IMG_9181
今日は普段の旅日記や写真紹介の記事ではなく、鉄道のネット予約のサービスについて思うことを書いていきたい。ちょうど、ゴールデンウィークを前に帰省や旅行などで鉄道やバスを使う機会が多くなるのでこのような事を書いてみることにした。

鉄道会社のネット予約サービスとして真っ先に思いつくのが関東在住であれば、JR東日本のえきねっとやJR東海のエクスプレス予約かもしれない。JR以外でも京成や東武、小田急、西武なども採用をしている。最近では鉄道列車予約のインターネットでの受けつけが盛んになっている。

IMG_1823
鉄道会社の場合は、東日本のえきねっとを例に挙げるならば、乗車券や特急券を買うことができるだけでなく、えきねっと限定の割引サービスがある。えきねっとで販売をされる特ダネでは廉価で新幹線などに乗ることができる。(特ダネの適用は東北新幹線や上越新幹線・北陸新幹線のみ)それと特ダネなどネット割引購入をした方には北陸の周遊券を同時販売をすることもある。(詳しくはこちらへ)またJR北海道でも最近は鉄道のネット予約はえきねっとに移行をした。


IMG_1955
IMG_1982
JR東海のエクスプレスについては残念ながら私は会員ではないので、詳しく述べることができないが、新幹線のこだまを使った大幅な割引(東京〜名古屋9000円、東京〜新大阪11200円など)などがあるが、こちらは年会費もかかるので東海道新幹線のヘビーユーザーであればまだしもそうでないと少しハードルが高いかもしれない。
IMG_0373
IMG_8782a
IMG_0109
そして私鉄では京成や東武、小田急、西武、近鉄がネットサービスを行っている。京成では主にスカイライナーの予約、東武では日光線・伊勢崎線方面の特急や東上線のTJライナー、西武ではレッドアローやS-TRAIN、小田急ではロマンスカー、近鉄は特急列車がメインだ。また京急のように朝夕に走るウィング号でチケットレスサービスを行っている会社もある。今や私鉄でもほとんどがネット予約をする時代になったのだ。

IMG_6606
IMG_7664
IMG_4166
ネット予約を行うとき、ほとんどの場合が会員登録の上、クレジットカードでの決済だ。クレジットカードを所有をしていないとこのようなサービスを受けることができない。ただ、京成のスカイライナーのようなファミリーマートでのコンビニ払いがあるのは、まさに異例ともいえる。

IMG_8814
IMG_8729
実は私は、身近であるはずの京成のネット予約を登録をしていない一方(スカイライナーなしでも生活が可能で、スカイライナーは直前でも取ることができることがほとんどであるため)で東武や小田急には登録をしている。東武や小田急は北千住駅や新宿駅など行きは身近な駅から乗ることもできるが、特に帰りの場合、東武の場合顕著であるが、駅員の少ない駅などで購入をする場合、券の発券に時間がかかり、特急に慌てて乗ることになりかねないのでこれを防ぎたいことがある。小田急の場合は観光シーズンの箱根湯本駅や小田原駅の混雑を防ぎたいというのもある。西武も大体の場合、特急券が直前で買えることが多いのでサービスに入っていない。

IMG_8908
IMG_8920
近鉄のネット予約などは年に1度使うかどうかであるが、やはり、関東に住んでいれば、近鉄が身近な存在でないために、ネット予約を使って早めに券を買いたいというのもある。2015年8月末に名古屋からしまかぜに乗車をした時や昨年8月に大阪と名古屋の間でアーバンライナーnextに乗車をした時もこのネット予約を使った。

IMG_4061
そのような中、JR西日本のe5489サービスが5月16日からクレジットカードだけでなく、コンビニ払い、金融機関払いなどの現金払いも開始をすることになった。e5489サービスは西日本だけでなく、四国や九州にも採用されているサービスだ。e5489では、山陽新幹線や九州新幹線・北陸新幹線などを割引で買うこともできる。(詳しくはこちらへ)

