメジャーデビュー前に、いろいろアクシデントもあったが、無事にデビューをしてほしいものだと思った。写真は劇場のあるラブラ2にあった1月のAKBグループリクエストアワーでのNGT48のMaxとき315号の1位の記念のボードだ。リクエストアワーはSL館山を撮影をした1月22日に水道橋のTDCホールで行われ、Maxとき315号が1位になったのだ。なお、出陣という曲はNGT48のデビュー曲の青春時計に収録をされる曲だ。

IMG_8512
IMG_8502
帰路は翌日に新潟〜内野間で越後線で115系に乗って、吉田まで越後線で出たために燕三条から池袋まで西武バスに乗った。燕三条駅から駅からわずかのところには高速バスの三条燕バス停もあり、そこから池袋をはじめ、長岡や上越市、長野や富山、名古屋や大阪へのバスも停車をする。なので長岡はバスでは行きにくい一方でこちらはバスでは行きやすい。関越道に入り、小千谷から越後湯沢の間は雪がまだ降っていた。