IMG_4039a
4月21日に特急リバティを主に使う500系車両がデビューをした東武の本線系統。ここではダイヤ改正前とダイヤ改正後の東武の写真についての比較をしてみることをした。

IMG_9425
まずは新特急リバティの500系。すでに数枚の写真を撮影をしている。これは北千住駅での案内表示であるが、リバティの案内表示は緑色になっている。伊勢崎線方面のりょうもうは赤、日光線方面のきぬ・けごんは黄色、そしてリバティは緑だ。

IMG_3074
LEDの表示も緑色のようだ。実はまだ、浅草駅や北千住駅などでホーム越しにリバティの表示を撮っていない。走行シーンとLEDの表示を撮影をした。列車名はリバティ会津とリバティけごんの併結列車だ。

IMG_2922a
これは栗橋付近で撮影をした500系特急リバティ会津・けごん号だ。列車としては、3両がリバティ会津の会津田島行き、3両がリバティけごんの東武日光行きだ。今回の野岩鉄道・会津鉄道への特急列車の直通は、とりわけ下今市〜会津田島間では、特急券がなくても乗車をできることから特にこの区間では指定席を購入をしている客とそうでない客との間が混在をしてしまい、そのためにトラブルもしばしば起きているという話も聞いた。ならば、全席指定席は下今市までにして、下今市〜会津田島間は3両中1両のみ自由席にしてみてはいかがかと思う。

IMG_3072
まだ私はこの500系車両に乗車をしていないが、近いうちに乗車をしに行きたいと思う。乗車をした方の話では乗り心地が静かで快適だという声も聞く。特に永久磁石のPMSMを使った乗り心地などの改善などは大きな評価をされているそうだ。朝夕の時間帯には、浅草〜春日部間のスカイツリーライナーや浅草〜春日部〜大宮間ならびに大宮〜運河間の野田線関連の特急のアーバンパークライナーもある。スカイツリーライン・アーバンパークラインを強く浸透をさせたいためであるが、何か京成や近鉄と似ていてならない。ましてやスカイツリーライナーは京成とも近い場所を通るのであるから、混同をされる可能性もなくはないかもしれない。

続いて改正前に撮影をした写真の中から数枚を紹介をする。
・6050系とスカイツリートレインの最後
IMG_2467
私が最後に東武6050系の南栗橋以南に乗車をしたのが、4月16日の夕方だ。この日はまだ別に記事を出していないが、わたらせ渓谷鉄道の撮影へ行った。その際に桐生→栃木間を両毛線で移動をし、栃木駅から東武日光線の区間快速に乗車をした。栃木駅を最後に出る18時49分発の区間快速浅草行きだ。

IMG_2483
栃木駅からは両毛線などの撮影などで何度もこの6050系に乗車をした駅だ。特に生活環境が大きく変わった2015年10月以降はその動きが顕著だ。乗車をしたのはこの栃木駅からいつも通りの北千住駅までだった。先頭車両は61102号車でお分かりの通り、下3桁が100番台なので野岩鉄道の所有車両だ。乗車率は極めて高く、座席はすべて埋まっている。特に野田線と交差をする春日部までは特に激しかった。その中でも春日部→北千住間を複々線を一気に飛ばすのはこの6050系の醍醐味だった。それだけでなく、6050系の車内は、通勤車両とも特急車両とも違う独特のにおいや雰囲気がする。それがこの車両に乗っていつも感じるもので、その非日常的なものが特徴なのかもしれない。

IMG_9368
IMG_9369
私を含めて春日部で乗っていた客の大多数が北千住で降りた。北千住はやはり東武線の最大のターミナルと改めて感じた。今後は、南栗橋以北でないと日常的に会うことができない。賛否両論がある中で、特に2ドア車両を浅草や北千住に乗り入れるのは乗降に時間がかかる的な意見もある。とはいえ、遠近分離をして、ある程度理想的な形で、運用をしていたのだと思う。やはり東武鉄道から見れば、便利であるものの特急と大して変わらなく、利用率も高いとは言えない(お盆やゴールデンウィーク、秋の紅葉などを除く)列車はどちらかといえばあまり良くなかったのかもしれない。

