IMG_2892a
4月23日に毎年千葉ニュータウン中央駅付近で行われる恒例のほくそう春まつりに合わせたほくそう春まつり号が上野→千葉ニュータウン中央間で運転をされた。今年は3月22日より運転を開始をした北総の9800形が使われた。9800形は厳密には千葉ニュータウン鉄道の車両であるが、管理や委託、運用などは北総が行っているために北総9800形として書いていく。北総9800形は京成の3700形の3738編成が北総仕様に改造をされて異動をしたものだ。

今回は北総の車両が普段は走らない足立区や荒川区にも走るということで、足立区や荒川区での撮影を考えていた。(上野駅のある台東区は都営浅草線で乗り入れるため)

IMG_2807
IMG_2813
まずは送り込みを関屋駅で撮影をする。今回も送り込みは、青砥を8時20分過ぎに出て、千住大橋で10分近く停車をした上、上野に8時50分過ぎに着くのではないかというダイヤを当てていた。これは1月に走ったシティライナー81号の送り込みダイヤを思い出してそう考えた。3700形は3708編成がシングルアームのパンタグラフになった。

IMG_2821
IMG_2825
IMG_2828
予想通り8時30分前に関屋駅を北総9800形の送り込み回送が通過をした。荒川を越えて今日は葛飾区から墨田区ではなく、足立区に入る。4月15日ころの段階ではまだ見たことがなかったが、先週、京成の曳舟駅でも撮影をしたので2回目になる。青と黄色の帯のこの車両、京成3700形は25年以上見ているが、赤か青の色以外が使われるのは史上初めてだ。

IMG_2838
IMG_2836
続いて千住大橋駅へと向かう。8時30分前に通過をしたのだから、千住大橋での停車があるだろうと思い、千住大橋駅で駅名標などと撮ることにした。案の定1番線に停車をしていた。9800形にはほくそう春まつりのヘッドマークがついている。千住大橋駅では北総に異動をしてから北総線を共に走るようになった新AE形スカイライナーと出会う。



IMG_9417
IMG_9421
IMG_2840
IMG_2843
千住大橋駅ではやはりこの駅で10分近く停車をするようだ。千住大橋駅の駅名標と北総の車両だ。もとになった京成3700形時代は日常的に通っていたが、北総に異動をしてからはこの駅に来ることは基本的にはなくなった。そのために異動後の姿を撮ったようだ。

IMG_2847
IMG_2854a
千住大橋駅の2番線には京成3700形の3788編成の各駅停車上野行きがやってきた。京成時代はともに3700形である同志だったが、今は一方は北総に異動をし、もう一方は京成で今でも活躍をしている。3700形と9800形が並ぶのは何か新鮮なようにも見える。

IMG_2870
千住大橋駅を出て、下りの本運転を撮る。千住大橋駅の近くといえば例の大カーブがあるが、混んでいてもここで撮ろうかなと思う。しかしながら、例の大カーブは大混雑をしていて満員。なので手前の踏切から撮影をすることにした。

IMG_2890
IMG_2893
そして9時13分ごろにほくそう春まつり号の北総9800形がやってきた。このような形で妥協をしてしまったが、とりあえずカーブを曲がる京成らしい区間で撮影ができた急行灯が少し見えにくかったなあ・・・

IMG_2896

この車両を見て、踏切で待っていた親子連れがいて子供が、「見慣れない車両だね。新しい車両かな」という声がしていた。もともと京成3700形であるが、帯が変わるだけでも印象が全く変わるのかもしれない。千住大橋駅に後追いで入るシーンも撮ってみた。千住大橋駅では待避線の4番線に入る。どうやら普通列車を運転停車で待避をするようだ。特急が各駅停車に抜かれるとは!!


このほくそう春まつり号では、北総線内の新鎌ヶ谷〜千葉ニュータウン中央間では乗車証明書も配られたそうだ。これも大体例年通りだ。新鎌ヶ谷駅ではスカイライナーの待避も行われ、やはりスカイライナーが優先の北総のダイヤかなと思わざるを得ない。

IMG_2747
IMG_2752

これが先日、京成線の曳舟駅で撮影をした北総の9800形だ。捕まえるまでは時間がかかったが、北総線に異動をしても、千葉県内から江戸川を越え、荒川を越え、浅草線に乗り入れ、京急線に乗り入れて品川や羽田空港や西馬込を目指して走っていく。新AE形のスカイライナーと北総線内で走る時間も長くなるかもしれないが、北総線や京急線の過酷なダイヤなどに負けずに頑張ってほしいと思う。