IMG_9038
4月8日に撮影をした青森での写真を何枚か紹介をしよう。583系のラストランの秋田→弘前間の運転を撮影をした話はすでにしたが、弘前→秋田間の運転の模様や弘南鉄道の写真などをここでは主に取り上げたい。

583系のラストランは、弘前→秋田については弘前市郊外の大仏公園で撮影をした。弘前からの復路の撮影をしたものについては別建てで紹介をするのでここでは紹介をしない。

IMG_9034
583系よりも、今回は弘南鉄道をまず最初に紹介をしたい。弘南鉄道は、弘前周辺で、中央弘前〜大鰐間の大鰐線と弘前〜黒石間の弘南線があるが、今回は主に大鰐線の写真を紹介をしたい。撮影地に近い場所に弘南鉄道が走っていた。弘南鉄道の車両は、もともと東急の7000系だ。1990年ごろまで地下鉄日比谷線にも乗り入れ、六本木や銀座・上野・そして北千住までやってきた車両だった。

IMG_1308
IMG_1305
IMG_1384
IMG_1407
IMG_1409
まずは大仏公園から撮影をしたものだ。4枚すべてが青帯を前面に引いたものだ。この大鰐線は1時間おきに走るが、客がほとんど乗車をしていなかった。本当に大丈夫なのだろうか。すべて望遠から撮ったものだ。なので遠くから走る姿をずっと撮ることができたのだ。

IMG_9030
IMG_1508
IMG_9032
JR石川駅に近い東奥義塾前駅から大鰐駅まで乗る。本当に客がいない・・・座席は東急時代の赤いものが使われているが、色がくすんでいるものもあった。それに足回りがかなり古かった。この車両は1965年製ですでに50年以上が経過をしている。つり革の輪が赤いのはリンゴをイメージをしているように見える。東京を追われて四半世紀、青森の地で冬は厳しくも再活躍をしているこの車両。東京ではこの車両を種に改造をされた7700系が東急池上線などで活躍をするが、こちらでは改造をされずに原型で残っているようだ。

IMG_1521
IMG_1511
こちらは大鰐駅での写真だ。大鰐駅はJRの大鰐温泉駅と隣接をしてる。大鰐駅での7000形は4月でも雪の残るこの地域でも頼もしく活躍をしているものだった。

IMG_1534
こちらは帯のない7033号車だ。これも何か東急時代を彷彿をさせる。スノープラウがついているのはこの地域仕様なのかもしれない。

IMG_1536
IMG_1528
IMG_1523
IMG_1527
JRと弘南鉄道の大鰐駅の駅舎だ。JRは大鰐温泉駅だ。弘南鉄道は古めのデザインが趣があるようだ。大鰐の駅前には足湯がある。この大鰐(温泉)駅前には、鰐カムという温泉施設もある。そこで入湯をする。約500円くらいで温泉が入れる。駅から近いので身近かもしれない。

大鰐線は大鰐駅が終点であるが、起点の中央弘前駅は弘前城など弘前の中心地に近い場所にある。何か、群馬県の上毛電鉄の中央前橋駅を連想をさせるな・・・残念ながら行くことはできなかったが、なんとなくそう思った。

IMG_1539
今回は弘南鉄道は少しだけ写真を紹介をしたが、以前、某番組でも出てきたラッセル車両や東急7000系に南海時代の往年の緑と黄緑のシールを張った車両もある。

青森県には弘南鉄道だけでなく、ストーブ列車でおなじみの津軽鉄道などもある。芦野公園駅は桜で大変有名な駅だ。桜でもストーブ列車でも行ってみたいものだ。津軽鉄道の津軽中里駅からは北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅までバスも出ているみたいなので新幹線からも行けると思う。583系や国鉄車両なきあとの青森はリゾートしらかみのようなシンボル列車やローカル線巡りなどで鉄道はまだまだ面白さはあるかもしれない。

IMG_9041
青森では工藤パンのイギリストーストが有名だ。明日の朝食にするべく、このイギリストーストを買った。これは食パンの中にマーガリンやコーヒークリーム、チョコレートクリームなどの入ったものだ。青森の名物だ。ちなみに8日の晩は弘前のホテルの近くのガストだった・・・

IMG_9025
青森ではサークルKが比較的多く存在をする。昨今サークルKは経営統合によりファミリーマートへの鞍替えも始まっている。この地域は東海地区と並びサークルKの多い場所だ。

IMG_1653
9日では秋田駅で583系の展示が行われた。写真は、9日の秋田駅での写真を合わせてたっぷり紹介をしていく。この写真、583系とE6系はまさに最高速度が3倍近い差だ。このような競演がみられたとは・・・