IMG_2800
IMG_2791
IMG_2785
最末期の北千住駅で撮影をした6050系の運用と行き先案内表示だ。北千住らしいものということで、常磐線のE531系と合わせてみることにした。行き先案内表示では、新大平下駅から東武日光駅・新藤原駅までの停車駅はすべてが案内されていた。新藤原以北は路線のみが表示をされていた。

IMG_2454
IMG_2460
その4月16日はスカイツリートレインの634型も最終運行だったので、そちらも栃木駅の両毛線ホームから撮影をした。
IMG_2456
IMG_2457
IMG_2458
IMG_2459
4両の側面のみを1枚ずつ紹介をした。この車両は窓側に座席を向けられることなども特徴だ。残念ながら乗る機会はなかったが、東武日光線の撮影の際などは時折、やってきた。せっかくの観光列車であるのだからそれを生かすべきといいたいが、乗り心地の面なども問題もあるという話も聞いたことがある。簡単には廃車にしない東武鉄道だから今後の処遇も気になるところだ。

IMG_9426
IMG_9427
ダイヤ改正後の6050系は日光線の南栗橋以北の運用になったが、普通列車の一部の車両が6050系で走る。中には、南栗橋〜東武日光や新藤原の列車もある。これまでは新栃木駅や栃木駅で南栗橋〜新栃木と新栃木〜東武日光・新藤原などに分かれていたが、通しで走る列車も増えたそうだ。これまで新栃木で乗り換えたり、いろいろ面倒だったが、栗橋駅から乗る分には少しは楽になったかもしれない。

・クレヨンしんちゃん関連
そしてクレヨンしんちゃんの5色の車両だ。50050形のうち、すでに黄色・緑・赤の3つは撮影をしている。

IMG_2543
IMG_2549
4月某日に新田駅で撮影をしたのが青の風間君の車両だ。なんかスカイツリーラインにふさわしいような色みたいだな・・・と思う。残るはオレンジのボーちゃんの車両だ。果たして、完全制覇を達成をするのか?

IMG_4013
IMG_9397
IMG_9398
黄色の51055編成は、クレヨンしんちゃんの映画などとタイアップをした車両になった。車内広告などはクレヨンしんちゃんの映画や春日部市でのスタンプラリーなどでまとめられている。一度、北千住から半蔵門線直通で乗車をした時にこの車両に遭遇をした。

IMG_9832
IMG_9837
黄色のこの車両が鐘ヶ淵駅で10030形の各駅停車を追い越すシーンも以前撮影をした。これは半蔵門線からのこの急行が遅れていたので、先に曳舟駅を浅草発の各駅停車が出て、鐘ヶ淵駅で抜かしたものだ。これは偶然乗っていた時に遭遇をしたシーンだ。

・SL大樹に関して

IMG_4796
そして最後に8月10日から走るSL大樹について。5月2日についに下今市機関区が完成をし、SL大樹の機関車も客車も4月25日に南栗橋から移動をしたそうだ。5月中旬からは下今市を拠点に試運転も開始をするそうだ。

そのSL大樹の客車などの概要も発表をされた。(詳しくはこちらより)制服なども栃木県内の日光線合戦場〜東武日光および鬼怒川線下今市〜鬼怒川温泉間の駅では昭和レトロ・ノスタルジーをメインにしたものに変わる。整備士の方なども新制服が発表をされた。

IMG_4782a
そして客車であるが、14系客車をJR四国などから譲渡をされたが、新製時のデザインに極力近づけるそうだ。座席はリクライニングをすると思われるが・・・。なおSL大樹の指定席券は750円で、東武線内の各駅や東武トップツアーズなどを含めた旅行会社で販売をし、特急のネット販売では販売をしないそうだ。

IMG_2920
栃木県内ではJRの四季島の3泊4日コースがJR日光駅に乗り入れ、そしてSL大樹や新特急の500系リバティと次々と新しい車両などが乗り入れている。近いうちにSL大樹の試運転を含めて行ってみたいと改めて感じた。