IMG_2676
4月21日の東武ダイヤ改正では500系新特急車両の運転開始が始まるが、それだけでなく、300系300形車両の廃車や6050系の南栗橋以南からの乗り入れ停止などが行われる。その中でも主に東京都内などで撮影をした写真や6050系などの思い出を書いていく。

IMG_2508
6050系は、浅草や北千住から東武線の日光や鬼怒川・会津鉄道方面の快速列車として1986年に登場をした。この1986年は、野岩鉄道の新藤原〜会津高原(現在の会津高原尾瀬口)間が開通をし、野岩鉄道や会津鉄道の乗り入れ列車だ。この東武日光線の快速は、特急が当時は浅草や北千住を出ると下今市や日光まで止まらなかったので、その補完的な目的として大昔から快速が運転をされた。のちに特急の停車駅が増加をし、春日部や栃木・新鹿沼などにも停車をすることによって快速の役割が大きく変わってしまった点がある。6050系は、1964年から走っていた6000系車両の車体更新で登場をした車両とこの野岩鉄道の開通後に製造をされた車両の2つがある。特に前者は、足回りが非常に老朽化をしている。6000系は写真で見たことがあるが、何か京急の1000形(初代)にもなんとなく似ている車両だった。

047540ec.JPG
特に野岩鉄道の新藤原以北は湯西川温泉や会津田島などへの行く点では、特急が鬼怒川温泉で終点で、特急は走らなかった。しかし約10年前までは急行南会津などが直通をしていた。南会津も廃止の際には反対があったそうだ。本当は特急列車などが走ってもおかしくない場所だった。

IMG_7521
IMG_2925
IMG_7662
IMG_5897
IMG_9966
IMG_2509
IMG_2483
東武6050系の快速は、浅草を出るととうきょうスカイツリー(業平橋)・北千住を出ると春日部まで止まらなかった。その中でも複々線内(北千住〜北越谷間)で普通列車をごぼう抜きを姿はまさに圧巻だった。春日部から先も東武動物公園・板倉東洋大前に停車をし、その次の新大平下からは快速は通過駅があるが、区間快速はこの駅から各駅停車になった。特に北千住と栃木市(新大平下・栃木・新栃木)の間は、韋駄天ぶりで停車駅が少なく速達性の恩恵を受けていた。あとは南栗橋に止めてほしかったな・・・というのが本音だった。しかし。2006年から2013年まで区間快速は東武動物公園から延々と終点の東武日光や会津田島などまで各駅停車だったので、時間が非常にかかった。その時期は乗る機会が少なかった・・・。この辺りから東武の快速や区間快速は以前よりも使いにくくした点もあるかもしれない。それは、前述のように特急の停車駅が春日部や栃木、新鹿沼などにも止まるようになり、特急との差別化を早いうちに図りたかったのかもしれない。

IMG_0944
IMG_0942

東武の6050系といえば、特に下りは行き先が違うことが多いので、車内にも行き先案内幕を出していることも特筆される。2両は東武日光行き、2両は新藤原行き、2両は会津田島行きというような多層建ての行き先で走ることかもしれない。東武日光行きと新藤原・会津田島行きの切り離しと増結は下今市駅で行われる。新藤原行きはわかりにくいために鬼怒川温泉をかっこで出していることもある。新藤原駅で増結や切り離しを行われるためだ。このような多くの行き先を柔軟に走らせるのは今の時代では珍しいかもしれない。上りの場合、会津田島から乗ると2両で始まったかと思えば、新藤原で4両になり、そして下今市で6両になり、浅草や北千住を目指すというのはまるでわらしべ長者のように面白いのかもしれない。

IMG_0949
IMG_0507

東武6050系には野岩鉄道と会津鉄道の所属車両もあるのも特徴かもしれない。この車両については5桁の番号で下3桁が100番は野岩鉄道、200番は会津鉄道のものだ。やはり6050系には、2ドアクロスシートなので、非日常的が感じられることなどがあるかもしれない。それで韋駄天ぶりでそれが旅情を誘ったのかもしれない。

IMG_2602
IMG_2603
IMG_0364
IMG_7002
IMG_1699
IMG_9817
浅草駅を出て、隅田川を越えるシーンも、北千住駅を出て荒川を越えるシーンも、そして鐘ヶ淵〜堀切間の菜の花畑でのシーンも見ることができない。東武スカイツリーラインの区間は下町のイメージが強いかもしれないが、このような風景などが味がある場所がい多いのだ。

IMG_2675a
IMG_2673
IMG_2714
そして最後の写真がこれぞまさに東武スカイツリーラインという名前通りの写真だ。撮影をしたのは4月19日の夕方4時ごろで、浅草〜業平橋間の源森橋から撮影をしたものだ。ここは都営浅草線の本所吾妻橋駅に近い。ここはスカイツリーと東武線を撮影ができるまさに東武スカイツリーラインそのものの写真が撮れる場所だ。快晴の青い空、そして東武ご自慢の東京スカイツリー。そして30年以上この地を走ってきた6050系。最後の最後に最高の写真を撮ることができたのは本当によかった。京成などとスカイツリーもいいけど、やはり東武とスカイツリーは別格だ。

IMG_2700
ついでにここに来た200系のプユマりょうもうだ。これも青い空とスカイツリーの下で撮ることができた。プユマりょうもうもまさに台湾と東京スカイツリーを最高の形で撮影ができたのではないかと思う。

IMG_4751
IMG_5567
IMG_9484
IMG_4283
東武6050系は、まさに非日常性を東京都内から味わる車両だった。快速だけでなく、浅草〜新栃木間の区間急行にも1往復使われた。時期によれば浅草から東武日光への準急(当時の種別)にも使われたこともあった。

IMG_0369
IMG_5040
明日からは南栗橋以北のみに活動範囲が縮小をするが、これからも走りを期待をしたい。南栗橋からの列車は、浅草や北千住から乗る場合は乗り換えを要し、これまでよりも利便性が落ちるかもしれないが、栗橋に止まり、栗橋からの宇都宮線からの利用者を獲得をしたり、これまでよりも利便性は変わるのかどうか気になるところだ。

IMG_4795
SL大樹もゴールデンウィーク後は、いよいよ鬼怒川線で試運転も始まるそうだ。SLの試運転も時間をかけて行われ、8月10日の営業運転開始が楽しみだ。試運転の撮影の際にも、東武の500系の新特急の撮影や乗車をしたいとも考えているところだ。