IMG_8844
えきねっと・エクスプレス・e5489といったJR系のサービスの場合、支払い方法よりも受け取りができる駅が限られてしまうことが問題だ。例えば、えきねっとで東海道新幹線の乗車券と特急券を予約をした場合、受け取りができるのはJR東日本や北海道の駅などに限られ、JR東海の駅では受け取ることができない。なので、東京〜名古屋の間をえきねっとで往復で予約をした場合は、行きの券だけでなく、帰りの券もJR東日本の管内などで受け取りをしなければいけないのだ。名古屋駅とその周辺では引き取りができない。そのために問題も多々発生をしているので、これは気を付けなければいけない項目かもしれない。

IMG_8292
IMG_8294

その中で最もややこしいのが北陸新幹線かもしれない。北陸新幹線の駅では富山や新高岡、金沢などの新幹線駅ではもちろんのこと、福井駅などの主要駅でも東日本のえきねっとを受け取ることができる。そして問題がe5489サービスだ。e5489サービスはJR東日本管内でも東京駅や上野駅、大宮駅、高崎駅などの北陸新幹線の停車をする主要駅はもちろんのこと、新宿駅や品川駅などの山手線内だけでなく、北千住駅や赤羽駅、新小岩駅、西荻窪駅など東京都区内の駅でも受け取ることができるのだ。(松戸駅や市川駅、川口駅、吉祥寺駅などでは不可)そしてここからが最もややこしいのだ。受け取ることができるのは北陸新幹線関連の商品のみで、東海道新幹線を含むような商品は受け取ることができないのだ。

IMG_3936a
例えば、e5489で広島駅から東京駅までの新幹線を予約をした場合、受け取ることができるのは広島周辺をはじめとしたJR西日本のエリアだけで、東京駅や新宿駅などでは受け取ることができない。一方で、例えば、e5489で予約をした山陽新幹線内で完結をする新大阪〜博多間やJR西日本やJR四国やJR九州の特急列車は受け取ることができるから不思議でならない。

IMG_9073
なぜ東海道新幹線を含む区間が受け取れないのかが不思議であるが、このネット予約をした場合、東海道新幹線に乗るときは本当に気を付けなければならない。えきねっとで予約をして、福井〜名古屋間を特急しらさぎ、名古屋〜東京間を東海道新幹線という場合も福井駅などで受け取ることができない。

IMG_2983
IMG_8360
IMG_9747
えきねっとの場合注意をしなければならないのは、例えば特急日光やきぬがわなど新宿発着で東武日光や鬼怒川温泉へ行く列車だ。これらはJRの駅で引き取ることができても東武の駅では引き取ることができない。特急日光やきぬがわの停車をする栃木駅はJR両毛線もあるので、そこの指定席券売機では引き取ることが可能だが、東武ではできない。それ以外の停車駅の新鹿沼駅や下今市駅、東武日光駅・鬼怒川温泉駅では特に気を付けなければいけない。これらの駅は行きも帰りもJRの駅で引き取らなければならない。また東武のインターネット予約でも新宿発着の特急日光・きぬがわは予約が不可能だ。類例は伊豆方面の特急列車にもある。伊豆急行線や伊豆箱根鉄道駿豆線の駅では引き取りが不可能だ。

IMG_3219
今回は久しぶりに乗車券の類を特集をしたが、ネット予約で便利な反面、JRでは受け取ることができる駅が限られていたり、東海道新幹線に代表をされるようにサービスが享受できないこともある。ネットサービスは身近な私鉄の場合は使わないこともあれば、駅での混雑緩和や手間を省くために登録をしている点もある。また遠方であればこれが有効になることもある。使い方はいろいろあり、難解な点もあるが、使いこなせばなかなか良いものができるかもしれない。あとはJR西日本のe5489サービスのような現金払いなどの制度が各社に普及をすれば幸いかもしれない。クレジットカードを持つことに躊躇をしている人も多く、このような人への対策になるかもしれないからだ。今回の写真の多くは過去に紹介をしたことのない写真を何枚か出してみた。

この記事に関しての質問をツイッター上で行っています。ツイートはこちらで、4月29日の夜まで行います。

ご協力をお願いします。29日の夜以降に結果を書きます。